女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

公開日: : 最終更新日:2015/09/27 ファッション, ミニマルライフ

私の持ち物の中で多くの割合を占めているのは服やバッグ、靴などのファッションアイテムです。

ベッドや箪笥などの家具や洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなどの家電は既に処分してしまった現在。正確に計ったわけではありませんが、体積で換算するとおそらく全所有物の半分以上がファッションアイテムになると思われます。

持ち物の過半数が洋服。

うーん、そう考えるとなんか凄いかも。

これは服をたくさん持っているというわけではなく、全体的な持ち物が少ないゆえに起こっている現象ではありますが、改めて考えると不思議なことです。

ファッションなんてたかが趣味

blackglass

そもそも洋服なんて必要最低限の数があれば生活に何ら支障はありません。

冷蔵庫も洗濯機も持っていないのにこれだけ(といってもたいした数ではないですが)の洋服を所有しているということは、多分私は自分が思っている以上にいろんなスタイルのファッションが好きなんだろうな、ということに最近気がつきました。

私にはこれといった趣味がない、と以前書きました。

参考 「カタチから入る」スタイルに、憧れはあるけれど。

趣味はおろか、特別なイベントやちょっとした驚き、刺激を求めなくとも十分に毎日を楽しめるのは才能のひとつだと自負しています。が、これだけモノを捨ててもなお服が残っている時点で、日々いろんな装いを楽しむのはもはや趣味といってもいいのかもしれません。

私は装うことにそれなりの時間とお金を使ってきましたが、それはたまたまファッションが好きだったから。でも、女性ならみんながみんなファッションアイテムが好き、いろんな服をたくさん持ちたい、というわけではないでしょう。人間の好みってそんなに画一的なものではないはずです。

私だって洋服は好きだけど、多くの女性が好むと言われている可愛らしいものやピンク色、ふんわりしたものなどは大の苦手。そんなの特段珍しいことではありません。洋服は多少高くても気に入ったら購入しますが、メイクにはさほど興味がないので、高級ブランドのメイク用品は未だに使ったことがありません。ファンデーション買ったことないし。

けれど私たちの年代は

「女性に生まれてきたからにはおしゃれを楽しまなきゃ!」
「クローゼットに収まりきらないほどの洋服を持っているのはおしゃれな証拠!」

などという考えを必要以上に刷り込まれているような気がします。

これ、一体誰が決めたんでしょうか。
よく考えたらおかしな話ですよね。年齢を重ねても美しくあるということと、洋服の数は全くの別問題なはずなのに。

 

「マイスタイル」で固定するのもひとつの方法

goldneckless

若い頃はそれなりに流行を追いかけてあれこれ試してはみたけれど、改めて考えてみるとファッションにはさほど興味がない。あれこれ買い揃えたり、それぞれの着こなしや着回しを考えるのは苦痛でしかないし、別にうまくなりたいとも思わない。もしもそう考えるなら、毎日同じ服でもいいのです。

例えば黒のワンピースにベージュのカーディガンというスタイルで固定したとしても、別に誰にも迷惑はかかりません。

「服には興味がないから、これでいいの」

と言ってしまえばいいだけの話。

もちろん不潔なのはよくないし、年齢にそぐわない装いというものも存在する。さらにフォーマルな装いが求められる場面などもあるのは確かです。けれどもそれらを考慮してもなお、少ないアイテムで固定した「マイスタイル」で徹底することは可能なはず。
それを自分が気に入っていて、さらに似合っていたら言うことなし。たったひとつのコーディネイトであってもそれは十分に「おしゃれ」ではないでしょうか。

参考 “選択肢過多(Choice Overload)” その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

私はたまたま洋服が好きだし、着まわしを考えるのも苦にならないのであれこれ持っていますが、貴金属には全く興味がありません。40代なのだからダイヤモンドのひとつでも持っていないと恥ずかしい、なんて思ったこともなく、当然所有していません。ダイヤのリングを買うよりも、旅先で少し贅沢な部屋に泊まったり、ちょっといいワインを呑んだりするほうが私にとっては価値のあるお金の使い方だとわかっているからです。

おしゃれは苦手だけどどうにか克服したい、得意になりたい、というのなら年齢がいくつであろうがチャレンジすべき。でも、別に興味も関心もないけど女性なんだからなんとなくがんばらなくちゃ、世間のルールに従わなくちゃ、という考えはなんだか勿体無いと思うのです。

人生は短いのだから、あれもこれもできるようになる余裕なんてありません。興味がないことに気を取られている暇があったら、自分が一番やりたいことに時間やお金を使うべきではないでしょうか。

参考 短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

人生において大切なのは、本当に自分に必要なことは何なのかを見極める能力。
ファッションのみならず、女性なんだから、男性なんだから、もう40代なんだから、こうしなきゃ、ああならなきゃ、なんて、どこかの誰かが勝手に決めた概念に惑わされないようにしたいものです。

 




関連記事

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

ドライヤーを使わない生活に終止符を打つ。

By: Llyfrgell Genedlaethol Cymru / The National L

記事を読む

臭くないバブーシュ

ルームシューズの寿命、臭い。

底が抜けました。 いえね、数日前からルームシュースのヘタリ感には気づいておったのですが

記事を読む

真冬のあったかアイテム投入で考える冬の装い。

By: Alexey Kljatov[/caption] 新しくニットを購入しました。

記事を読む

少ないアイテムをおしゃれに着こなしたい人におススメの本。

ミニマリスト志向の女性にとって、最も有効な断捨離方法は「洋服を減らすこと」です。 しか

記事を読む

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

荷物を持たないバックパッカー。

誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光地巡りをしないタイプです。 いや、もちろん行きたいところ

記事を読む

シンプルな暮らしがあなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑