お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 ミニマルライフ, 生き方と考え方




何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし、食事は極めて粗食だし、だからでしょうか。
最近「お金を使わない生活」や「節約」の情報を求めてたどり着く方が増えたような気がします。

が、ごめんなさい。
節約に関する具体的なヒントやテクニックはここにはないかもしれません。
なぜなら、本人が節約している気があんまりないからです。

確かに以前に比べて支出はぐっと減っていますが、私がモノを持たないのは身軽に暮らしたいからであって、直接的な節約が目的ではありません。

え、そんなの一緒でしょ、って?
うーん、一緒なんですかね。

誌面狭しと美魔女が舞い踊るアラフォー向けファッション誌を見ればわかるように、世の中には未だバブルの残り香をまとった40代も少なくはありません。よって、特に若い人の目に私の暮らしは40代らしからぬ質素な生活に映るのでしょうか(憶測)。

嫌儲主義者ではありません

さて、これまでもお金にまつわる記事をあれこれ書いています。

参考 お金と自由と持たない暮らし。

参考 「もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは」

こういうことを書いているとお金を稼ぐことに否定的な所謂「嫌儲主義」なのかと思われそうですが、ぜーんぜんそんなことはありません。

だって楽しいじゃないですか、仕事も、お金儲けも。

今でこそこんな感じですが、私は30代までは人一倍金銭に執着があるタイプでした。年収をいかにしてあげるかだけに注力して生きていた、と言ってもいいかもしれません。その数字こそが自分の価値だと思っていたところすらあります。

それがここ数年で、目指すところが「お金を得ること」そのものから、もっと違うものに移行したのは事実。

40を過ぎてようやく「世間でよしとされているライフスタイル」を追い求めるのではなく「自分が本当に実現したいことは何だろう」と考えるようになっただけの話です。

え、遅い?
ですよねー。

節約目的ではないけれど、無駄なお金は使いたくない

倹約目的で持たない暮らしをしているわけではありませんが、モノを増やしたくないという意識が強くなってからは「なんとなく」の買い物をすることがなくなりました。

そして、無駄なことには小さなお金でも使いたくないと思うようにも。
なぜなら本当にやりたいこと、欲しいもののためにリソースを全力で注ぎたいから。

「無駄」とは、例えば以前ならなんとなく乗っていたタクシー(歩け)や、本当は行きたくない食事会(断れ)、別に欲しくもないのに安く手に入れたという「お得感」を感じたいがためにセールで買う洋服(着ないくせに)などでしょうか。

あくまでも、私にとっては、ですが。

生活をシンプルにすればするほど、自分が何を大切にしたいのか、人生の優先順位は何なのかが見えてくるようになります。すると、以前のように「なんとなく」お金や時間を消費することはなくなります。そういう意味ではモノを持たない暮らしは間接的な節約にはつながるかもしれません。

が、残念ながら具体的な倹約方法とか、効率のよいTポイントの貯め方とか、光熱費を抑える裏技とかそういうのには本当に疎いので期待しないで下さい。

…細かい日々の節約よりも、生活そのものをシンプルにするほうが簡単に支出を減らせるのは事実、ですけどね。

 




関連記事

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

私の知らないやすりの世界。

ガラス製の爪やすりを買いました。 生まれつきだかどうだかは定かではありませんが、何しろ

記事を読む

おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分のことがよくわかっていない人。

記事を読む

家庭内調整と根回しと酒と薔薇の日々。

15分遅れる、というメッセージを受信し、はい了解と返信して耳に挿す。 続ける方法 とり

記事を読む

逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメントを添えて知人が紹介していた

記事を読む

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。

羽田発、JALの深夜便を使い、現地時間の朝5時過ぎに、ベトナム・タンソンニャット空港に到着し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑