2019年、買ってよかったものベスト3。

公開日: : ミニマルライフ

award

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

2018年、買ってよかったものベスト3。

昨年、2019年の1年間で新たに購入してよかったと思えるものは何だろう。しばらく考えていたのですが、本企画至上最強にしょうもないラインナップしか思いつきません。

つまり、たいした買い物をせぬまま幕を閉じた1年。それが私の2019年でありました。

2019年、買ってよかったものベスト3

3位 ストール

Yarnz_wool

買ってよかった、と言うとやや大げさな気もしますが、秋から私の防寒をサポートしてくれている、大切なアイテム。

新しいアイテムに頼る秋、コーディネートを記録する効果。

寒い時期を見越して早めにセールで調達しておいた代物ですが、正解だったなとしみじみ思うのであります。暖冬とはいえ、もうしばらくお世話になります、頼ります。

2位 ケース類

setting

春のベトナム旅行のタイミングで、カメラとパソコンのケースを新調しました。

買わない生活の清々しさとルールブック。

これまた買ってよかったというほどのものではないけれど、特にPCバックに関してはこれ以降毎日愛用しており、アダプタやケーブル類もまるっと収納できるようになったことから、鞄の中がすっきりした。というハッキリとした変化があったのです。

導入したことで、すっきりしたとか作業効率がよくなった、なんて目に見える効果が得られたものは、どんな些細なアイテムであれ本アワードを受賞する権利があるでしょう。

1位 メガネ

new-glass

いろいろ考えたんですけどね、2019年はメガネかなと。

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

先ほどPCバックのくだりでも申し上げましたが、大きさや価格に関わらず、導入することによってよい変化が得られたものが「いい買い物」であるとすれば、やっぱりこれがナンバーワン。遠くが見えない、近くがぼやける、おまけに疲労感半端ないという三大ストレスを綺麗さっぱり消し去ってくれた功労者なのですから。

久しぶりのメガネがあまりにもラクすぎて、コンタクトにめっきり手が伸びなくなってしまったというデメリットはあるものの、やっぱり使い勝手のいい度数のメガネは1本必要だなと痛感した2019年でありました。

お買い物アワード、2020年の行方

年々「ショッピング」に対する興味関心が薄れつつある証拠でしょうか。買い物記録をつけ始めた2015年こそMacBookなどそれなりに派手な買い物をしていたけれど、年々様子がおかしくなっていく感のある本アワード。

2017年 買ってよかったものベスト3。

2016年、買ってよかったものベスト3。

2015年、買ってよかったものベスト3。

4位以降で思いつくものも、オックスフォードシューズとか、外付けHDDなど、まるで参考にならない代物ばかりであります。

しかし何度も繰り返しますが、買い物の良し悪しは自分の生活がその買い物によって便利になったとか、問題が解決したとか、潤ったといった効果によって判断すべきであり、価格や素敵さだけに注目するものではない。

そんな「ものはいいよう的ガイドライン」をここで改めて設定し、今後も本企画を生温く続行していく所存です。それではみなさま、また来年!

 




関連記事

部屋にモノが多くて困っています。

By: Ally Aubry[/caption] タイトル通りです。 なんだか部屋にあ

記事を読む

荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

使わないもののゆくえ、捨てられない切ない気持ち。

先延ばしにしていたSSL化を済ませてちょっといい気分。 関連 先延ばしを片付けた達

記事を読む

持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先日友人と話していて 「おまえは寒

記事を読む

思い出のモノを整理して、過去の自分と対峙する。

基本的に本や雑誌は読んだら処分しています。 私にとって必要なのはそれらから得られる知識

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

指先がパックリ割れる季節になりました。

乾燥! いやー、こうもいきなり寒くなるとかないませんな。乾いた女には厳しい季節がヒタヒ

記事を読む

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

来年からやめようと思っていること。

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑