今日捨てたもの 11/7 かわいらしいものが苦手。

公開日: : 最終更新日:2015/09/27 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

jo
キャラクターものやふんわりしたもの、ファンシーなもの、女の子らしいもの、ピンクのものなど「かわいらしいもの」全般が苦手です。

それらのものを人が持っていたり着ていたりすることに否定的な気持ちは微塵もないのですが、自分が、となると話は別。いつからそうなったのかは記憶にありませんが、多分自分の意思でモノを選べるようになった時からこの傾向はあったような気がします。

 

今日捨てたもの

141107lg

  • オフホワイトのニット

ざっくりとした網目のニット。
自然な風合いが気に入って10年程前に購入したのですが、着る度になんだかピンとこないなあと感じ、ここ数年は全く活用していませんでした。

見ている分には好きだと思えるのだけど、着てみるといまいち。ボリュームがある素材なので私の寸胴が強調されるからかしら?それともコーディネイトの問題?なんて思っていましたが、先日久しぶりに着用してみてようやく気がつきました。

これ、私にはかわいらしすぎるんだ。

なぜ今までそんな基本的なことに気づかずにいたのかが不思議ですが、ざっくりした風合いに木の釦、短め丈のフェミニンなニット。

ガラじゃない、似合わない。ただそれだけのことでした。

40代のファッションブログ

この糸の色が好きでずっと持ち続けてしまったのかもしれませんが、とにかく厚みがあってかさばるので、活躍頻度は低いのにクローゼットの幅を取る代物でした。今の部屋は寒いので、マットやクッション代わりに使えないかしら?とあれこれ試して検討してみたものの、なんと見かけのわりに全く暖かくないことが判明。

今まで私の目を楽しませてくれたし、いろんなコーディネイトでどうにか使えるように試してみるというチャレンジも与えてくれたし、もうそろそろ使命は全うしたかも。

そう思えたので、本日でさよならすることになりました。

参考 手放したアイテムの行方

この服、買ってすぐ以外はあまり活用できなかったからか、買った当時、10年程前に着ていた頃のことをすごく思い出します。これを着て出かけた店とか、食べた料理とか、一緒にいた友達とか、未だに思い出せるもの。ちなみにこのニットによく合わせていたブーツは今も現役です。

音楽はその曲をよく聞いていた当時の記憶を呼び起こすというけれど、服だって同じかもしれないなあ。

 

ところで本日、大内順子さんが亡くなったというニュースが流れてきました。

参考 大内順子さんが死去 ファッションジャーナリストの草分け(ハフィントンポスト)

なんとなく年齢不詳というか、独自の時間軸を生きておられるようなイメージがあったので気づかなかったのですが、もう80歳だったのですね。

大内さんは元祖ファッションエディター的な存在。面識はありませんが、彼女の活躍がなければ、私のキャリアの一部となった仕事も日本に存在していなかったように勝手ながら思っています。

もう少し早く生まれてくればよかったとか思ったって、タイムマシンはないから。今できることは、何だろう。今足りてないものは、何だろう。自分がすごく興味があって、熱中できることをやっても、始めから成功なんてしない。でも、何か道が開ける可能性はあるんじゃないかなと思うのよ。― 2012年の大内順子氏インタビューより(THE FASHION POST )

 

ご冥福をお祈りいたします。

たたかわない生き方

たたかわない生き方

posted with amazlet at 14.11.07
大内 順子
イースト・プレス
売り上げランキング: 186



関連記事

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

少ない服でも怠惰を痛感、春の試着会。

そろそろ本格的に暖かくなってきたので、クローゼットを整理しました。 「整理」といって

記事を読む

お金が貯まる人の行動と習慣。

お金が貯まる人ってこうなんだよね、と言われました。 突然胡散臭い自己啓発書みたいなタイトルで恐

記事を読む

我が家のモノは98%がゴミだったとわかってうなだれ中。

By: Erich Ferdinand[/caption] 引っ越しを控えている身内からタイ

記事を読む

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結局何も買わずに終わる。それが私

記事を読む

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑