今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

のんびりしていたらもう3月半ばじゃないか。
そろそろ準備しなくちゃね。

ということで、旅に備えてスニーカーを購入しました。

といっても、今まで持っていたものがへたってしまったので新しいものに買い換えただけ。よって出て・入って、で、持ち物の数としては減ってません。プラスマイナスゼロです。

参考 ミニマリストの秋の靴。

以前の記事では今度は違うシリーズにしようかななどと書いていたのですが、結局同じものを購入。ちょうど買い換えのタイミングにギルトでコンバースのセールが開催されたのもラッキーでした。



自分の中の定番もの、いつまで使える?

若い頃は今まで使っていたものを使い切ってしまってまた同じものを買い求めるといったことはあまりしませんでした。いつでも新しいデザインのものが欲しかったし、そもそも「定番」に興味がなかったので。
でもこれからはこんな風にダメになるまで使ってもまた同じものを手に入れることが増えるかもしれないな、なんて思いつつふと考えました。

スニーカーって、いつまで履けるのかしら?

別に今から考える必要もないのですが、日本人高齢女性の足元を考えてパッと思い浮かぶのは機能的なコンフォートシューズ。もちろんいくつになっても華奢なヒールを履きこなす方もいらっしゃいますが、毎日のこととなるとそうはいかないでしょう。

スニーカーは楽だからカジュアルなファッションにあわせられるしいつまでも履けるような気がするけど…。いいんだろうか、それで。

40代ファッションにおける都市伝説

ファッションに関してはわが道を貫いてきたつもりの私にも、やはり40代に入って変化が訪れました。
これまではほとんど気にしたことがなかったのに、なんだか突然手持ちの服が似合わなくなったと感じる時が来たのです。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

これが噂に聞く「服が似合わなくなる問題」か、と。都市伝説だと思ってたのに、ホントにあったのか、と。

基本的には「今の」自分に似合うアイテムを身に着けていればいいと考えているけれど、客観的に自分を見れなくて痛々しい若作りをすることは避けたい。しかし人それぞれ似合うものも好みも違うのだから50代はこれ、60代はあれ、なんて簡単に割り切れるものじゃない。

女性はいつから、何をきっかけにスニーカーやパンプスを脱ぎ捨てて「コンフォートシューズゾーン」に突入すればいいんだろう?

50代、60代。この先のほうが、もっと怖い

が、この問いは非常に馬鹿げたものであることはすぐにわかりました。

だって、私の20年後のファッションと、今の60代のファッションが同じはずないもんね。

正直なところ、今の10代、20代の女の子の好みはさっぱりわからなくなりました。かわいらしいなとは思うものの、私が20代の頃の「おしゃれ」の感覚とは全然違っているのは事実。

ということは、私が60代になった時のファッションも、今の60代のそれと異なるのは当然のこと。2010年代の60代が好むスタイルと、2030年代の60代のおしゃれが同じわけがないんですよね。生きてきた時代も、ファッションの経験値も全てが違うんだから。

最新コレクションもトレンドの情報もコーディネイト例もいつでも簡単に手に入れることができるけれど、今の自分に似合う服、必要なものはいつだって自分の頭で考えて選ぶしかない。
そして何を着てもそれなりに魅力的だった若き時を過ぎた40代は、どんな経験をしてきたか、人生で何をどれだけ学んできたかという内面に積み重ねたものが見た目にも強く表れるタームに突入している。

怖い、怖いよ。
見た目を取り繕うだけなら化粧とか服とか注射とか整形でなんとかなるけど(極論)内面は付焼刃って訳にはいかないんだもの。日々是精進。

40代ファッションブログ

なぜか私の周りには聡明で美しい女性が多いので、未熟な自分とのあまりの違いに愕然としてしまうことが少なくありません。が、お手本となる魅力的な人がまわりにいるのは幸運なこと、とも言えます。

40代のコンバースはエレガンスマダム系ファッションを好む同世代から見ればすでに十分痛々しいのかもしれないし、20年後にどんな靴を選ぶのかまだわからないけれど、

「40代にもっと好きなことしておけばよかった、もっと勉強すべきだった」

なんて思うことのないようにしなくちゃね。




関連記事

By: Rubbermaid Products

少ない服のコーディネイトと衣替え。

By: Rubbermaid Products[/caption] 3月から4月をすっ飛ばし

記事を読む

By: Clemens v. Vogelsang

目に入るたびに捨てたくなる。

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] あーやっと捨てられた!

記事を読む

By: Elvert Barnes

「ドライヤーなし生活」継続決定、その理由。

By: _Tophee_[/caption] 秋口にドライヤーを購入するかどうするか迷ってい

記事を読む

By: Kate Ter Haar

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

140828lg2.min

今日捨てたもの 8/28 記念品を捨てるということ。

毎日ひとつづつ手放すキャンペーンも残すところあと3日となりました。 既に大きなものは何

記事を読む

By: John Benson

持たない暮らし、引越し作業は20分。

By: John Benson[/caption] 家もいいけどまわりもね。 というこ

記事を読む

By: Jonathan Kriz

今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

By: Cristeen Quezon[/caption] どうにも物持ちがいいので痛んでし

記事を読む

skirt

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

By: MIKI Yoshihito

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

diary

今日捨てたもの 8/20 10年分のスケジュール帳を処分。

今月は毎日何かひとつ捨てると決め、毎日実践しています。 これまでは割りとほいほい手放し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

sanma
秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、

yokosuka_6
栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出

→もっと見る

PAGE TOP ↑