リサイクルショップに持ち込んで叱られた話。

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 ミニマルライフ, 捨てる

毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

関連 捨てたものリストと買ったもの

先月から減らす計画実施中につき、9月はここ最近では一番減った月となりました。

一応の目安は2割減、なのですが、どうだろう。

割とかさばるものを手放しているので体積比では2割くらい減るかもしれません。

9月1ヶ月で捨てたもの

キーボードカバー

160909lg

160910lg

履かない靴

掃除機はいるのかいらないのか

アイロンはいるのかいらないのか

炊飯器はいるのかいらないのか

OXO ケトル

おお、なんだかんだで結構捨てていました。

リサイクルショップに持ち込んで叱られる

処分を決めたもののうち、掃除機は壊れていたので粗大ごみに出したのですが、炊飯器、やかん、アイロンはリサイクルショップに持ち込みました。

そして、怒られた。

いや怒られたって別に怒鳴られたわけでもなんでもないんですが、心情的に叱られた感じです。

近所のリサイクルショップは冷蔵庫とか洗濯機とか炊飯器とか家電系が店頭にびっしり並んでおり、割と古めの型でも取り扱っているのを見ていたので、あらかじめオークションサイトやフリマアプリで値段がついていることを確認して持ち込んだわけですが。店主のお見立てでは

「こんなもん古すぎて値段なんかつかないよ」

とのこと。まあ換金目的ではないし値がつかないのはどちらでもよかったので

「そうなんだけど、まだ使えるものだから使ってくれる人がいればいいなあと思って」

とボソッと言ってしまった私。するとすかさず

「うちはそういう店じゃねえんだよ!」

と言われてしまいました。今日日粗大ごみを出すのも有料ですからね。売り物になりゃしないごみ同然のものをどんどん持ち込まれちゃあ腹も立つってものなのかもしれません。ボランティアじゃねえんだよ、と。そうだよねえ、と、わかっていつつもカチンときてしまった心の狭い私、

「そっか、じゃあ持って帰るわ」

とあっさり引き下がるフリをすると

「いや、まあ、別においてっても構わないんだよ?」

と手のひら返しする店主。
ううむ、これはどっちなんだろう。本当に迷惑だけどせっかく来てくれたのに申し訳ないと思ったのか、幸運にも売れたところで大した利益にもならないからできればタダで引き取りたい、ゆえにひと芝居打ったパターンか。

できれば捨てずに暮らしたい

いずれにしても引き取ってもらえるならこちらはありがたいので結局はそのままタダで置いてきました。オークションサイトに出していたら2~3,000円くらいにはなっただろうけどその手間をお店に託したと思えば全然OKです。オークション系の個人間でやり取りするアレ、なんかダメなんですよね。古着買取とかブックオフならなんとかいける感じです。

関連 不用品を買い取ってもらう

しかしなあ、江戸っ子怖い。一般的な標準語じゃなくて下町江戸っ子言葉みたいなのを話す人ってなんか怖いというか必要以上に冷たく感じてしまうのは私が関西人だからでしょうか。他地域の人からすると関西弁のほうが怖い印象があるかもしれませんが、チャキチャキ江戸っ子のおばちゃんの井戸端会議とか結構な怖さですよ。ねえ、怒ってんの?なんで?なんか気に障った?とか思っちゃう。

リサイクルショップの店主が生粋の江戸っ子かどうかは知りませんが、なんだか叱られた気分になってしょんぼりと帰路についたのでありました。

ミニマリストの持たない暮らし

まあ、アレだ。最近はリサイクルというよりも単に捨てたい人が多くて、あわよくば的に持ち込まれるパターンも多いだろうし、個人でやってるリサイクルショップは大変なのかもしれませんね。生意気言ってごめんよ店主。私も今回の捨てる計画が一段落したらできるだけ捨てずに暮らしたいです。

 




関連記事

イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来の意味での忙しさではなく、なん

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

早く乾くと少なくてすむ。速乾性って結構大事。

By: Adam Selwood[/caption] 先日新調したタオルの話。 参考 フェイス

記事を読む

持たない暮らし、友達と一緒に買い物に行ったらどうする?

By: David Evers[/caption] 自分は必要なものしか買いたくないが、友達と一

記事を読む

100均に寄り付かない人間がまとめ買いしたもの。

ものを増やさずにシンプルに暮らしたい。そう考える人にとって、100均は危険な場所でしかない

記事を読む

どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

来る夏が不安になるほどにとんでもなく日当たりのいいベランダで湯たんぽを乾かす。 関連

記事を読む

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目にする今日この頃。 「時期

記事を読む

収納がない部屋だからできる 地球家族ごっこ。

ようやく音楽CDのデータ化にも着手(まだ終わってないけど)し、順調にモノが減っています。

記事を読む

数字が示す真実と、理解しない適当さ。

体感としてなんとなく予想はついていても、実際の数値を示されると俄然現実味が帯びてくる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの晩酌
50代一人暮らしの晩酌事情。

100年ぶりの晩酌記事です。長年しつこく書き続けていた晩酌記

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

→もっと見る

PAGE TOP ↑