お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 ミニマルライフ, 生き方と考え方

何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし、食事は極めて粗食だし、だからでしょうか。
最近「お金を使わない生活」や「節約」の情報を求めてたどり着く方が増えたような気がします。

が、ごめんなさい。
節約に関する具体的なヒントやテクニックはここにはないかもしれません。
なぜなら、本人が節約している気があんまりないからです。

確かに以前に比べて支出はぐっと減っていますが、私がモノを持たないのは身軽に暮らしたいからであって、直接的な節約が目的ではありません。

え、そんなの一緒でしょ、って?
うーん、一緒なんですかね。

誌面狭しと美魔女が舞い踊るアラフォー向けファッション誌を見ればわかるように、世の中には未だバブルの残り香をまとった40代も少なくはありません。よって、特に若い人の目に私の暮らしは40代らしからぬ質素な生活に映るのでしょうか(憶測)。



嫌儲主義者ではありません

さて、これまでもお金にまつわる記事をあれこれ書いています。

参考 お金と自由と持たない暮らし。

参考 「もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは」

こういうことを書いているとお金を稼ぐことに否定的な所謂「嫌儲主義」なのかと思われそうですが、ぜーんぜんそんなことはありません。

だって楽しいじゃないですか、仕事も、お金儲けも。

今でこそこんな感じですが、私は30代までは人一倍金銭に執着があるタイプでした。年収をいかにしてあげるかだけに注力して生きていた、と言ってもいいかもしれません。その数字こそが自分の価値だと思っていたところすらあります。

それがここ数年で、目指すところが「お金を得ること」そのものから、もっと違うものに移行したのは事実。

40を過ぎてようやく「世間でよしとされているライフスタイル」を追い求めるのではなく「自分が本当に実現したいことは何だろう」と考えるようになっただけの話です。

え、遅い?
ですよねー。

節約目的ではないけれど、無駄なお金は使いたくない

倹約目的で持たない暮らしをしているわけではありませんが、モノを増やしたくないという意識が強くなってからは「なんとなく」の買い物をすることがなくなりました。

そして、無駄なことには小さなお金でも使いたくないと思うようにも。
なぜなら本当にやりたいこと、欲しいもののためにリソースを全力で注ぎたいから。

「無駄」とは、例えば以前ならなんとなく乗っていたタクシー(歩け)や、本当は行きたくない食事会(断れ)、別に欲しくもないのに安く手に入れたという「お得感」を感じたいがためにセールで買う洋服(着ないくせに)などでしょうか。

あくまでも、私にとっては、ですが。

生活をシンプルにすればするほど、自分が何を大切にしたいのか、人生の優先順位は何なのかが見えてくるようになります。すると、以前のように「なんとなく」お金や時間を消費することはなくなります。そういう意味ではモノを持たない暮らしは間接的な節約にはつながるかもしれません。

が、残念ながら具体的な倹約方法とか、効率のよいTポイントの貯め方とか、光熱費を抑える裏技とかそういうのには本当に疎いので期待しないで下さい。

…細かい日々の節約よりも、生活そのものをシンプルにするほうが簡単に支出を減らせるのは事実、ですけどね。

 




関連記事

By: John Benson

持たない暮らし、放浪癖と引越し事情。

By: yoppy[/caption] 先日友人と住まいについて話していて気がついたのですが

記事を読む

By: Hey Paul Studios

本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

まだ後半を書いていませんが。 参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

記事を読む

By: Wonderlane

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

NY_upsndmid_16

ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い時間やってましたよね、なんだか

記事を読む

aloegel

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

cebu-esl-1w6

激しい朝活、AM6:00が限界説。

いきなりやってきた酷暑に体内時計が反乱を起こしたのかなんなのか、起床時間がどんどん前のめりに

記事を読む

By: jsnsndr

今日捨てたもの 9/30 寿命が尽きて、必要性を考える。

By: jsnsndr[/caption] 不要なもの、使わないものはほぼほぼなくなった我が

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

By: www.Michie.ru

実家の片付け、まずは主役は誰なのかを定義する。

By: daveynin[/caption] 週末の朝、いつものカフェに出かけたら、たまたま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きかぶ
冬限定の定番道具、これでよかった。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑