リサイクルショップに持ち込んで叱られた話。

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 ミニマルライフ, 捨てる

毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

関連 捨てたものリストと買ったもの

先月から減らす計画実施中につき、9月はここ最近では一番減った月となりました。

一応の目安は2割減、なのですが、どうだろう。

割とかさばるものを手放しているので体積比では2割くらい減るかもしれません。

9月1ヶ月で捨てたもの

キーボードカバー

160909lg

160910lg

履かない靴

掃除機はいるのかいらないのか

アイロンはいるのかいらないのか

炊飯器はいるのかいらないのか

OXO ケトル

おお、なんだかんだで結構捨てていました。

リサイクルショップに持ち込んで叱られる

処分を決めたもののうち、掃除機は壊れていたので粗大ごみに出したのですが、炊飯器、やかん、アイロンはリサイクルショップに持ち込みました。

そして、怒られた。

いや怒られたって別に怒鳴られたわけでもなんでもないんですが、心情的に叱られた感じです。

近所のリサイクルショップは冷蔵庫とか洗濯機とか炊飯器とか家電系が店頭にびっしり並んでおり、割と古めの型でも取り扱っているのを見ていたので、あらかじめオークションサイトやフリマアプリで値段がついていることを確認して持ち込んだわけですが。店主のお見立てでは

「こんなもん古すぎて値段なんかつかないよ」

とのこと。まあ換金目的ではないし値がつかないのはどちらでもよかったので

「そうなんだけど、まだ使えるものだから使ってくれる人がいればいいなあと思って」

とボソッと言ってしまった私。するとすかさず

「うちはそういう店じゃねえんだよ!」

と言われてしまいました。今日日粗大ごみを出すのも有料ですからね。売り物になりゃしないごみ同然のものをどんどん持ち込まれちゃあ腹も立つってものなのかもしれません。ボランティアじゃねえんだよ、と。そうだよねえ、と、わかっていつつもカチンときてしまった心の狭い私、

「そっか、じゃあ持って帰るわ」

とあっさり引き下がるフリをすると

「いや、まあ、別においてっても構わないんだよ?」

と手のひら返しする店主。
ううむ、これはどっちなんだろう。本当に迷惑だけどせっかく来てくれたのに申し訳ないと思ったのか、幸運にも売れたところで大した利益にもならないからできればタダで引き取りたい、ゆえにひと芝居打ったパターンか。

できれば捨てずに暮らしたい

いずれにしても引き取ってもらえるならこちらはありがたいので結局はそのままタダで置いてきました。オークションサイトに出していたら2~3,000円くらいにはなっただろうけどその手間をお店に託したと思えば全然OKです。オークション系の個人間でやり取りするアレ、なんかダメなんですよね。古着買取とかブックオフならなんとかいける感じです。

関連 不用品を買い取ってもらう

しかしなあ、江戸っ子怖い。一般的な標準語じゃなくて下町江戸っ子言葉みたいなのを話す人ってなんか怖いというか必要以上に冷たく感じてしまうのは私が関西人だからでしょうか。他地域の人からすると関西弁のほうが怖い印象があるかもしれませんが、チャキチャキ江戸っ子のおばちゃんの井戸端会議とか結構な怖さですよ。ねえ、怒ってんの?なんで?なんか気に障った?とか思っちゃう。

リサイクルショップの店主が生粋の江戸っ子かどうかは知りませんが、なんだか叱られた気分になってしょんぼりと帰路についたのでありました。

ミニマリストの持たない暮らし

まあ、アレだ。最近はリサイクルというよりも単に捨てたい人が多くて、あわよくば的に持ち込まれるパターンも多いだろうし、個人でやってるリサイクルショップは大変なのかもしれませんね。生意気言ってごめんよ店主。私も今回の捨てる計画が一段落したらできるだけ捨てずに暮らしたいです。

 




関連記事

リ・ファウンデーション オンライン買取査定額が確定した。

昨日、使わない香水についてリ・ファウンデーションでオンライン見積を依頼してみました。

記事を読む

行動せずに、見ただけで満足してしまう人。

先日某社より 「株主優待の申し込み期限が切れる前にお引き換えください」 なる案内

記事を読む

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる。

読もうと思って手元に置いている本がたまり始めたので、週末はおとなしく読書。 まず読んだのは

記事を読む

引っ越し後、荷物はどれくらい増えたのか。

前回引っ越してから2年が経過しました。 持たない暮らし、引越し作業は20分。 2

記事を読む

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

今日捨てたもの 大切なのは数か否か。

By: Craig Leontowicz[/caption] もしかすると今年最初の捨て記事か。

記事を読む

空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

相変わらずマドンナは人気です。 関連 70代ミニマリスト主婦の財布。 私が子供の

記事を読む

快適に過ごすせるシェアハウスの上手な選び方。

今の部屋に引っ越して数ヶ月経ち、シェアハウス暮らしにもすっかり慣れてきました。 もともとシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑