モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

150812lg

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。

関連 暮らしの定点観測のすすめ。

残された箸も似たような状態なのでそろそろ新しいものを買わなきゃね、と思っていた矢先にたまたまお箸専門店の前を通りかかって吸い込まれる。

当然のことながら専門店ともなれば箸にもいろいろありますな、などと感心しながら箸を吟味していて、今までこんなに箸選びに真剣になったことがあっただろうかと考えたのです。

モノが少ない暮らしは味気ない、その理由

箸に限らず、服やインテリア、食器や家電にいたるまで、身の回りのものを新たに入手する際、さほど深く検討せずに選んでいたのだなと痛感する今日この頃。

もちろんいちいちじっくり吟味していたら相当な手間がかかるしただでさえ優柔不断なのだから時間がいくらあっても足りなくなってしまう。他にもすべきこと、やりたいことは山のようにあるのだし、生活用品選びにだけ潤沢に時間を使えるわけでもありません。

関連 決められない理由と優柔不断を治す方法。

それでも使い切ったものを手放す際に、はて当時の私はなぜこれを選んだのだろうかと首をひねりたくなることもしばしば。そしてなぜこれを、と思わない場合にはやはり相応のものを選べているのです。

モノを持たない、必要最低限のモノで暮らす、といったライフスタイルが注目され始めた頃、

「ただ合理的なだけの生活なんて味気ない、つまらない」

などと揶揄する声も多かったのは、ものを選ぶ時間や手間を全て「無駄」だと切り捨ててしまうことへの違和感でもあったのかしらと思ったり。人生にはパンだけでなくバラも必要、ってね。まあこの論争はそもそも何をバラと定義するかの前提に齟齬をきたしていたからこその誤解、ともいえるんだけど。

お気に入りを選ぶ、その手間も省けるか

サングラス

モノがたくさん買える、多くを所有できることこそが豊かな暮らしの証。

そんなわかりやすい時代は過ぎ去って、何を豊かさとするかその基準は人それぞれになっている。それでも大切なのは「量」ではなく「質」であるのは間違いないでしょう。ただ、その質のよさは金額だけの問題でもないから難しい。

関連 ブランドアイテムはいつもやさしい

なんでもかんでも高いからよいもの、ブランドものだから優れている、と簡単はにいかないのが悩ましいところ。結局は自分の見る目とセンスを磨く以外に方法はないわけで。

関連 センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

服を少なくすれば毎朝何を着ようかと悩む時間が削減されてその分もっと大切なことに時間が使える。それは真実だけれど、その前段階として毎日着てもいいと思える1枚を悩み選ぶ作業さえも簡略化することはできないし、またすべきでもない。

理屈じゃなくて心惹かれる、フィーリングが呼び合う系の「なんとなく」は別として、何も考えずに適当にものを選ぶ行為は、自分にとって何が大切なポイントなのかを知るせっかくの機会を放棄しているようなもの、なのかもしれません。

ミニマリストの持たない暮らし

散々物色した挙句、結局はこれまで使っていたものと見た目はそう変わらない箸を購入しました。惚れ惚れするような色合いの塗りの箸もたくさん並んでいたけれど、日々の晩酌定点観測を思い浮かべたらこれがいいような気がして。

しかし箸一膳選ぶのに時間をたっぷり取って悩むとはなんたる時間の無駄使い。そして贅沢な休日とも言えますね。

 




関連記事

5月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Jonathan Kriz[/caption] 引き続き月初の定例ポストです。

記事を読む

ストール

シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

好きなものに関してはしつこい私。 ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがき

記事を読む

部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇。

2019年は、ベトナムで寝台列車に揺られていた。ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。さ

記事を読む

モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

このブログにはモノを持たない生活についての記事がたまっているので、シンプルな暮らしや断捨離に

記事を読む

モノより体験、いらないモノを贈らない方法。

By: Kevin Dooley[/caption] 先日ニュースで福袋に関する話題を取り上

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

新しいことを始める、全然怖くない方法。

By: Taylor McBride[/caption] 去年の夏、毎日1つづつ何かを手放す

記事を読む

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

持たない暮らし、長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

オールシーズンこれ1枚計画の逆転劇。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 桃の節句も過ぎ、本格的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

→もっと見る

PAGE TOP ↑