来年からやめようと思っていること。

公開日: : 最終更新日:2015/01/05 ミニマルライフ, 捨てる

xmassale

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

新年だからと新しいことを始めようかなんて甘っちょろい、毎日がスタートラインだと思え。とは岡本太郎氏の弁です。

はい、私もまだまだ甘いですね。

 

来年からやめようと思っていること

140820lg.min

  • スケジュール帳(1日1ページタイプ)

10年近く毎年同じタイプの手帳を使い続けてきました。
1日1ページの構成になっていて、24時間のスケジュールを管理できるもの。書くスペースがたくさんあるところ、そして手帳に予めちょこちょこと豆知識的な読み物がついているところなどが気に入っていたのです。

この手帳には日々のスケジュールはもちろん、毎日食べたものなどもメモしていました(暇人)。 そんな日々の記録を後から読み返すのも楽しいかなと思って使用済みの手帳をずっと保管していましたが、この夏に全て処分しました。

参考 今日捨てたもの 8/20 10年分のおつかれさまを。

12月に入ってそろそろ新年の手帳を準備するシーズン、店頭にもカレンダーと共に並び始める頃でしょうか。が、今の私にはもう「スケジュール帳」は必要ないのかなと考えています。

昔と違って現在は分刻みのスケジュールで動くような働き方はしていないし、そもそももうするつもりもない。今後1日1ページないとスペースが足りない程の過密スケジュールを立てることは多分ないと思われます。予定なんて1日2つもあればお腹いっぱい、という心境なので。

 

「当たり前」になった習慣を疑う

list

思えば今年も特にこの手帳が必要だったわけではないのですが、帰国したのがちょうど春で4月始まりの手帳が店頭に並んでいたこともあり、習慣的になんとなく買ってしまっただけのような気もします。

もう必要がないのに今までやってきたからと、何の疑いもなく同じことをやりつづける。
まさしく思考停止状態ですね。

というわけで、2015年バージョンの手帳は買わないことに決めました。
とはいえ、「書く」ことで頭の中を整理する作業を頻繁に行なう私。そのための紙とペンは必要です。来年は予定管理のための手帳ではなく、書く作業のためのメモ帳を準備しようと考えています。

長年続いた習慣を変える。少し寂しいような気もしますが、なんだかワクワクもしますね。

もしかしたら「やっぱりあの手帳じゃないとダメだ!!」となるかもしれませんが、そうなったらなったで、2016年にはまた元の手帳に戻せばいいだけの話。そんなに大した問題ではありません。

慣れ親しんだ環境や習慣には誰でも少なからず執着してしまうもの。でも、変化することを恐れなければ、そして、変化を楽しむことができれば、人生はどんどんシンプルにできるはず。

決まった型を取り払うことを恐れず「試しにやってみるか」程度の感覚でカジュアルに暮らしを変えていくことを、これからも続けていきたいです。
その先に何が見えるのかは、まだわからないけれど。




関連記事

自由な私をもう縛らないで。

最近カバーがパカパカするようになったので、おや?と思い、中身を確認してみる。 ああ、膨

記事を読む

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

ミニマリスト主婦は80歳。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦も2020年に80歳を迎えます。 70代ミニマリスト

記事を読む

パソコンを眺めて1日が終わる。

恐ろしいのであまり考えたくはないのですが、就寝時間を除いた18時間のうち、相当な割合を画面凝

記事を読む

4月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの

昨日に引き続き定例ポストを。 4月は自宅に全くいない状態でしたが、それでも少しだけモノ

記事を読む

今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

今年も残すところわずか1ヶ月となり、年内に片付けておきたいことを考え始める。 まずは物

記事を読む

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

無駄使いが嫌いなクセにとんでもない無駄遣いをする。

無駄なことは好きか否かと問われれば、まあ好きだと返すでしょう。むしろ好きなことはほとんどが無

記事を読む

今日捨てたもの 7/22 思い出が詰まった愛車。

By: Tejvan Pettinger[/caption] 手持ちのものが随分少なくなった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑