少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

公開日: : 最終更新日:2018/03/15 ファッション, ミニマルライフ

久しぶりにクローゼットのある生活を満喫(大げさ)しております。

収納のない暮らしもそれはそれで得ることが多かったのですけども、不便っちゃあ不便ですからね。

関連 収納がない部屋だからできる「地球家族ごっこ」。

さてそんな我がクローゼットに並ぶ冬のワードローブを眺めていると強く感じるのです。

少ない服を着回すのはいいけれど、絶対的に足りないものがあるでしょうよ、と。

冬の装い、必要なのはぬくもりである

ここしばらく自分の方向性が定まらなかったこともあり、あまり洋服を買い足していませんでした。

関連 1年間服を買わずに過ごした結果。

去年までお気に入りだった服がなんだかしっくりこない、だから今シーズンはクローゼット全とっかえだ!などという潔い行動は取らず(取れず)にじっくりと内省を繰り返しああでもないこうでもないと考え尽くしてなんとなく迷路を抜けた気がする今日この頃。私にとってはグズグズしたこの方法があっていたのだなと感じます。

で、改めて考えてみると、ですよ。この冬私に必要なのは暖かいアイテムなのではないか、と。

去年から薄々感づいてはいたのですが、やっぱり薄手のトップスとか七分袖が多すぎる。寒がりだ冷え性だと騒いでいる割に暖かい洋服が少なすぎる。

今年新たに投入すべきは長袖であり、温もりのあるアイテムだと判断しました。

先日銀座に出たついでにあちこちリサーチしていると街には私の欲望を完璧に満たすアイテムが山ほど売られているではないですか。いや、今年に限らず冬場はいつだってしっかり厚手のニットやら長袖のカットソーなどが容易に手に入るはず。なのになぜ私のクローゼットにはそれらのアイテムがないのだろうかと考えてみれば思い当たる節がありました。

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

もう10年以上前の寒い冬のある日。いきつけのバーで飲んでいると友人が

「冬場は暖かいアウターが1着あればそれでいいよね、夏のコーデにそのまま羽織るだけでいいからやたらあれこれ着込まなくて済むし、室内はエアコンきいてるから薄着のほうが快適だし」

と語り始めました。おおお、確かにそうだわ。登山するわけじゃなし街中で過ごすならば室内は暖かいんだからもこもこ厚着するのは返って不都合。袖が苦手で冬でもノースリーブしか着ないと豪語するタレントさんもいたし、それもこれもまあ一理あるわな、と妙に納得してしまったのでした。

その時の会話が頭のどこかに残っていたのでしょうか。以後私のワードローブに暖かいアイテムが投入される機会はなかなかありませんでした。

この発言の主はその時確かにTシャツ1枚でご機嫌で飲んだ後モンクレール羽織って帰って行ってそりゃ合理的だわと思ったけど、その人そもそも男性だし私がモンクレールって柄でもないし参考にするポイントがちょっとズレてるのではなかろうか。それでも当時の私ならばファーものが好きだったのでノースリーブにファーのコート一枚羽織るなんてのもできてたけれど、今はファーコートも持ってないし何より寒さが怖い。

そう、とにかく寒いのはイヤなのです。しつこいですが。雪深い地域の方々に東京の寒さなんてたかが知れてるだろうと言われれば返す言葉もないのですが。ダメなのです。

着回すならば、手持ちの服ももちろん活かす

doma2

というわけで今年は久しぶりに厚手のニットなぞ投入しようかと考えている次第。ややオーバーサイズのざっくりしたニットをスキニーに合わせて足元はブーツなんてのがいいかなあ、などとイメトレに余念がありません。

あと長年寝かせておいて去年から活用を再開したブルゾンをメインで使うことも計画中。

関連 お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

このブルゾンを真冬のメインアウターに据えるべくインナーにダウンを入れてみようかと考えているのですが、ユニクロの例のあれ、暖かいのでしょうか。冬の旅に持参するにはコンパクトにまとまるダウンは便利そうですね。あとスエットパンツってのもちょっとチャレンジしてみたいのだけれど果たして。

ミニマリストの持たない暮らし

何れにしてもこの冬のテーマは暖かさに決定。今あるお気に入りのさらなる活躍のためにも足りないアイテムを慎重に足していくとしましょうか。

 




関連記事

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

先日食事に出かけた時のこと。待ち合わせ場所に現れた友人の足元に目がいきました。 最近は

記事を読む

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

白のパンツに頼りきった生活を送っています。 パンツって、下着じゃないです。ズボンのほう

記事を読む

捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」 があります。 うっすらと

記事を読む

「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。 >>参考

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のファッション。

みんなのアイドル、70代ミニマリスト主婦。約8ヶ月ぶりの登場です。 70代ミニマリスト

記事を読む

シェアハウスは居酒屋に似ている。

By: Bart Speelman[/caption] 華麗にスルーしているけれど、おまえ引

記事を読む

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わかりやすい酒」 というと

記事を読む

今日捨てたもの 12/28 清々しく新年を迎える準備。

By: Nick Page[/caption] 久しぶりの「捨て記事」です。 年末は否

記事を読む

Comment

  1. やまこ より:

    はじめまして。やまこと申します。
    前から覗いてましたが、コメントは初めてです。
    寒いのイヤです。暖情報はみんなで共有したいです。

    ユニクロのダウンは言うほど暖かくないです、私には。
    コートの中に着る用に、キッズ用を買いました。
    値段も大人のと比べると安くなります。
    確か150センチくらいまであります。
    試着したら160センチ、標準体型の私でも、
    コートの中専用なら大丈夫です。
    でも、期待していたほどは暖まらず。

    昔むかしに買ったサウナスーツの上下セット、
    これが今までで一番です。
    すごく薄手で軽いし、本当に暖たまります。
    通気性ないので、汗ばみます。
    絶対コート脱がない用事の時は、サウナスーツです。笑。

    寒さ対策、また覗きにきます。

    • crispy-life より:

      やまこさん

      コメントありがとうございます。

      ダウンいまいちでしたか…残念。私もやまこさんと似た背丈なのでキッズ用でも着れそうですが、うーん悩みますねえ。寒さ対策は厚手のものを羽織る以外にはおっしゃるように風をシャットアウトするのも効果的なのかもしれません。防寒に優れたアイテムっていろいろ出ているのですが、アウトドア系とかスポーツ系のものが多くてそちら側にまったく縁のない私はなかなか手が出せないんですよね…どうしたものか。

      恐ろしい季節になりましたが、お互い越冬目指して頑張りましょう!

  2. ぽんかん より:

    こんばんは。

    ユニクロのダウン、愛用してます。

    暖かいインナーダウンならモンベルのをオススメしますが、やっぱりそこそこなお値段なので、ユニクロのダウンはお値段とみあった暖かさなんだと思います(笑)

    でも、ユニクロでも真冬に、薄手のコートの中に着てるとやっぱ暖かいし、軽いので重宝しますね。
    収納用に袋が付いてるので、海外行く時に使いやすいです。

    • crispy-life より:

      ぽんかんさん

      アドバイスありがとうございます!優柔不断なものでまだ決まっておりません。

       なるほど、確かに本気で暖をとるならばアウトドアブランドになるかもしれませんね。モンベルかあ、私には気合入りすぎのような(汗)。そう考えるとユニクロはタウンウェアとしては優秀なのでしょうね、なんか納得です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑