ブロガーの芸風が変わる恥ずかしさ。

公開日: : 最終更新日:2018/05/01 ブログ運営, 生き方と考え方

edogawa21

奥さん、5月です。

写真は2年前のこの時期に撮影した鯉のぼりであります。

京成江戸川駅から江戸川沿いを歩く。東京散歩・江戸川区

今年はかように立派な鯉のぼりをまだ見ておりませんが、見ていないなりに月初の定期ポストです。




2018年4月の閲覧数TOP3

1.最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

 

2.一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

 

moalboal-restaurant_28

3.高血圧フラガール。

以上が先月の閲覧数TOP3でした。

ワンツーに関しては殿堂入り感があるものの、今回注目すべきは3着につけた健康ネタです。更新当日にものすごく読まれている模様だったのですが、理由がイマイチわかりません。

ファッションに敏感な奥様方が多いのか、服とか靴とか鞄がどうだこうだという記事の瞬発力はそれなりに把握しています。しかし健康ネタはそう注目を集めるコンテンツでもなく、そしてフラネタも初投下ではなかったので、おそらく「高血圧」に反応された方が多かったのではないかと推測します。

できる限り病院ネタは書きたくないと考えているもので、高血圧ネタの好評に味をしめて健康トピックスを連投する、なんてことはしませんが、ありがたいことに区のほうから各種診断のお知らせが続々届いているのでそのあたりもまたおいおい。みなさまの予防医療リマインダとしてご活用いただければ幸いです。

ブロガーの芸風が変わる恥ずかしさ

chiayi-hotel-12

ところでつい先日、あ、あのネタはどこに書いたんだっけか、とふと考えたタイミングがありまして。

ここじゃない、どこか。そうだ、15年位前にやっていたはてなダイアリーに書いたのだった、と思い当たりました。

今ではもう非公開にしてしまったブログのアーカイブを繰って件の記事を無事サルベージしたのだけれど、いやあ、恥。完全に閉じた空間ではないがしかし、ブログの存在を把握している友人知人数名しか読んでいないという安心感がもたらす甘えと、見られていることに対する多少の自意識を帯びた文章が恥ずかしすぎる。

SNSの過去ポストに感じるそれとは異次元の気恥ずかしさ。これは閉じて正解だったと珍しく自分の判断を評価した次第です。

ならばこのブログはどうなのかという話ですが、開始当初それなりに真剣にブログ運営方法を模索していたものですから(真面目)、イマドキのブログとはこうあるべきといったフォーマットに囚われていた部分が無きにしも非ず。さらには日々書き続けて4年も経てばさすがに多少芸風が変化したのではと感じる瞬間はあります。

しかし最初から長く続ける腹積りの匿名にて開始したので、個人情報もろ出しではないという点において恥成分はやや薄め。とても大切なことなのに開設当初あまりに軽く考えていたネーミングの後悔は残るものの、運営方針としては概ね満足しています。

ブログ開設2周年。毎日ブログを更新し続けて後悔していること。

とはいえ恥は恥。ブログに限らず、普段の言動行動思考その他のあれこれ、生きるとはもしや恥をかくことと同義なのかと呆然とすることしきりであります。

つらい過去を忘れる方法。

それでもなお積極的に恥をかくことを恐れないスタイルを貫き、今後も足取り軽やかに変わっていけたなら。即ちここに綴る興味関心の幅を拡げることが、若しくは深めることができればいいなあと考えておりますので、今月もカリッとした毎日。をよろしくお願いいたします!

 






関連記事

By: Roderick Eime

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

minatoku6

誰も知らない、向こう側。

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

nakano21

あなたのその怒りはどこから。

ある夜のこと。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってからもまだもう少し飲みたくて、

記事を読む

By: asenat29

あげたいもの、買いたいものと欲しいもの、喜ばれるものの間で。

年末はスペインで過ごした後、そのまま両親の家に向かいました。 「今スペインに来てるん

記事を読む

RICHO caplio GX100

旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。 関連 手放すか否か。今、運命

記事を読む

minatoku5

将来が不安で仕方がない。

数ヶ月前にこれまでとは全くの異業種に転職した友人のことをふと思い出し、週末に近況お伺いのメッ

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 先日カフェで隣席に座っ

記事を読む

lifeisfruity

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

miso

同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

早いもので引っ越してから半年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分

記事を読む

By: ilovebutter

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑