焼き大根、梅わかめ納豆献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼き大根献立

先日大根使い回しについて述べました。

豚汁、きのこおろし和え献立。

調理法の頻度ランキングとしては下位に甘んじておりますが、好き度ではもっと上にくるはず。それが焼き大根。

問題は、少々時間がかかることでしょうか。

焼き大根、梅わかめ納豆献立

焼き大根、梅わかめ納豆献立

  • 豚汁
  • ゆず白菜
  • 梅わかめ納豆
  • 焼き大根

豚汁

豚汁

豚汁は先日の残りものです。

ゆず白菜

ゆず白菜

先日と同じゆず+白菜の組み合わせですが、本日は漬もの。塩もみした白菜を昆布、唐辛子、ゆずの皮の千切り、ゆず果汁、塩水と一緒に一晩漬け込みました。

梅わかめ納豆

梅わかめ納豆

しょうゆ少々を混ぜた納豆、わかめ、ねぎ、梅干し、鰹節をうつわに盛り、よく混ぜていただきます。

焼き大根

焼き大根

皮ごと厚めの輪切りにした大根にオリーブオイルをまぶしフライパンに乗せ、焦げない程度の火加減で両面じっくりと焼きます。火が通ったらうつわにもり、粗塩と胡椒を振って。

豚汁は昨日の残りものだし、納豆と漬ものはうつわに入れるだけなので、本日の調理は大根を焼くだけ。ならば豪快な厚切りでじっくりいってやろうと意気込み、4cm程度の輪切りを豪快に焼きました。

急ぐ時は薄切りにするという手もある。でも、やっぱり厚切りがいいんですよ。箸で割ればじゅわっと溢れ出る肉汁ならぬ大根汁。真冬のつまみには、柔らかく煮た大根もいいけれど、焼き大根だって負けちゃいませんよ。だってこんなに魅力的。

焼き大根

いい顔してますねえ、食べて食べてとぐいぐいきますねえ。

熱々状態でかぶりつくと、間違いなく火傷するので気をつけましょう。そして、程よい温度に温めた純米酒を添えましょう。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日も豪華さゼロの献立ですが、考えようによっちゃあ焼き大根なんて贅沢の極み。美味しい野菜をシンプルに調理する旨さは格別だし、こんな厚切り大根をじっくり焼く時間が取れるのもありがたい話。

といいつつ時間の種明かしをすると、帰宅後すぐに大根を火にかけて、焼いてる間に着替えたり片付けたりあれしたりこれしたり、調理とその他の並行作業で横着してるんですけどね。

要領が悪い人の料理。

作業効率を度外視し、大根が色づいていくさまをじっと見つめ続ける。なんてのも悪くない時間の使い方だと思うので、週末あたり瞑想代わりに焼いてみてはいかがでしょうか。忙しい毎日で凝り固まった心が、ゆるりとほどけていくやもしれません(適当)。

 




関連記事

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。 とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

ピーマンとしらすの酒炒り

晩酌つまみ 9/10 ピーマンとしらすの酒炒り、かぼちゃとチーズのサラダ。

週末に出かける予定が二転三転。 食材を無駄にしたくないのでこういう時は何をいつ消費すべ

記事を読む

粗食献立

味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく酒を断つこととなりました。しば

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

あじの煮付け献立とレシピ

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

鰺、あじ、アジ。 鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過

記事を読む

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

マッシュルームサラダ

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立。

どうしてもサラダにして食べたくて、おかしな品揃えに。 生ハムとマッシュルームのバケット

記事を読む

あじとこんにゃくの梅煮

大きいものが欲しくなる時。

旨そうなあじが目に入ったので、久しぶりにたたきにでもしてやろうかと考えたのですが。あじのた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑