甘い女。

公開日: : 最終更新日:2017/06/20 健康と美容, 食べること

soft-cream

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶があります。

大昔のことだけどあれ、誰だったけなあ。PUFFYのどっちかとかそのあたり。あみちゃんゆみちゃんいい加減な情報ですみませんね。

しかし自分だって朝はパン食、昼は食べずに夜は酒という体たらくですから偏食といえば偏食なわけです。

正しい食生活とは言い難い。

朝ごはんに甘いもの

ボダム フレンチプレス

食記録的な読みもので何かおもしろいものなあい?と周りに問うてみたところ「よりぬき ただいま食事中。」をすすめられさっそくパラパラめくってみて、人様の食生活とはかように多用なものだったかと当たり前のことに驚く。

何を今更、今日日SNSやらブログやらであいつもあの子も自分の食生活を晒しまくっているじゃないか、と言われればその通りなんだけど、こういう風にみんなが等しく同じフォーマットの中で勝負したとしても見事にバラバラになるんだなと。勝負じゃないか。

で、朝食に甘いものを選択する家庭って結構多いのだなと改めて知ったのです。

例えば、ドーナツ。例えば、パンケーキ。冒頭のアイスクリームほどじゃないけど、朝一で甘味を摂取するのはさほど珍しいことでもないのかもしれません。

ところで私は朝一に甘いものを食べるのが苦手です。

酒飲みだから左党なのかといえばそんなこともなく、洋菓子和菓子あらゆる駄菓子ひととおりいける口。なのですが、朝一で口にするのはどうにもこうにも抵抗ある。いや、食べろと言われれば食べられますけども、食べたが最後、その後1日中甘味に体を支配される感覚が抜けず、妙な違和感が残るのです。

なんだろう、これ。

よくよく考えてみれば、子供の頃は朝一でご飯を食べることもできなかった。ご飯、ライスね。今では普通に食べられるようになったけれど、それでもやっぱり朝は甘くないパン系とコーヒーが一番しっくりくるような。

関連 神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

三つ子の魂的なアレでしょうか。

酒の後に甘いもの

NYfoods_28

朝からパンケーキやフレンチトースト、ドーナツの類は遠慮するくせに、酒を飲んだ後は異様に甘いものが欲しくなる。今の時期ならアイスクリームとかそういうの、酒が入った後はなんだか妙に食べたくなるんだよねえ。

関連 有楽町 むらからまちから館で味わうミルク感満載のソフトクリーム。

これは単に満腹中枢崩壊による症状なのかしら、と思っていたけど、糖質はアルコールを分解する働きがあるので云々という記述を見かけ、そうか体が勝手に肝臓を守ろうとしていたのかなんて都合のいい解釈をしてみたり。

でもそのソースが出てこない。そして代わりにこんな記事を開いてしまう。

関連 甘党、お酒好き…食べグセで分かる10年後の太り方(日経WOMAN)

お酒を飲むと、肝臓はアルコール分解を優先し、糖質や脂質が分解されにくくなるため、内臓脂肪が増えやすい。

なんだなんだ、全くもってダメじゃないか。なんにしても程々にしておくべきですね。

ミニマリストの持たない暮らし

しかしみなさんが朝食に好んで食べるパンケーキってのは実はさほど甘くないのかしら。メープルシロップとかかけるみたいだからやっぱり甘いのかしら。朝から甘い女になるのは抵抗があるけれど、甘くないのならアリかもしれない。

 




関連記事

うねる白髪を目立たなく。ヘアカラートリートメントを使ってみた 4回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、4回目のレポートです。 &nbs

記事を読む

焼きレンコン献立

焼きれんこん、豚とほうれん草のからし和え献立。

毎度おなじみ、焼き野菜の献立です。 本日はれんこんで。 薄く切ってサラダにしたり

記事を読む

なすとピーマンの鍋しぎ、豆腐のきのこおろし和え献立

なすとピーマンの鍋しぎ、豆腐のきのこおろし和え献立。

残りものを使って塩味のスープを作ると決めていたので、メインに味噌味を持ってきたいなと。

記事を読む

白菜漬け えのきと豆苗の味噌汁 蕪とツナのサラダ 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。

調理していて気がついたのですが、最近粒胡椒の存在を忘れておりました。 摩訶不思議なレア

記事を読む

迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。

By: Jon S[/caption] 先日、某紙の人生相談コーナーにて、家族の独り言が多く

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大

記事を読む

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

きのことぬか漬けのパスタ

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。 普段夜ご飯としてパスタ系を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

お金をください。

もう随分前になるけれど、フリーライターの友人が 「請求

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑