フラガールのコミュニケーション考察。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

moalboal-4-3

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」

弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡いピンク色の大きな髪飾り。

「キャハハ!!バッカみたいじゃない?」
「い、いや。いいんじゃないでしょうか。華やかで」

咄嗟の返答としては、次第点ではないかと思います。

フラガールのコミュニケーション考察

setagaya_19

髪飾りのご婦人は、うふふと微笑みながら、鏡の前でセットに入る。大きな花柄のスカートも、髪飾りとお揃いのレイも、全てがピンク、真ピンク。やだー、上手につけらんなーい、などとはしゃぎながら、右に左に髪飾りを移動させてはベストなバランスを探っている。

今日もフラガールたちは元気です。

カオカオヘラヘラ 踊る女。

ちなみにこの方、今日が初対面。前回はおられなかったしお話もしたことがないというのに、このフレンドリーさであります。基本的にフラガールたち、誰彼構わずぐいぐいきます。

私がいくら物静かな恥ずかしがり屋さんとはいえ、一応いい大人なので、諸先輩方に話しかけられた場合はそれ相応のリアクションをせねばなりません。が、常日頃人と会話する機会が乏しすぎるからか、相手が親しい友人であっても久しぶりに会えば挙動不審になる人間なものですから、うっかり気を抜くと大惨事。気の利いたセリフとは言い難いけれど、突然の行動に対して失礼のない範囲で返答できてよかったです。

このように、私のコミュニケーションレベルがあまりに低すぎるのは事実なのですが、フラガールたちのそれが高すぎるという考え方もできる。

いやいや、おばさまたちってすごいなあ、なんておおざっぱにまとめてしまいたくもなるけれど、おばさんになったら誰しもこの技を習得できるというわけでもない。私がいい例。

ぐいぐいいけない人

setagaya_15

実は初回レッスン時に気になる人がいました。

私と同様その日が初体験だったこのお方、どうもこんにちは、と挨拶してみれば、受付の人の説明が足りない、こんな衣装をみんな着ているなんて聞いていなかった、既に仲良しグループが出来上がっていて居心地が悪い、などなど、とにかくご不満の様子。

いや、不満というか、不安だったのでしょう。

社交的かつ積極的なご婦人であれば、適当な話題をこしらえて賑やかな輪の中に入っていくのでしょうが、この方は多分入っていけない人だったんだな。そう思ったのは、結局この方が初回のレッスンすら終えずに帰ってしまわれたから。

最初に一言二言言葉を交わした私は、ああほんとですねえ、みなさん可愛いスカートとかはいちゃって賑やかでいいですねえ、とかなんとか適当な相槌を打ったのみ。後は一人でスタジオ内探検やストレッチなどに夢中になっていたもので、彼女がそこまでいたたまれない気持ちで佇んでいたとは思いもよりませんでした。なんという観察眼のなさ。

思い返してみると、きっとあのご婦人は単に不満だったのではなく、輪に入れないなりに、誰かと話したかったんだろうな。

私も同じくぐいぐい入っていけるタイプではないけれど、輪に入らないことを居心地悪く感じないというか、目的が社交ではないので、踊れればいいや、と思っているし、一人で行動することもそれに対する人の目もさほど気にはならない。

シェアハウスは居酒屋に似ている。

けれど、ぐいぐいできない人がみんな孤独耐性強めタイプというわけでもなく、おばさんがみんな朗らかで社交的なわけでもなく、気配りや助け合いは大事だけれど、誰も彼もおてて繋いで仲良くしなくちゃいけない決まりなんてなく。

まあこれもお得意の妄想に過ぎず、もしかしたらお腹痛くなって帰っちゃっただけかもしれないし、そのほうがなんとなく救われるのだけど。ちなみに、今回の血圧は100ちょいでした。

 




関連記事

自分の名前、好き?嫌い?

By: Paul Joseph[/caption] 先日初対面の方に自己紹介したところ

記事を読む

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える、腹が痛くなる、腹がよじれる、

記事を読む

パドルブラシ

ぐいぐい梳かす、必要なものは揃っている。

いきなりですが、ブラッシングって気持ちいいですよね。 頭ね。 髪の健康に良いとか

記事を読む

あなたが今すぐモノを減らすべき5つの理由?

捨てたものと買ったものを毎月記録し続けています。 関連 捨てたものリストと買ったもの

記事を読む

スキンチェックを受けてみた

40代、シンプルなスキンケアで肌は変化したのか?

スキンケアをシンプルにしてから肌の調子がいい、と書きました。 参考 40代のニベアはあ

記事を読む

手湿疹治療に、綿手袋を追加。

不本意ながら、なかなか最終回を迎えられずにいます。手湿疹の話です。「最強クラス」を1週間使

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

By: Katie Brady[/caption] 何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし

記事を読む

空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

相変わらずマドンナは人気です。 関連 70代ミニマリスト主婦の財布。 私が子供の

記事を読む

最小限の持ち物を最大限に活かす。

By: Martha Soukup[/caption] 昨日は週に1度の休肝日、そして休胃日

記事を読む

Comment

  1. ぴよこ より:

    小娘のような血圧で羨ましいです

    • crispy-life より:

      ぴよこさん

      まだまだ油断は禁物です。今日は玉ねぎをたくさん食べました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑