家庭内調整と根回しと酒と薔薇の日々。

公開日: : 最終更新日:2018/05/31 生き方と考え方

shinbashi_7

15分遅れる、というメッセージを受信し、はい了解と返信して耳に挿す。

続ける方法 とりあえずは、耳に挿せ。

通勤という格好のスキマ時間を持たない私にとって、突然現れるこんな15分は結構使える15分。

遅れてやってきた相手はもれなく平謝りに謝るけれど、まあそりゃ、遅れることだってあるでしょう。

調整と根回しの日々

new-ipod

時間調整。

仕事をしていると根回しや調整が必要な場面は多々ありますが、それは何も会社や現場だけの問題ではない。

本日の当番となっていた旦那さんに突然出張が入り、え、じゃあ子供のお迎えどうすんの、夜ご飯は?ていうか明日朝一の打ち合わせ今更動かせないよ、ちょっと待って、来週学童おやすみですって?とか。デイサービスの日に合わせて予定入れてたのに、おばあちゃんが突然行きたくないと言い出してどうしよう、とか。

結果、遅刻や予定変更を余儀なくされる。

なんで私はこんなに調整が下手なんんだろうと嘆く友人もいるけれど、家族みんなが自分の都合に合わせて動いてくれるわけではないのは当然のこと。単に時間にルーズであるとか、約束を守れないといった類の問題ではないのだから、別にそこで落ち込まなくてもいいんじゃない?そりゃあ毎度上手くいくに越したことはないし、それが理想的ではあるけれど、家族をぶん投げてまで厳守すべき予定なんてそうそうないでしょう。

そして、例えうまく回せない日が続いたとしても、調整の試行錯誤はきっと血となり肉となり、家庭外でも活かせる場面があるはずだから、無駄じゃないよね。

私なら行かない。

と、本気で思っているし、そう伝えているけれど、多分なんの慰めにもならないんだろうな、とも思う。でも言い続ける。

ちなみに私は約束相手に遅刻されることをそう大きな問題と捉えません。もちろん次の予定が詰まっているとか、飛行機の時間に間に合わないなんていう事態になるならば多少焦りはするけれど、まあそれでもさっさと先に乗ってしまうでしょう。後から適当に来てね〜ってなもんですよ。

理由はなんであれ約束は守るべきだとか、遅刻されると自分の存在を尊重されていない気がして嫌だ、という意見もたまに聞くし、気持ちはわからなくもない。けれど、時間は守るけど信用はできない人間なんて山ほどいるし、相手が自分のことをどう思っているかなんて態度はどうであれどのみちわかりっこないのだから、細かいことはこの際気にしないのであります。

私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

面倒なことは考えない、臭いものには蓋的スタンスはシンプルかつお気楽ではありますが、決しておすすめできるものでも褒められるものでもないな、コミュニケーションに対する考えが軽薄すぎるな、と薄々気づき始めた5月末日。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

 




関連記事

毎日の暮らしに、楽しみがないから。

先日、ちょっとした打ち上げ的な機会を作っていただきまして。 関連 ブログ書籍化の経緯、

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつもずっと放置しておりましてね。

記事を読む

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けています。おばさん権を行使せよ。

記事を読む

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

奥さん、8月です。 8月。なんかもう、切ないです。夏は大好きな季節なので願わくば夏・フ

記事を読む

セブ島ジプニー

退屈な休暇の過ごし方。

今年は夏休みを取ろうと決めていました。 とは言ってもお勤めもしておらず時間の拘束もない

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

年が明けて、またひとり。

年末は帰省ついでにあちこち遊びに出かけて、ついでに食べたり飲んだりももちろん盛り込んで、忙

記事を読む

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑