人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

Taichung-hotel-10

年明けにとうとうやります!

出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

構想4年。というか、何度も実行しかけては話を進められず(心の中で)延期、を繰り返してきました。やるやる詐欺ここに極まれりという感じで我ながら呆れかえっておりましたが、いよいよやります!

今回は読者のみなさまと一緒に「10年後の働き方」を考える時間を持ちたいと考えています。会場の都合もあって酒を飲みながらのスナック形式とはいきませんが、土曜の夕方には終了するのでその後のご予定も立てやすいかと。詳細は以下のとおりです。

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう

note16

年明けの1月は、1年の行動計画を考えたり、今後の目標を立てるのにちょうどいいタイミング。遠くて近い10年後の自分のために、今何をすべきか、そしてしたいかを、みんなで改めて考えてみませんか?

今回のイベントはゲストにフリーライターの庄司里紗さんをお迎えしたクロストークと、参加者のみなさんと一緒にこれからの働き方を考えるワークショップを予定しています。

最少催行人数は10名。力及ばすで集まらなかったら潔くごめんなさいして中止としますので、予めご了承下さいませ。

イベント詳細

日時 : 2019年1月19日(土) 14:00開場 14:30開始 16:00終了
場所:都内会議室 ※参加者様に別途お知らせします
費用:3,000円

1)庄司里紗 × crispy-lifeのクロストーク

40代フリーランスの2人がこれまでの10年間を振り返りつつ、「自分らしい働き方」をテーマに語ります。人生100年時代と言われ、リモートワークや副業など新しい働き方に注目が集まる今、私たちはどう生き、どう働いていけばいいのでしょうか? フリーランスという”企業に頼らない働き方”を通じて、自分の強みの見つけ方、長く働き続ける秘訣、そして将来のために備えておきたいことなどを、質疑応答を交えながらお届けします。

2)10年後の働き方を考えるワークショップ

未来の働き方が想像できなくてなんとなく不安、日々の仕事に追われて将来を考える余裕がない、誰かの話を聞いて新たな視点を得たい……。そんな「働く大人」のためのワークショップ。10年後に実現したい理想の働き方とは? そのために今できることとは? 主催者・参加者が一緒に意見を出し合いながら、最初の一歩を踏み出すための具体策を考えます。

ゲスト:庄司里紗 Risa Shoji
1974年、神奈川県生まれ。大学卒業後、ライターとしてインタビューを中心に雑誌、ウェブ、書籍等で執筆。2012~2015年の3年間、フィリピン・セブ島に滞在し、親子留学事業に従事する。明治大学サービス創新研究所客員研究員。

庄司さんは現在Yahoo!ニュース特集などでも執筆されているので、記事を読んだことのある方も多いかもしれません。当ブログでも以前より英語学習や親子留学の話題などで度々ご紹介しています。

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

ご存知の通り、私は日々駄文を生産するだけのしか脳がないブロガーですが、ここは知識豊富な庄司さんにおんぶにだっこで実のあるイベントにすべく全力で準備いたします。って、主催者のくせに人頼み感すごいですが、もちろん私も諸々頑張りますよ。

ああ、告知しちゃった、大丈夫かな。でもこれも今年の目標のひとつだったのでね。残念ながら年内実施は間に合わなかったけど、年初めの1月ってのもなかなかいいタイミングじゃないですか(言い訳)。

来週には申し込み方法をお知らせできる予定です。とにかく、今のうちから予定だけは空けておいて下さいませ。ご質問などあればコメント欄やお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

これからの働き方

 




関連記事

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

しつこいですけど、外にフラフラ飲みに行けない世界は、本当に切ないものですね。なんの楽しみも

記事を読む

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

アカウントを乗っ取られた。

真夜中にふと目が覚めて、時間を確認しようと手に取ったiPodの画面に 「あなたのアカウ

記事を読む

老いていくってこういうこと。

神田駅のホームで、ご老人がじっとこちらを見ている。 何か困ったことでもあるのだろうかと

記事を読む

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。 マラソンなんて、走るのキライな人が上達

記事を読む

私の話を聞いてくれない。

人の話を聞かない。これはなかなかにネガティブな印象を与えがちな行動であります。「あいつ、人

記事を読む

盛らない生き方。

By: David[/caption] 先日いただいたご質問にお答えする記事を書きました。

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。 「

記事を読む

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

Comment

  1. Foxy より:

    うわぁ〜、行きたい、すごく行きたいのに…。イベントに行きたしと思えども東京はあまりに遠し…。Crispyさんにもお会いしたいし、フリーランスとしての働き方にもとても興味があります。

    3月にまた日本に戻りますので、その頃にまたこういうイベントがありましたら、絶対に行きます。

    とにかく、ご盛会をお祈りいたします。春にまたこういったイベントを企画していただくためにも…という、果てしなく自分勝手な理由もありますが…。

    • crispy-life より:

      Foxyさん

      ありがとうございます! 遠い場所から行きたい!と言ってくださるだけでもとてもうれしいです〜。3月にまた帰国されるのですね。Foxyさんにゲストとしてお越しいただいて大人の英語学習セミナーを開催するという手もあるな…なんてw

      こういうイベントを主催するのは初めてのことでかなり緊張しておりますが、新しいことにチャレンジしようとエイヤで告知に踏み切った次第です。定期的に開催できるようになったら面白いですよね、ドキドキしながら、がんばります!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑