最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ミニマルライフ, 食べること

kitchenequipments

モノを持たない暮らしをしている方の中には自炊を一切しない「食のアウトソーシング」を徹底している人もいるようです。

関連 1人暮らしで自炊することにメリットはあるのか?

その理由はやはり「モノを増やしたくないから」なのでしょう。自炊をするとなるとどうしても調味料や調理器具などを持たざるを得ません。

確かに調味料や調理器具など一から全てを揃えるとなるとちょっと億劫になってしまうのもわかります。が、実はあれもこれもわざわざ揃えなくても自炊は可能なんです。




 

シンプルに暮らしたい人の自炊方法

毎回恨み言のように書いて恐縮ですが、かなり記事数が多いにもかかわらず圧倒的低人気を誇るのが料理記事です。
ミニマルライフや美容、ファッションに関する話題のほうが断然好まれているのは数字で明確に現れているのですが、中にはコアな料理記事読者の方もいらっしゃいます。嘘じゃないよ。

料理、というか家飲みは私の数少ないお楽しみの一つなので、今後もここを切り捨てるつもりはありません。
当然料理は嫌いではないですが、旬の素材になるべく手をかけずに美味しく食べたいと考えているので、時間のかかる凝った料理を作ったり珍しい調理法を試したりするタイプの料理好きではないのです。

関連 一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

もちろん、使う調味料も調理器具もシンプル。

そこで今日はキッチンをもっとシンプルにしたい、春からの一人暮らしに必要なものを知りたい、外食生活に飽きたのでそろそろ自炊にシフトしたい、という方のための「最低限」の調味料と調理器具をまとめてみます。

 

これさえあれば!最低限の調味料

1軍・最も基本的な調味料8選

  • 胡椒
  • しょうゆ
  • みりん(or めんつゆ)
  • サラダ油
  • ごま油

基本の塩は料理ごとにあれこれ使い分けるのも楽しいですが、今回のテーマは必要最低限の調味料。特別なものは必要ないですが、できれば天然塩を選びましょう。

 

下拵え用以外にパラリと振りかけて食感も楽しめるようなちょっといい塩も揃えておきたいな、という場合は粗塩を。

 

サラダや焼き野菜にはもちろん、焼き魚などにも使えます。

胡椒はあらびきブラックペッパーでやり過ごせます。理想はホールをミルで挽くタイプ。挽きたてだと香りがいいし、煮込み料理にはホールのまま使えるので便利。

 

しょうゆは濃口、薄口がそろっているのが理想ですが、これは出身地によって好みが分かれるところですね。

美味しいこだわり醤油は数あれど、一人暮らしかつ料理初心者さんにとってはこのシリーズがなんだかんだで便利かと。もっと大容量でお安いものがたくさんありますが、醤油って開封した後は結構なスピードで酸化してしまうので、慣れるまでは小さいサイズを選んだほうがいいです。実際自炊してみたら塩味好きで醤油あんまり使わなかった、なんてこともありますからね。自分の醤油使用頻度を見極めるまでは欲張らずに美味しいまま使いきれるサイズを選びましょう。

 

酢も普通の米酢があれば十分です。酢って地味な存在だけど酢の物はもちろんドレッシング、煮物などにも活躍します。

 

酒は料理酒ではなく清酒を。普段は料理用にパックのお安い清酒を買うことが多いですが、ちょっと贅沢にする時は呑む酒を料理にも使っちゃうことも。常夜鍋とかね。

 

そして個人的に絶対に欠かせないのがごま油。めちゃくちゃお世話になっています。いろんなブランドがありますが、なぜか昔から「かどや」一拓、浮気ナシです。日本国内であればどこでも気軽に入手できるのがポイント高いですよね。

 

参考 ごま油を使ったレシピ

 

以前はサラダ油を使っていましたが、最近香りのいらない料理の油は太白ごま油に変えました。

 

馴染み深い褐色のごま油は焙煎したゴマから、この太白ごま油は生のゴマから精製される油。原料は同じゴマなので、太白ごま油も酸化しにくくゴマの栄養価も含まれる優秀なオイル。癖のない油は炒めものやお菓子作りまで幅広く使えるので健康を気遣うならオススメです。

毎日の食事作りを手早く用意を済ませたいなら8つの中からみりんをアウトでめんつゆをイン、のラインアップがおすすめ。あまり料理が得意じゃない料理初心者さんにも、ぴたりと味が決まるめんつゆは心強い味方です。

 

※追記 みりんと両方必要になってしまいますが、だしを取るのが面倒ならだし醤油という手も。

 

参考 めんつゆを使った料理レシピ

 

凝った料理には手を出さず、材料にちょっと手を加える程度なら以上の調味料があればとりあえずは大丈夫。煮物、和え物、漬物、酢の物、炒め物、などなど、これだけでも結構戦えます。

あれ?なんか抜けてない?と思った方も多数おられるかと思いますが、その理由は後述するとして以下続きます。

 

2軍・さらにレパートリーが広がる調味料

  • ポン酢
  • 味噌
  • オリーブオイル

1軍にプラスすれば料理のバリエーションがグッと広がる調味料たちです。

ポン酢は一軍にしてもいいくらいの活躍っぷりですよね。
そのまま素材にかけて使える調味料なので、なるべく美味しいものを選びたいところです。

 

私は家でご飯を炊かないので現時点では味噌を常備していないですが、ご飯にはやっぱり味噌汁だよね!という場合は味噌も必須。最近はインスタントでも美味しいものがありますが、具沢山の味噌汁は立派なおかずになるのでせっかく自炊するなら作りましょう。
こだわりの高級味噌もあれこれ出ていますが、家飯にはこれで十分。

 

すごく好きな和食店の大将に「家で使うならタケヤ味噌が一番!」と教えてもらってからずっと使っていたタケヤ味噌。こういう普通に買えるもので作る家飯っていうのがまたいいんですよ。

普通の味噌と比べるとややお高めだけどこちらも美味。

尖った塩っぱさのないマイルドな味噌汁が楽しめます。味噌には気合入れたい派にはおすすめ。

家飯でも和食ばっかりじゃな~という場合はオリーブオイルを投入したいですね。一人暮らしの強い味方、パスタもこれさえあればなんとかできます。特別なものじゃなくてもいいけど、やはりエキストラバージンを選ぶべし。

 






関連記事

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

blackshirts

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

かれいの煮付け

カレイの煮付け、空芯菜のおひたしで晩酌。

友人と美味い魚でも食べに行こうという話をしていてどこがいいかなとあれこれ考える日中。

記事を読む

travel15115

旅の持ち物リスト、最小限、冬、1週間。

By: Loco Steve[/caption] 前回2週間の旅の荷物を備忘録的に書いておき

記事を読む

By: Luis Villa del Campo

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

deskcafetime

減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。 仕事はもちろん、人生のあ

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

By: Andrea Rinaldi

金属音が響き渡る靴、ヒールのかかとは早めに直したほうがいい。

By: Theresa Thompson[/caption] モノは少ないけれど物持ちはいい

記事を読む

italyvage

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出

記事を読む

山芋レシピ

豚肉と長芋の梅和え、葱のスープ献立。

相変わらず野菜の価格にビビっているわけですが、長芋がいい感じのサイズで売られていたので入手。

記事を読む

Comment

  1. 本多メグ より:

    始めまして、メグと申します。
    ブログ村で見つけて、楽しく拝見しています(^^)
    力の入った記事ですね!
    私は調味料については、2軍のポン酢は
    あまり使っていませんでしたが
    この記事を見て常備しようかなと思いました。

    ミニマリストで、料理の記事を書く人が少ないですが
    私も、料理が好きなので
    人気が無くても、つい料理ネタを入れてしまいます(笑
    これからも楽しみにしていますね。

    • crispy-life より:

      メグさん

      コメントありがとうございます。

      普段は人気のない料理記事ですが、この記事だけはさっそく各所からツッコミが入っております。
      まあ、酒飲みの自炊なので調味料も偏ってるっちゃー偏ってますからね、ははは。

      >私も、料理が好きなので
      >人気が無くても、つい料理ネタを入れてしまいます(笑

      モノを減らすことで、自分が何を大切にしたいのかが見えてきますよね。
      私はどうやら自分が思っているよりずっと食べることが好きなようです。

      これからもよろしくお願いします!

  2. イワタミチコ より:

    減塩の塩昆布でも
    「しょっぱいなあ」
    感じるようになり
    イワタ宅には昆布なしのくらしでしたが
    ↓ウマミナチュレ(プレーン)
    http://www.matumaeya.jp/umaminature/index.html
    を知ってからは昆布ありのくらしです

    おすすめです

    • crispy-life より:

      イワタミチコさん

      確かに味の好みや食の傾向はどんどん変わってきますね。私は西側出身なので基本は薄味で育っているのですが酒飲みゆえに塩っけのあるものは好きなので気をつけなければ、と思っているところです。愛用されている塩昆布、面白いですね。こういう塩昆布があるのは知りませんでした、情報ありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NYfoods_38
好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。

きつね納豆で晩酌
きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛

ワンタフトブラシ
40代で親知らずを抜く。

びっしり4本生え揃っている親知らずを抜くことにしました。

豚ロースの梅照り焼き
豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならない

モアルボアル チリバー
漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑