宝物をいくつ持っているか。

公開日: : 最終更新日:2017/05/02 ミニマルライフ

雨の日にはなんだか部屋の中が狭く思えてまだまだモノが多いな、と感じてしまいます。

なんでしょう。部屋が暗くなるのが原因なのでしょうか。

今日もそんな風に全財産を眺めながら

「この中で一番大切なモノって何なんだろう」

などと考えていました。




モノと距離を置いた経験

以前「365日のシンプルライフ」という映画について書きました。

参考 「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

これは自分の持ち物をすべて倉庫に預けて必要なものを毎日1つづつ取り戻していく実験をする男性のドキュメンタリー。

状況はかなり違いますが、私もスーツケース1つ分の持ち物以外は全てトランクルームに預けたまま過ごしていた経験があります。

毎日当たり前のように共に過ごしていたモノと離れて暮らす。

家財道具一式をトランクルームに運び込んで鍵を閉める時、なんともいえない不安を感じたことを覚えています。大丈夫?こんなにちょっとの荷物しか持たないで生活できるの?と。

参考 トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

結局その時にトランクルームに置き去りにした荷物たちとはしばらく再会することなく時は過ぎましたが

「あああ、やっぱりあれを持ってくればよかった!」

と後悔したことは一度もありませんでした。

一時帰国した際にはいそいそと自分の荷物たちに会いにトランクルームへ向かったのですが、結局これといって取り出すものもなく、また鍵を閉める、という行為を何度も繰り返しました。それでも自分の愛用品との再会自体はとても嬉しいものだったのも事実です。

が、結局数十万円という費用をかけて保管し続けた家財道具を、トランクルームを解約すると同時に殆ど処分してしまいました。

まさに「モノのために家賃を払っていた」状態だったわけです。

少々勿体無い出費ではありますが、この経験がモノと自分との関係を改めて考え直すきっかけになったのですから、結果的にはいい勉強になりました。

宝物はなんですか

さて話は戻って。

「自分にとって一番大切なモノは何か」

と考えてみても、悲しいかな結局は何も浮かびませんでした。

現実問題として洋服がなければ外に出られないし、パソコンがなければ仕事ができないし、時計やアクセサリーなどの少々お高かったものもあるにはあるのですが、いずれも必需品や貴重品ではあっても「宝物」と呼べるような代物ではない。

以前は大切にしているモノについて

「これがないと生きていけない!」

なんて軽々しく口にするようなこともあった気がするけれど、どんどんモノを減らした今となっては、もしも全てがなくなったとしてもまあなんとかなるんじゃないかしら、と思うようになりました。

モノがなくても私の人生自体は変わらない。

そう思えるのはモノや外部環境に依存せずに人生を切り開いていきたいという考えがあるからこそで、とてもいい変化であると感じると同時に、少々寂しくもあります。

「宝物」

その甘美な響き、淡い憧れ。

なんとなくとか間に合わせの買い物を全くしなくなった今となっては、新しく迎え入れるモノは本当に気に入ったものばかりになるはずだし、そうあって欲しい。

モノか自分の最期まで、ずっと共に生きていこう。

モノに依存せずともそんな風に思える「何か」との出会いがあるならば、それはそれで楽しいな。あれこれ持たずに必要最小限で身軽に生きていきたいと思っているだけで、「モノ」自体を嫌悪しているわけではありませんからね。

 






関連記事

NB

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

ネズミ履きができるスニーカーはいねがーとアンテナを張り巡らせること数週間。 靴とパンツ

記事を読む

By: photosteve101

ブログを毎日書く理由と目的、メリットは?

By: Bart Everson[/caption] ここのところ毎日時間を取ってオンライン

記事を読む

Taichung-hotel-10

モノがなく、愛もない部屋で。

親密な付き合いにある友人はさほど多くないので、頻繁に人の家に出入りする機会はない。でも、皆無

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

今日捨てたもの

ポケットにものを詰め込みがちな女。

凍えそうな両手を突っ込みながら、あれえ、なんかやたらもぞもぞするなあと思い、帰宅後に確認。

記事を読む

By: Kalyan Chakravarthy

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

By: Sascha Erni, .rb

持たない暮らしの年末大掃除 ’16。

By: tribp[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

記事を読む

moving

持たない暮らし。引越し費用は安くつく?

先日現在所有している一番大きなものは何かについて書きました。 参考 持ち物の中で、一番

記事を読む

140819lg2.min

今日捨てたもの 8/19 一人暮らしのタッパー適正数。

8月は毎日何かひとつづつ手放す月間と決め、毎日実行しています。 月半ばあたりには捨てる

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

再びきっちり測って、実物を店頭で確認し吟味して、ようや新たな収納具を購入。 関連 優柔

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑