令和初の年越し、昭和との戦い。

daikanyama30

2020という整然とした4桁の並びはどうにも座りが悪いし、2年と言われるといつの間に、と思う。もちろん、令和にだってまだ馴染めていない。

しかしこちとら3時代を生きている身。なんだかんだでそのうち慣れるであろうことは経験としてわかっています。元号もだけど、2000年になった時の違和感に比べたら、10の位なんて。

そんなことを考えた2019年の末に、懐かしいタイプの男性に遭遇して混乱しました。

こういうのが「昭和的」と言われるのでしょうか。

令和初の年越し、昭和との戦い

pumpus_2

なんでもハラスメントにされてしまう現状、いくらなんでもそれは言い過ぎと思うケースも少なくはないが、ほんの2~30年前はまかり通っていた悪事が御法度となっているのは、まあ、いいことなんでしょう。

20代半ばでまだピチピチだった私をもうすぐ三十路のくせに、そんなだと行き遅れるぞ、などと毎日のようにからかっていた当時の上司らは、多分現在60を過ぎているはず。彼らもさすがにもうあの手の「イジリ」はしてないだろうなあ。もちろん相手を選んで言っていただろうから、年齢や婚期を気にしている女性には言わなかっただろうけど、親しい仲だから、ほんの冗談で、なんてのも、今は通用しないもんなあ。

そんな大昔の出来事を思い出させる発言を繰り出すおじさんに遭遇して、こういうこと平気で言う人がまだ残ってるのか!と驚いたのです。

しかも、そのおじさんは、私と同世代。これだから昭和おじさんは…と言われちゃう歳じゃないでしょうに、なんて思うのは私がおばさんだからであり、今の若い人からすると40代以上なんてもれなく悪しき昭和の習慣が抜けない中年なのかもしれんと別の角度でがっかりしたのでした。

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

いや、年齢で区切るのは性差同様にもはや意味がないのか。セクハラ発言が日常茶飯事だった当時でも、失礼なことを言わない人は絶対に言わなかったのだし、今の若い人でも昭和おじさん的脳を持つ輩はいる。

戦う力と、スルー力

友人と酒を飲みながらそんな話をしたら、時代は変わったとはいえ、世間はそんな戸惑いに溢れているのだと教えられました。昭和おじさんは平成を経て、令和の今も広い地域に生息しているのだと。

一般社会との縁が薄かった私は現実を知らず、誰に何を言われようとみんな気にせずもっと自由になればいいのに、なんて呑気なことを考えていた。しかし妙な価値観を押し付けられる環境に長年さらされたら、そりゃ諦めも出てくるってもんですね。

魑魅魍魎が蠢くこの世界。戦う力も必要だけど、心の平安を保つためのスルー力も備わっていると、なおよい。

そんな自分に腹がたつ。

性差で語るのは無意味と書いたとおり、この話におじさんを罵る意図はありません。なぜなら、若い男性に対するえげつないパワハラを繰り広げる昭和おばさんの話も散々耳にするから。男はダメで女はセーフ、なんてことはないからね。暴力圧力ダメ、絶対。

100年ぶりにみっちり社会と関わった気がする2019年。最後に古き良き、ではない悪しき昭和エピソードに遭遇したとはいえ、過ぎてみればそこそこ学び多き1年ではありました。あー、今年はちょっと休もうかなあ、今年の方針もそろそろ決めないと。

いかにして働かずに暮らすか。

 




関連記事

薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その日特に行きたい店を思いつかなか

記事を読む

複数のコミュニティに参加することの重要性。

コミュニティ。 そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方を

記事を読む

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。 老後も何ももう80手間

記事を読む

自分の名前が書けなくて。

By: Caleb Roenigk[/caption] 本日は執拗に自分の住所氏名を書きまく

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑