今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

shoppingscene

お久しぶりの捨て記事です。
基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録としてこちらに全て記載しています。

最近はあんまり

「新たに入手」

することはないんですけどね。

 

今日捨てたもの

141103lg

  • 赤のコットンシャツ

10年程前に某セレクトショップで購入したもの。
最初に同じタイプの黒のシャツを購入したのですが、これがシルエットがきれいで着心地もよく、サイズもぴったりだったのでとても気に入り、続けて白、赤、と短期間に合計3色入手しました。

白はそれなりに活躍したのですが、汚れが目立つようになりかなり早い段階で引退。それに比べればさほど登場回数の多くなかった赤でしたが、なぜか今日まで所有していました。

先日久しぶりに着てみて、やっぱりサイズ感とかシルエットはとっても好きなんだけど、もうこの赤は着ないかな(実際、ここ5年は着ていませんでした)と感じて、決心。
本日めでたくご卒業となりました。

最近はあまり活用できていなかったけど、長い間ありがとうね。

ちなみに、3色あったこのシャツのうち最初に購入した黒のシャツは未だ現役です。
洗濯機でガンガン洗っているのでもう色はかなり褪せてきていますが、それがまたいい味になっているのでまだ活躍してもらう予定。

関連 黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

当時は体型に合うシャツを見つけられたこと、それを色違いで次々買えることが嬉しくて3枚も買ってしまったけど、赤も決して失敗ではなかったし、最初の1枚を15年も使い続けているのだから結果としていい買い物だったのかもしれません。でも、必要だからではなく、どちらかというと「色違いで揃えたい」というような所有欲から来る買い物をすると、登場頻度の低いアイテムを増やすことになってしまいます。

よって、今はこんな「大人買い」は、もうしないかな。

 

赤との付き合い

鮮やかなシャツが消えたからか、クローゼットが少しだけ寂しくなってしまいました。
そうか、クローゼットにあるだけで華やかだから、なんとなく残しておきたかったのかもしれないな。

しかし、最近赤系のものをよく手放してますね。

参考今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

参考今日捨てたもの 10/20 赤い靴と夢の話。

といっても、朱色のコートは今年も着ると決めたので、今日手放したシャツが最後に手放す「赤モノ」となりましたが。

今でも赤は一番好きな色なのですが、赤のアイテムとの付き合い方が変わったのは環境の変化によるところが大きいかもしれません。今日手放した赤のシャツだって、当時も仕事以外では着ることなかったので。

仕事用に真っ赤なシャツってどんな仕事だよ、って感じですが、ファッション関係って基本的に服装のルールは緩いですからね。私の場合はデニムでも全く問題なかったし。

全うなビジネススタイルが必要ない環境に長らく身を置いたおかげで、コンサバ路線を通ることなく40代まで来てしまったのでした。

 




関連記事

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

靴下が片方ない(怒)

By: Eden, Janine and Jim[/caption] 子供って生意気ですよね

記事を読む

ごっそり捨てて、お金まわりを考える ’17。

By: Owen Moore[/caption] なんとなく3月に入ってから、という感覚が強

記事を読む

オールシーズンこれ1枚計画の逆転劇。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 桃の節句も過ぎ、本格的

記事を読む

お金が貯まる人の行動と習慣。

お金が貯まる人ってこうなんだよね、と言われました。 突然胡散臭い自己啓発書みたいなタイトルで恐

記事を読む

酷く暑い夏、何を着る?

さほど汗をかかない体質。だったのは、もう遠い昔のことのようです。 近頃は自宅から駅ま

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

付かず離れず、程よくヒールと付き合いたい。

背があまり高くないこと、デザイン的にかかとのある靴が好きなこと、何よりスタイリングのバランス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑