リサイクルショップに持ち込んで叱られた話。

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 ミニマルライフ, 捨てる

毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

関連 捨てたものリストと買ったもの

先月から減らす計画実施中につき、9月はここ最近では一番減った月となりました。

一応の目安は2割減、なのですが、どうだろう。

割とかさばるものを手放しているので体積比では2割くらい減るかもしれません。




9月1ヶ月で捨てたもの

キーボードカバー

160909lg

160910lg

履かない靴

掃除機はいるのかいらないのか

アイロンはいるのかいらないのか

炊飯器はいるのかいらないのか

OXO ケトル

おお、なんだかんだで結構捨てていました。

リサイクルショップに持ち込んで叱られる

処分を決めたもののうち、掃除機は壊れていたので粗大ごみに出したのですが、炊飯器、やかん、アイロンはリサイクルショップに持ち込みました。

そして、怒られた。

いや怒られたって別に怒鳴られたわけでもなんでもないんですが、心情的に叱られた感じです。

近所のリサイクルショップは冷蔵庫とか洗濯機とか炊飯器とか家電系が店頭にびっしり並んでおり、割と古めの型でも取り扱っているのを見ていたので、あらかじめオークションサイトやフリマアプリで値段がついていることを確認して持ち込んだわけですが。店主のお見立てでは

「こんなもん古すぎて値段なんかつかないよ」

とのこと。まあ換金目的ではないし値がつかないのはどちらでもよかったので

「そうなんだけど、まだ使えるものだから使ってくれる人がいればいいなあと思って」

とボソッと言ってしまった私。するとすかさず

「うちはそういう店じゃねえんだよ!」

と言われてしまいました。今日日粗大ごみを出すのも有料ですからね。売り物になりゃしないごみ同然のものをどんどん持ち込まれちゃあ腹も立つってものなのかもしれません。ボランティアじゃねえんだよ、と。そうだよねえ、と、わかっていつつもカチンときてしまった心の狭い私、

「そっか、じゃあ持って帰るわ」

とあっさり引き下がるフリをすると

「いや、まあ、別においてっても構わないんだよ?」

と手のひら返しする店主。
ううむ、これはどっちなんだろう。本当に迷惑だけどせっかく来てくれたのに申し訳ないと思ったのか、幸運にも売れたところで大した利益にもならないからできればタダで引き取りたい、ゆえにひと芝居打ったパターンか。

できれば捨てずに暮らしたい

いずれにしても引き取ってもらえるならこちらはありがたいので結局はそのままタダで置いてきました。オークションサイトに出していたら2~3,000円くらいにはなっただろうけどその手間をお店に託したと思えば全然OKです。オークション系の個人間でやり取りするアレ、なんかダメなんですよね。古着買取とかブックオフならなんとかいける感じです。

関連 不用品を買い取ってもらう

しかしなあ、江戸っ子怖い。一般的な標準語じゃなくて下町江戸っ子言葉みたいなのを話す人ってなんか怖いというか必要以上に冷たく感じてしまうのは私が関西人だからでしょうか。他地域の人からすると関西弁のほうが怖い印象があるかもしれませんが、チャキチャキ江戸っ子のおばちゃんの井戸端会議とか結構な怖さですよ。ねえ、怒ってんの?なんで?なんか気に障った?とか思っちゃう。

リサイクルショップの店主が生粋の江戸っ子かどうかは知りませんが、なんだか叱られた気分になってしょんぼりと帰路についたのでありました。

ミニマリストの持たない暮らし

まあ、アレだ。最近はリサイクルというよりも単に捨てたい人が多くて、あわよくば的に持ち込まれるパターンも多いだろうし、個人でやってるリサイクルショップは大変なのかもしれませんね。生意気言ってごめんよ店主。私も今回の捨てる計画が一段落したらできるだけ捨てずに暮らしたいです。

 






関連記事

key

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

ガラにもなく(?)ブログランキング的なものに登録しておりまして、おかげさまでそこから毎日たく

記事を読む

By: asenat29

あげたいもの、買いたいものと欲しいもの、喜ばれるものの間で。

年末はスペインで過ごした後、そのまま両親の家に向かいました。 「今スペインに来てるん

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

By: Roger H. Goun

持たない生活と年末大掃除 ’15

By: Christian Haugen[/caption] 師走です。大掃除の季節です。

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

By: THOR

洋服を捨てれば、減らせば、幸せになれるのか。

By: Francisco Anzola[/caption] たくさん洋服を持っていないとお

記事を読む

sportsshoes

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

By: Güldem Üstün

欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

旅先で何か素敵な出会いがあればケチらず迷わず手に入れます、と言っていた先月。 関連 旅

記事を読む

By: Joopey

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

By: Mike Kniec

12月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Mike Kniec[/caption] 新年2日目ですがまたまた定例ポストを。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

black-coat
40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕

青菜のナンプラー炒め献立
青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょ

minatoku6
誰も知らない、向こう側。

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死

手羽元と白菜の煮込み献立
手羽元と白菜の煮込み、ピーマンの塩昆布和え献立。

黒酢煮を作ろうと考えて、手羽元を仕入れる。 なのに夕方に

newbluebag
汚れた女が、驚きの早さで。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、

→もっと見る

PAGE TOP ↑