11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

lgandbuy1411

11月は大きなものは捨てていませんが、それでもちょこまかと整理していたような。
改めて並べてみると、殆どが洋服でした。

参考 8月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

参考 9月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

参考 10月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

11月1ヶ月で捨てたものリスト

141103lg

141106lg

141107lg

141113lg

141115lg

141125lg

春~秋を経過して、結局使わなかったアイテムを手放したといったところでしょうか。洋服以外のものは既にあまり所持していないので、この内訳は当然の結果かもしれません。

11月に買ったもの

winterseason

oyako1

いずれも季節の品、ですね。

ストールと靴下は毎日のように使っているので購入してよかったです。というか、もともと持っていたモノの買い替えなので特段新しい買い物というわけでもないですね。

やわらか湯たんぽはモニター使用なので正確には「買ったもの」ではないですが、新たに部屋に加わったモノという意味で入れておきます。

捨てるものがないような、もう何も要らないような

現在の住まいに越してきて約半年。今の自分に不要だと思える持ち物はあらかた処分できました。
今日の時点で所有しているものには不用品などもうない、とも言えるし、もっと少ない荷物だけでも生活できる、とも言える。なんだか微妙なところです。

私は持ち物を減らすこと自体を目標にしているわけではないので、全ての所有品を15個以内に収める、なんていう「数値的な縛り」を自分に課してはいません。そして

「なくても生きていける」

「あったほうが楽しい」

は同じようでいて全く別の概念だとも思っています。
モノのせいで身動きが取れなくなるのは嫌ですが、自分の生活を彩ってくれるモノなら今後も持ち続けたいと考えているのです。

さらに、人間の考えや気持ちなんて、日々変化し続けるもの。

多くを持たずに身軽に生きていきたい、という基本的な考え方は変わらないにしても、今日必要に思えたものでも明日になったら手放したくなる、なんていうのは日常茶飯事。それに、想像の中ではベストだった選択でも、実際やってみるとうまくいかないことだって多々あるわけで。

自分の気持ちや考え方の変化をどこか客観的に観察しながら、どれくらいまで減らして理想と実現実の折り合いをつけるのか。どうすれば今の自分が納得できるのか。

自分のことながら、今後の試行錯誤がまだまだ楽しみです。




関連記事

Wi2 300 オプションエリア(premium)の無料提供が終了で使えなくなった。

携帯会社との契約ナシにiPhoneを使っている身分としてはカフェや駅、コンビニなどで使えてかなり

記事を読む

晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか。

By: Y'amal[/caption] 先日壊れた傘を処分しました。 関連 5月1ヶ

記事を読む

物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕方がわからない。 作業内

記事を読む

40代、ヒールを長く楽しむための歩き方。

By: Vestman[/caption] 今日は久しぶりにヒールのあるパンプスで出かけまし

記事を読む

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

持たない暮らしと買い物について改めて考える。

By: Floriana[/caption] 今月は毎日1つ、何かを手放す月間です。

記事を読む

今日捨てたもの 8/12 1ヶ月?1年?モノの平均寿命。

By: Vasile Cotovanu[/caption] 自撮好きな人って痛いとか自分好き

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

捨てる、捨てないを判断する簡単な方法。

By: emdot[/caption] 珍しく気分がすっきりしない朝。 こういう時はさ

記事を読む

自営業、金勘定ばかりして生きている。

2019年分の確定申告が無事完了しました。 去年はそこそこよく働いた(自分比)1年だっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑