今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 ミニマルライフ, 捨てる

knitgage

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。

今では自分で持ち運べるような細々とした荷物しか所有していません。それでも、それなりに、

「手放すタイミング」

というのは訪れるものです。



 

今日捨てたもの

141106lg

  • 靴下

長年、寒い時期に部屋履きにしていた厚手の靴下です。
はっきりとは覚えていないのですが、アメリカ在住の友人からお土産で貰ったものだったような…。いただきものなのにはっきり覚えていないとは失礼な、と思われるかもしれませんが、この靴下、20年近く持っているような気がします。

そりゃ記憶も曖昧になりますね。

普段履きの靴下と比べるともこもことしたかなり厚手の靴下なので、寒さ対策になるかなと「部屋履き」に位置づけていましたが、これ、見た目に反して実はぜーんぜん暖かくないんです。多分素材の問題ですね。

しかもつま先部分が赤く汚れている。

実はこの靴下、一度だけ「外履き」になったことがあって、この汚れはその時についたものなのです。
引っ越したときに下着関係は大量に処分したのに、この汚れ以外はほつれても破けてもいなかったのが大規模な断捨離を生き残った理由だったのかなあ、などと思ったのですが、よくよく考えてみるとこの靴下は「外履き」した時の思い出の品になっていることに気がつきました。

ここで披露するほどの話ではないので内容については省略しますが、その思い出は私の中では既に「靴下を見る度に嬉しくなる」ようなものではなくなっています。

暖かい厚手の靴下を新しく購入したことだし、もうこれは持っていなくてもいいかな。

というわけで、晴れて本日めでたくご卒業となりました。
物持ちのいい私の所有物の中でも、これはかなりのご長寿さんでしたね。
長い間、おつかれさま。

基本的に使えるものは使うので、もしこの靴下が足元をぽかぽか温めるような素材だったら、多分まだ捨てていなかったと思います。そして、冷え性改善に取り組んでいなければ、この靴下の機能性のなさを気にせずに使い続けていたことでしょう。既に「思い出」になっていることにも気付かずに。

いろんな要素が絡み合ってのご卒業。
やっぱり、モノの捨て時には自然なタイミングがあるなあと近頃改めて実感しています。

 

思い出のもの、いただきものを捨てること

bdp

お土産ものやプレゼントなどのいただきものは相手に失礼な気がしてなかなか捨てられない、という方もいるとは思います。
以前も書きましたが、私はいただきものに関してはわりとあっさりと手放してしまいます。

参考 今日捨てたもの。いただきものではあるけれど。

もしも全く趣味に合わない置物などをいただいて、部屋に飾るのはいやだからと引き出しの奥底にしまい込んでいたら、それを目する度に

「せっかくもらったけど、これ、あんまり好きじゃないんだよな…。」
「いただきものを使わない私ってなんかひどくない?」

なんて、嫌な気持ちになってしまうからです。
実際に、以前はそんな風に戸棚の奥にしまい込まれた陶器や置物などを見る度にどうしたものかと悩んでいました。

家族や親しい友人から貰った気軽なお土産ものなら

「これは私には合わないから別の人に差し上げて」

とはっきり言えますが、そうとは言えない場合のほうが多いもの。
ならば、直接モノにではなく、それを贈ってくれた相手の気持ちに感謝しつつ受け取って、その後、モノは誰かに譲るなりすれば、お互いを思いやる「贈り物」の役割は十分に果たせていると思うのです。

思い出の品については、悪い思い出が染み付いているようなものならいつまでも持っていないで手放してしまったほうがすっきりします。
それとは逆に「素敵な思い出の品」と信じているモノであっても、わざわざそれを手に取らないと思い出せないような思い出ならば、執着する必要はない気がします。

人間は忘れる生き物だし、また、忘れなきゃ生きていけない。そして、思い出とは人の頭や心に残すものであって、形はさほど重要ではないのでは。

もちろん、見る度に元気が出るとか、うれしくなるなんていう特別なモノなら捨てようかどうしようかと迷う必要もないですけどね。

 




関連記事

checkpoint

快適に過ごすせるシェアハウスの上手な選び方。

今の部屋に引っ越して数ヶ月経ち、シェアハウス暮らしにもすっかり慣れてきました。 もともとシ

記事を読む

life-packing_1

旅の荷物と移動距離。

旅の準備が苦手なりに慣れもあってかさすがに徐々に技術向上している気がしています。 正確

記事を読む

ipod_code1

そろそろ限界、買い替えを検討する。

ついにいきました。 関連 壊す女、雑な人。 いつか来るだろうけれど、まだその時で

記事を読む

refoundation

リ・ファウンデーション 買取額が確定した。

昨日、香水とサンダルのオンライン査定を依頼していたリ・ファウンデーションに現物を送付しました

記事を読む

spicies

1人暮らしで自炊することにメリットはあるのか?

最近はひじきの煮物や鯖の味噌煮なんていう家庭的なお惣菜がコンビニでも買える時代。 だか

記事を読む

condiments

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

By: Stein Magne Bjørklund

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

By: ilovebutter

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

By: Maegan Tintari

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

yokosuka_6
栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出

キャベツと肉団子のスープ煮
キャベツと肉団子のスープ煮、にんじんの白和え献立。

立冬も過ぎ、そろそろ汁飲みの季節ですね。 汁飲み。それは

NYの治安と物価
どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」

黒酢酢豚
はちみつ黒酢酢豚、きゅうりの梅肉和え献立。

酢豚。それは、よく知っているのに食べる機会はなかなか訪れない料

100yen
100円ショップ嫌いなのになぜか愛用しているもの。

以前、身軽に生活するならば100均ショップには近寄るべからず

→もっと見る

PAGE TOP ↑