まつのはこんぶ 花錦戸 をお取り寄せ。

公開日: : 最終更新日:2019/10/09 食べること

osakast.

年末、新幹線で大阪に到着してまず向かったのは梅田の阪急百貨店。

関西在住の両親に東京土産はもちろん持参していたのですが、大阪の百貨店に立ち寄った目的はお年賀としてこの塩昆布を調達するため。

まつのはこんぶ 花錦戸 パッケージ

花錦戸(はなにしきど)のまつのはこんぶ。
「両親に」とか言ってますが、実は「私の」大好物です。



大阪のおすすめ昆布 まつのはこんぶ すっぽん出汁で炊く贅沢

まつのはこんぶ 鼈の出汁がきいた贅沢な昆布

大阪江戸堀にある会席料理店が販売しているこの塩昆布、かなり厚みがある昆布をすっぽんの出汁で炊き上げたちょっと贅沢な一品。濃厚な旨みとピリッとくる山椒の風味が効いた塩昆布は白ご飯のお供にはもちろん、日本酒にもぴったりなのです。
同じシリーズでうめのかこんぶというのもあるのですが、そちらは食べたことがありません。いつもまつのはのほうを買っちゃう。

以前に比べて値上がりしたこともあり普通の塩昆布と比べるとかなり高級品の部類になりますが、それでも食べたい納得!の美味しさ。ふふふ。

とはいえ、家で白ご飯を食べない私が賞味期限内にまるっと一袋消費するのは難しい。
そこで「お年賀」といいつつおすそ分けを貰って帰ろう、などとこズルいことを考えて持参したのでした。

でも、久しぶりに食べたらやっぱり美味しかったので、帰りに自分用も買おう、そうしよう。

寒くなってからというものすっかり日本酒党なので、ごはんと食べなくても充分消費できそうだもんね。このままでも最高の日本酒のあてになるし、豆腐に乗せたり、クリームチーズとあわせても贅沢なおつまみになりますよ。
こういう高級品ってどうしてもこのまま大事に食べたい!と思ってしまうのですが、キャベツや白菜と一緒に揉んで浅漬けにしたり、細かく刻んでドレッシングに使ったりすれば、いつものレシピでもかなりレベルアップします。

参考 まつのはこんぶとキャベツで一品

参考 まつのはこんぶで和風ポテトサラダ

参考 甘い白菜、生でサラダに

なんだか突然料理上手になった気分。ぜひお試しを。

まつのはこんぶ・都内取扱店

新じゃがと新たまねぎの温サラダ献立

さて、このまつのはこんぶ、以前新宿の高島屋で買えた記憶があるのですが、今サイトを見たら掲載されていませんでした。もう取り扱いがなくなったのかな? 玉川高島屋のサイトには2015年1月現在掲載されていたのでこちらでは買えるのかも。

都内取扱店をご存知の方、情報お待ちしております。

※2016.4 追記
新宿、二子玉川、日本橋の高島屋「味百選」コーナーにて取り扱っているようです。

その他、通販なら高島屋のオンラインショップで購入可能。送料324円って結構良心的ですが、最近の百貨店系通販サイトはみんなこうなのかな。何かついでがあればいいけどわざわざまつのはこんぶだけを買いに出かけると考えたら交通費より送料のほうが安いかも。

花錦戸・まつのはこんぶ(高島屋オンライン)

送料無料になる瓶入りバージョンはお中元やお歳暮、ちょっとした贈り物にもおすすめ。昆布好き、ごはん好き、そして日本酒好きの方なら、きっと喜んでくれるはず!

ちなみに楽天やAmazonでも買えるようですが、なぜか異様な高値で販売されているのでおすすめしません。

海外に滞在するときもこの昆布を持参した私。でも、美味しい塩昆布や梅干には、やっぱり日本のお米が合うのよねえ…。
日本食最高!とかではなく(いや、もちろん和食大好きなんですが)、逆にタイ料理なんかには粘りの強い日本のお米よりパラッとしたお米が合うしねえ。まったく、うまくできてるわ。




関連記事

140920d3

豆腐の卵とじ、アンチョビかぼちゃなど5品で晩酌。

キッチンで晩ごはん準備をしている途中のこと。 窓から圧倒的な夕焼けが見えたので急いで部

記事を読む

春キャベツと豚肉の重ね蒸し献立

春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダ献立。

隙あらば蒸す。それが私の生き様です。 豚肉と重ねて蒸すと言えば白菜ですが、春キャベツも

記事を読む

141130d3

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

奈良漬 白菜と油揚げの味噌汁 新玉ねぎとトマトのサラダ 塩豚とキャベツの蒸し煮

塩豚とキャベツの蒸し煮、新玉ねぎとトマトのサラダ献立。

久しぶりの塩豚です。 塩豚料理を作るぞ、とわざわざ仕込んだのではなく、先日使いきれなか

記事を読む

チキンソテーサラダ

チキンソテーサラダ、スナップえんどうのオイルマリネ。

これからの晩酌メニューはグッと和食寄りになりそうです。 と言い放った舌の根も乾かぬうち

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

日本酒 つまみ

日本酒で晩酌献立 5/23 豚しゃぶ梅ポン酢、きのこ温奴。

休肝日を設定しようと決意したからなのかどうなのか、もしやこのまま酒を呑まない人生という選択も

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

soft-cream

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

Comment

  1. 坂井啓治 より:

    お土産に頂いたのですが、とても美味しいので、こちらも手土産用に求めたいのですが、横浜地区で販売している店の、電話番号号を教えてください。2160円は、「75gいり紙袋入り1こまたは2袋ですが?

    • crispy-life より:

      坂井啓治さん

      コメントありがとうございます。

      当方横浜で買い求めたことがありませんのではっきりとわかりませんが、横浜高島屋のサイトにまつのはこんぶの表記がありますのでお問い合わせされてはいかがでしょうか。

      横浜高島屋
      http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/ajihyakusen/
      (045) 311-5111

      >2160円は、「75gいり紙袋入り1こまたは2袋ですが?

      私が購入したのは紙袋包装の75g1袋で2160円でした。ご参考までに。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑