一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 生き方と考え方

spanishsky

なるほど、と思ったブログ記事をシェア。

多くの人は、「自分には新しいモノを手に入れる能力がないから、動くのに躊躇する」って言うけど、それは嘘だよね。そういう人は、「今、持っているものを手放すのが、ものすごく恐い」んです。だから動けない。
新しいモノを手に入れるなんて、今持っているモノを手放すのに比べたら、そんなに難しくない。むしろ簡単といえる。つまり持ってるものを手放すのは、それほどに難しい。

参考 社会から拒否されてホントーによかった(Chikirinの日記)

確かに、今あるモノを手放す行為は恐怖を感じるかもしれない。



みんなと同じ生活ができなければ不幸せ、か

昨日自分がどう生きたいのようやく最近わかり始めたと書きました。

確かに、私が所謂「人並みの幸せ」とやらを手に入れていたら、この人生において本当に成し遂げたい事柄について、そして手探りながらに40代にしてようやく具体化してきた理想の暮らしなど、大切なあれこれに思いを巡らせる隙すらなかったかも知れません。

そう考えると、今の「余りにも何も持っていない」生活はそう悪くもないのかも。

なんてことを公に口にすればすぐ「持っている」おじさんたちから

「独身女のやせがまんだ」

なんて言われてしまうのでおおっぴらに話す機会はそうそう多くはありません。

と言っても40代の独身女性という存在がさほど珍しくなくなってきたので、こういうことを大きな声で言うおじさまも随分と少なくなりましたね。

いや、今でも変わらず生息しているけれど、私の周りにはいないだけかしら?

非常に自分本位な考え方ではありますが、私が幸せならは他者の賛同を得られなくても構いません。

しかしながら、面倒なことが嫌いな私は

「一般的な幸せ論」

といういささかデリケートな話題を実社会で口にすることには多少なりとも気を使ってしまうのでした。

 




関連記事

ny_dt_34

考え方がコロコロ変わる迷惑な人。

長らくブログを続けていると、過去の記事にもコメントをいただくことがあります。先日も2014年

記事を読む

By: markus spiske

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

141014news

40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。 参考 SNAIL RAMP

記事を読む

By: Conal Gallagher

人生の停滞感が半端ない。

By: Conal Gallagher[/caption] どうにも落ち着きがないもので、自

記事を読む

ny_dt_44

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

room mate laura hotel_5

空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

相変わらずマドンナは人気です。 関連 70代ミニマリスト主婦の財布。 私が子供の

記事を読む

cebu-diary9_2

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

moalboal_2016_42

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

By: larbelaitz

成功体験は、作れる。

By: larbelaitz[/caption] 人間が自分の行動や能力に自信を持ったり、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑