メモのちからと超スピード文章術。

公開日: : ブログ運営, 読書

sarushima_124

奥さん、9月です。

今年も残すところあと120日となりました。

ってどうする、どうします?私がいくらのんびりやさんとはいえ、さすがに焦ってきましたよ。2018年内にやりたいこと、やるべきこと、まだまだあるのにあと120日。

焦るなら、なぜちんたらとブログなど書いているのだという話ですが、それはさておき、月初の定期ポストです。



2018年8月度の閲覧数TOP3

tainandog6

1. 2018年後半の運勢はいかに?今年下半期の運勢を無料で占う

 

春の初めのコーディネイト

2. 40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

 

浜松町駅から東京タワー

3. 40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

 
いつもと顔ぶれが異なりますが、原因はわかっております。8月初めにGoogleのアルゴリズムが大きく変動したからです。

ここ数年読まれる記事が固定されていたのでGoogle先生がわざわざ気を利かせて、マンネリ化防止のアルゴリズムアップデートに踏み切って下さったのでしょうね。絶対違いますね。

ブログを書いて日々練習している

さて、先日文章の書き方について改めて考えると言いました。

ブログとリズムとボキャブラリ。

他の文章は別として、ブログに関して言えばほぼリズムだけで乗り切ろうとしている自分を反省したのであります。

そこで最近は練習を兼ねて、ブログの書き方を少しだけ変えています。これまでは基本的に何も考えずに頭からお尻までガーッと書いてハイ終了、というパターンだったので、新たに骨組みから構築して肉付けしていく方式も採用。

最近やけに映画や海外ドラマネタを書いているのもこの試みの一環なのです。映画や本、なんらかのアイテムを紹介するための文章って必要最低限の構成力が必要になるので、いい練習材料になるかなと。

英語の勉強に役立たない海外ドラマ。

まだ慣れないのでまごつくことはあっても、定着したらサクサク書けるようになるのではないかと期待しております。もちろん、ブログ以外の文章もね。

メモを取ってはいけない理由

ロルバーンノート 使い方

昔勤めていた会社の上司がメモを許さない人でした。

取材はもちろん、会議やミーティング、何らかのレクチャーを受ける時にメモを取るように指導されるのはよくあることですが、反対にメモを取るなとはこれ如何に。曰く、

「メモを取る奴は記録しているという安心感から真剣に話を聞いたり、その場で覚えようとしたりしない。よって、メモを取るという行為は仕事に対して軟弱な証拠!」

うわあ、まさかのトンデモ理論、体育会系のノリ怖いわ。と、当時は思ったものですが、恐らくこの方が常識を逸する記憶力の持ち主だったからこその言い分だったのでしょう。知らんけど。

そういやとある取引先の男性も

「メモ取る奴の意味がわからん。メモなんて書いても、後から見返すタイミングないでしょ?」

と言っていたっけ。それは何をメモするかにもよるのでは。と、当時は思ったものですが、恐らくこの方が常識を逸する(以下略)。

いやいやいや。ごく一部の超人さん以外、一般人にはメモ、めちゃくちゃ大事じゃないですかね。人間の記憶力なんて大したことないですよ。

10倍早く書ける 超スピード文章術

new-ipod

人間の記憶力ほどアテにならないものはない。これは後学のために読んだ「10倍速く書ける 超スピード文章術」にも書いてありました。

文章を構成するのに必要なのは「素材」であり、流麗な言い回しではない。よって、どんな内容を誰に向かって書くかを明確にし、それに必要な素材を集めるために、記憶に頼らずメモを徹底活用すべきであると、著者の上坂徹さんは言う。

私もそう思います。

人の脳は忘れるようにできているし、だからこそどうにかやっていける。

忘れることのありがたさ。

そして私の忘れっぽさは一般成人の平均値を遥かに上回るレベルにあると自負している。やるべきことはおろか、自発的にやりたいことすら時間が経つと忘れ、さっき食べたいなと思ったものだって忘れる。

うれしいことたのしいこと、辛いことや悲しいことも全部忘れて今日も歌い踊っている。

そんな人間はメモを取るべきだし、メモをうまく活用すればよい方向へ変えられることもあるでしょう。見たもの聞いたものだけじゃなく、思いつきやアイデアを書きとめておくの、大事。大事ですよ、奥さん。

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

毎日のブログはなんとなく書き始めてまんまと迷子になり、それが楽しい場合もあるけれど、単にグダグダで終わる可能性の方が高い。個人的なブログなんて何を書こうと勝手。でも、せっかく続けるのならば日々進化していきたいよね。と、なんとなく前を向いたところで今月もカリッとした毎日。をよろしくお願いいたします。

 




関連記事

By: filipe ferreira

個人ブログの平均アクセス数は?なぜ書く?そしてなぜ止める?

By: Christian Schnettelker[/caption] 先日2014年に始

記事を読む

amenity.min

読んでも何も変わらない。「スタンフォードの自分を変える教室」。

部屋を整理していると、いろんなモノが発掘されます。 誰にでも 「続けるつもりで買

記事を読む

By: Mitchell Askelson

無駄のある暮らしは素晴らしい。

By: Mitchell Askelson[/caption] 奥さん、11月です。

記事を読む

setagaya_17

白のままでは生きられない 母衣への回帰 志村ふくみ展。東京散歩・世田谷区。

世田谷散歩の続きです。 関連 いらか道を砧公園、世田谷美術館へ。 東京散歩・世田谷区

記事を読む

By: fotologic

自分で仕事を作る方法、副業、複業、週末起業。

By: markus spiske[/caption] それなりの規模のきちんとした企業にお

記事を読む

chiyoda_sanpo_5

SNSでシェアされても読まれないブログの不思議。

奥さん、6月です。 6月ってアナタ。もういくつ寝ると2017年前半戦終了ってタイミング

記事を読む

By: Kalyan Chakravarthy

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

cebu-diary-02-3

ブログというツールの可能性と発展。

奥さん、師走です。 寒いのが苦手なので冬場は日本を脱走してどこか暖かい場所で過ごしたい

記事を読む

3 Howw Hostel at Sukhumvit 21

やめる怖さ。

飽きもせず毎日ブログを書き続けて早3年。 関連 ブログ開設3周年。今、初めて知る事実。

記事を読む

By: yoppy

続ける自信、やめる勇気。

By: yoppy[/caption] 奥さん、9月です。 勝手にこういうことしてもら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん
休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごは

code1
手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち

→もっと見る

PAGE TOP ↑