「 生き方と考え方 」 一覧

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

2020/11/27 | 生き方と考え方

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつもずっと放置しておりましてね。ここのところめっきり徒歩圏内の店にしか出向かなくなっているものですから、電車で数駅、下車徒歩10分と

続きを見る

とにかく、家に帰りたい。

2020/11/11 | 生き方と考え方

最近プルシェンコ嬢との間で頻繁に行き交っている言葉があります。それは「家に帰りたい」というもの。これは主に仕事中に発せられるフレーズでありまして、つまりは「仕事しんどい、はよ帰って休みたい」

続きを見る

腹が痛くなるまで笑っていない。

2020/09/12 | 生き方と考え方

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える、腹が痛くなる、腹がよじれる、なんてのがあります。面白みの原点は、いつも腹にあるのでしょうか。よじれるという感覚はよくわかりません

続きを見る

「あなたみたい」と、言われても。

2020/09/09 | 生き方と考え方

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行っているようです。メッセンジャーに送られる「これ、あなたみたい」というメッセージと動画リンク。クリックすると、自身が繋がっているアカウ

続きを見る

天職と信じた仕事への情熱を失って。

2020/08/07 | 生き方と考え方

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも実際に天職と思える仕事にたどり着ける人は多くない。だから天職に巡り会うんじゃなくて、目の前の仕事を天職にすべく取り組むほうが効率的

続きを見る

仕事と風呂の類似点。

2020/06/25 | 生き方と考え方

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていました。生きる目的、今夜はフラッシュモブ 活動が幾分ゆるやかになっていた春が終わり、通常モードに限りなく近づいた6月。春にできな

続きを見る

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来事。 つまらない女と寿司。 やれ時間の有効活用だ、ほれ業務効率化だと、時間という限られた資源を最大限

続きを見る

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかしなことになってしまったので、寿司じゃなくとも人と食事を共にするのは数ヶ月ぶりのこと。いつものように、

続きを見る

残酷な真実と、壁の血のり。

2020/06/05 | 健康と美容, 日常

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、先に2階に上がり席を確保しようとしたら、一番乗りだった。開店時間すぐに入店したのだから、当然か。朝の

続きを見る

マスクを外す、その日が怖い。

2020/06/03 | 生き方と考え方

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、何の意味もないよね(笑)」 SNSで旬ネタに盛り上がっているおじさんらの真意はわからない。冗談なのかもしれないし、本気で意味がわか

続きを見る

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑