買わない生活の清々しさとルールブック。

公開日: : 最終更新日:2019/04/19 ミニマルライフ, 旅人への道

smb1709_2

買い物好き、買い物上手な人は、買い物に時間をかけるのでしょうか。それとも、即決即断即購入、以外に短期決戦なのでしょうか。

根っからの優柔不断体質なもので、最近は益々買い物が苦手になってきました。例えば。

旅の荷物 普段使いのナイロントートで1週間の旅。

方向性は決まったが、準備すべきものがある。



買わない生活の清々しさ

NY_tips_12

旅に備えて、そしていいタイミングでもあるので、カバー類を新調しました。

迷った挙句選んだPCバッグとカメラケース。パソコンはずっとシェルカバーを使っていたのだけれど、3年半に渡るヘビーユースで劣化が激しくなっていたし、カメラバッグに至ってはなんと12年もの。カメラを買ってから一度たりとも交換したことがなかったので、一応「カバー」の役割は果たせているものの、ビジュアルは恐ろしい状態になっておりました。

無精者ゆえ、この手の備品類は壊滅的ダメージが生じないとなかなか買い換えないのだけれど、もうビジュアルが壊滅的。パソコンもカメラも常日頃からかなりお世話になっているアイテムだし、ここらで衣替えしていただいてもバチは当たるまいと判断いたしました。

たったこれだけの買い物に、実は一度失敗しております。

11.6インチにジャストサイズ、インナーバッグとしても使えるコンパクトなものがいいと張り切って購入したそれは、あまりにタイトな作り過ぎて、本体しか入らない。パツパツ過ぎて何も入れることができないポケットがたくさんついている不思議構造。PCバッグのポケットたるもの、電源アダプターやらモバイルwifiやら、細々したアイテムを収納できて当然と思い込んでいた私が浅はかでした。

浅はかな買い物が生んだ、返品の手間。こういうことがあると、買わない生活って何かと楽だよなあと思いますね。

必要なのは、ルールブック

setagaya_22

旅行用にあれこれ新調いたしましょう。が楽しく感じられるならいいけれど、手間だなあと思うなら旅のための買い物はしないと決めてしまったほうがいっそ潔い。

旅の準備のコンセプト。

とはいえ面倒ごとは全部やらないとばかりにバッサリ切り捨てられるものでもないし、買わないとか持たないが正義ではない。あると便利なのはやはり「ルールブック」なのだろうと思うのです。

年がら年中優柔不断を爆発させている私ではありますが、クレジットカードは今以上に増やさないと決めているので、カード界隈で悩む必要は全くない。そりゃポイント還元率50%のカードとかあったらさすがに考えるけど、さすがにないし。

クレジットカードは何枚必要か。

これはするけど、あれはやらない。そんなルールが決まっていさえすれば、それなりに脳のリソースを消費する取捨選択作業から解放される…って、ものすごく当たり前の話をしています。そして、きっと誰しもマイルールを無意識にでも作り、日々アップデートし続けているのでしょう。

まあとにかく、今回の新調劇でPCとカメラ周りの諸々がまるっと収まりました。結果、これまた年季が入りつつあるバッグインバッグが空いたので、これをコスメポーチにしてコンパクトに荷造ってやろうと企んでいます。




関連記事

By: Joe Shlabotnik

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

By: Steve Snodgrass

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

By: Jeremy Choo

持たない暮らし、友達と一緒に買い物に行ったらどうする?

By: David Evers[/caption] 自分は必要なものしか買いたくないが、友達

記事を読む

By: Luis Villa del Campo

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

sandtimer

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変

記事を読む

hyoutan

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

takamatsu_126

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

arakawa47
なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分

saigon_q_apartment_39
旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまと

ゴーヤと豚の味噌炒め
ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました

→もっと見る

PAGE TOP ↑