甘い女。

公開日: : 最終更新日:2017/06/20 健康と美容, 食べること

soft-cream

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶があります。

大昔のことだけどあれ、誰だったけなあ。PUFFYのどっちかとかそのあたり。あみちゃんゆみちゃんいい加減な情報ですみませんね。

しかし自分だって朝はパン食、昼は食べずに夜は酒という体たらくですから偏食といえば偏食なわけです。

正しい食生活とは言い難い。

朝ごはんに甘いもの

ボダム フレンチプレス

食記録的な読みもので何かおもしろいものなあい?と周りに問うてみたところ「よりぬき ただいま食事中。」をすすめられさっそくパラパラめくってみて、人様の食生活とはかように多用なものだったかと当たり前のことに驚く。

何を今更、今日日SNSやらブログやらであいつもあの子も自分の食生活を晒しまくっているじゃないか、と言われればその通りなんだけど、こういう風にみんなが等しく同じフォーマットの中で勝負したとしても見事にバラバラになるんだなと。勝負じゃないか。

で、朝食に甘いものを選択する家庭って結構多いのだなと改めて知ったのです。

例えば、ドーナツ。例えば、パンケーキ。冒頭のアイスクリームほどじゃないけど、朝一で甘味を摂取するのはさほど珍しいことでもないのかもしれません。

ところで私は朝一に甘いものを食べるのが苦手です。

酒飲みだから左党なのかといえばそんなこともなく、洋菓子和菓子あらゆる駄菓子ひととおりいける口。なのですが、朝一で口にするのはどうにもこうにも抵抗ある。いや、食べろと言われれば食べられますけども、食べたが最後、その後1日中甘味に体を支配される感覚が抜けず、妙な違和感が残るのです。

なんだろう、これ。

よくよく考えてみれば、子供の頃は朝一でご飯を食べることもできなかった。ご飯、ライスね。今では普通に食べられるようになったけれど、それでもやっぱり朝は甘くないパン系とコーヒーが一番しっくりくるような。

関連 神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

三つ子の魂的なアレでしょうか。

酒の後に甘いもの

NYfoods_28

朝からパンケーキやフレンチトースト、ドーナツの類は遠慮するくせに、酒を飲んだ後は異様に甘いものが欲しくなる。今の時期ならアイスクリームとかそういうの、酒が入った後はなんだか妙に食べたくなるんだよねえ。

関連 有楽町 むらからまちから館で味わうミルク感満載のソフトクリーム。

これは単に満腹中枢崩壊による症状なのかしら、と思っていたけど、糖質はアルコールを分解する働きがあるので云々という記述を見かけ、そうか体が勝手に肝臓を守ろうとしていたのかなんて都合のいい解釈をしてみたり。

でもそのソースが出てこない。そして代わりにこんな記事を開いてしまう。

関連 甘党、お酒好き…食べグセで分かる10年後の太り方(日経WOMAN)

お酒を飲むと、肝臓はアルコール分解を優先し、糖質や脂質が分解されにくくなるため、内臓脂肪が増えやすい。

なんだなんだ、全くもってダメじゃないか。なんにしても程々にしておくべきですね。

ミニマリストの持たない暮らし

しかしみなさんが朝食に好んで食べるパンケーキってのは実はさほど甘くないのかしら。メープルシロップとかかけるみたいだからやっぱり甘いのかしら。朝から甘い女になるのは抵抗があるけれど、甘くないのならアリかもしれない。

 




関連記事

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

白髪ケア・ヴァーナルヘアカラートリートメントを使ってみた 6回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、久しぶりのレポートです。 >

記事を読む

せせりの黒七味炒め

せせりの黒七味炒め、セロリと海苔の冷奴。

所有している調味料の種類がさほど豊富ではなく、変わった食材を使うわけでもなく、おまけにつまみ

記事を読む

トマトと卵いため献立

トマトと卵の炒めもの、ツナと韮のサラダ。

またしばらく自炊ができない環境になります。 以前は全く自炊ができない生活なんて無理

記事を読む

かつおの竜田揚げ献立

かつおの竜田揚げ、えのきの梅おろし献立。

久しぶりに食べたたたきは旨かったけれど、さすがに1食で消費できる量ではありませんでした。

記事を読む

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め、水菜と干しあみえびの煮浸し献立。

全国の晩酌愛好家のみなさま、ごきげんよう。 数日間の禁酒生活を経て、ただいま戻ってまい

記事を読む

オクラ丼献立

休肝日ごはん オクラ丼、小松菜の海苔和え献立。

お盆です。 暑さで食欲が落ちている奥さんもいらっしゃるのではないでしょうか。大人に限っ

記事を読む

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

きくらげと豆苗の卵炒め

きくらげと豆苗の卵炒め、レタスと海苔のサラダで晩酌。

久しぶりに焼き海苔を買いました。 普通に好きな食材ではあるものの、近頃は白米をあまり食

記事を読む

家飲み献立 12/5 干し白菜のトマト煮、せせり塩焼き他全5品で晩酌。

TGIF! うう、どんどん師走らしさが増してきますね。 本日の早朝はさすがに耐え切れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑