積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

公開日: : 最終更新日:2019/03/22 これからの働きかた, やりたいことほしいもの, 生き方と考え方

setagaya_38

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となります。

自分を疑え。

新年の目標というのは、あけましておめでとうございますの挨拶が有効な時期に立てるものだとは思いますが、私は毎年1月下旬に考えている。

そして今年は、10年後の自分に思いを馳せたりしつつ、書きました。

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト

list

スラスラと書き出してみたらば、仕事に関する具体的な目標と酒関連の改善点以外は、去年のそれと大差ない仕上がりになってしまいました。

新年に考える今年の食計画。

というか私、10年前から根本のところは何一つ変わっておりません。

手元に2008年から2009年頃につけていたノートがあるのですが、そこに記された「今年の目標」なんて、日々機嫌よく過ごすとか、酒をキレイに飲むとか、ちゃんとしたものを食べるとか、あなたは私ですかと言いたくなるほど今と同じ。いや、書いたのは紛れもなく私なんだけど、10年経っても同じことを考えているとは思いませんでした。

これらはもはや今年の目標ではなく、今生の目標。きっとこれからも大きく変わることのない、自分の根っこのとこなんでしょう。

「日々機嫌よく過ごす」はかなりの高水準にて、既に達成できている。

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

よって、目標とすべきはもっと細かい具体的な行動であると考え、

  • 料理の腕を上げる
  • 良質なインプットを心がける
  • スナック開店
  • 小商いを作る
  • 海外に出る

などをリストアップしました。え、全然具体的じゃない?いやいや、実際の紙にはもうちょい泥臭いことも書きましたのでご安心を。

そして今年身に付けたいスキルは質問力の向上。リスト作成中にいきなり降りてきたこの項目は、今の私にかなりフィットする要素なのです。喋りが下手なら、上手に聞けばいいじゃない。

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

ということで、ここ、意識して取り組みたいと思います。

そして毎年おなじみ今年のスローガンは

「積み重ね、積み減らす」

とします。積み重ねは文字通り、コツコツとした日々の行動を大切にすること。そして積み減らしは太郎リスペクトとして入れてみました。

必要な努力はコツコツすれど、過去の実績や既に所有しているものに執着しすぎないようにする、ってところですかね。

去年の目標答え合わせ

さて、去年書いたメモを見直してみると、達成したこと・できなかったことが混在、といったところでしょうか。今生の目標である

  • おいしいものを作る
  • おいしいものを食べる
  • 早寝早起き
  • 部屋を快適に保つ

この辺りは合格点。そんな小さいことまで書き出すなよという感じですが、些細だけど自分にとって大切な習慣が崩れると、そこから生活がどんどん綻びてしまうと私は知っている。

  • 体調を整える
  • 活動量を増やす

これらの健康カテゴリはちょっと惜しかったですね。仕方ないとはいえ、10年ぶりに倒れたのは不徳の致すところです。

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

全然ダメだったのは

  • 海外滞在
  • 本・映画・ライブ・舞台など触れる機会を増やす
  • 新しいことを学ぶ

2018年は珍しく一度も日本を出ることなく終了してしまいました。本や映画にもあまり時間を費やせなかった。ええい、インプット不足だわい。

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

昨年の目標は2017年末に語学留学体験から戻って間もない頃に記したので

  • 英語学習の習慣化
  • 英語を使う機会を増やす

という項目もあげていました。しかし、学習は習慣化できたものの機会は増やせずという、達成できたんだかできてないんだかわからない結果にて1年が終了。この手の目標こそ具体的な数値に落とし込むべきですね。TOEIC800点とかね。

ギリギリ滑り込みセーフで達成できた目標は

  • 人と関わる仕事を増やす
  • ブログ更新・新企画

など。何を思ったか年末から新しい仕事を増やし、またその忙しないタイミングでイベント告知を行うというギリギリっぷりを発揮しました。モリモリと詰め込んだせいで時間の余白が大幅に減った分、以前感じていた物足りなさやもやもや感は減少、というか消滅。

これからの働き方と暮らし方。

上限いっぱいの無理はしていないけれど、頭をしっかり疲れさせて日々眠っている感覚は気持ちいいくらいです。まだもうちょいいけそうだな。

うーん、答え合わせしてみると目標設定自体の甘さが否めませんが、やはり書き出すことって大事だと思う。なんせ、ほら。私ってすぐ忘れちゃうから。すべきことだけじゃなくて、やりたいことすら忘れがちだから。

メモのちからと超スピード文章術。

あ、ちなみに昨年度の目標の一つであった立ち飲み活動については、そこそこの達成度でした。今年も積極的に立って飲む。

10年後の理想の働き方

event3

自分で作ったワークを自分でもやってみて、10年後をあれこれ妄想しています。

「今から10年後の働き方を考えよう」イベントレポート。

10年後ってアナタ、もう60歳目前ってとこまで来てますから。どうなってんだかちょっと見当もつかないですね。

見当つかないなりに、それまでに是が非でも実現したいのは

「自分の商品を作る」

こと。現在は受託仕事がメインだけれど、それ以外のオリジナルな仕事にも挑戦したいのです。

これは何も今に始まったことじゃなく、ここ数年ずっと考え続けてきたこと。なのに、商品が何かは未だ見えず。私の属性から鑑みるに、作りたいのはおそらくプロダクトではなく、サービスなのかもしれないとは、うっすら想像しております。

10年後には、自分の商品のひとつやふたつやみっつくらい作っていたい。そしてその先、本格的な人生の後半戦に突入できたとしたら、自分の商品を軸として生きていきたい。そう考えているのです。

こりゃもうゴリゴリ商品開発するしかありませんね。何を開発するのかは、まだわかってないけれど。

そして、10年後を考えよう!と何度も言っている割に、一番大事にしたいのは今現在だったりもします。人生計画も、長期的な視点を持ったキャリアプランも大切だけど、「まだ自分の人生始まってない感」をずっと持ち続けるのも、勿体ないのでね。

おっと、ここ深掘りし始めるとまた夜が明ける長さになりそうなので、またいずれ。そして本リストの答え合わせは2020年1月に!

 




関連記事

どこにいても仕事はできる。

「最近はコレのせいで、完全なる休みがなくなっちゃったよね」 有給休暇取得中の友人が、ス

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

みんなで食べても、美味しくない。

2021年初の「よいお年を」を、やりました。 昨年から例のアレのせいで忘年会的なも

記事を読む

好奇心を“天職”に変える空想教室 ささやかな自信が鍵になる。

By: Rolands Lakis[/caption] 先日と同じくまたまたはて、1年前は何

記事を読む

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に答える。 ちなみに母は私

記事を読む

年が明けて、またひとり。

年末は帰省ついでにあちこち遊びに出かけて、ついでに食べたり飲んだりももちろん盛り込んで、忙

記事を読む

職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのものがつらいとかつまらないとか、自

記事を読む

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

私は現在都内で一人暮らしをしております。 会社勤めをしていないフリーランスの身なので、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑