一人晩酌のあり方を考える。

公開日: : 最終更新日:2018/06/15 健康と美容, 家飯

喜楽長 辛口吟醸

食い意地が張っているばかりでなく、どうしようもない酒飲みです。

関連 食べること、飲むことに関する考え方。

どうしようもない、といっても別に酒豪でもなんでもなく、好きな癖に弱いという非常に面倒なタイプ。まあ自覚があるだけマシでしょうか。そうでもないですか。

そんなわけなので当然のように日々の晩酌タイムを大事にし過ぎなくらい大事にしており、それはそれで充実しているのですが、この習慣を変えてみようかと考えています。

一人晩酌つまみのお楽しみ

じゃがいもカルボナーラ

現在は「食事」というものをせず、簡単な酒のつまみを数品作って並べ、ちびちび酒を飲む夕食スタイルです。一人で酒を飲むのはメンタル面でもフィジカル面でもあまり良い習慣ではない、という論調をよく目にするのですが。

関連 一人の食事は身体を冷やす?

本人が楽しければ体や心に悪い影響があるわけないと思うのですがどうなんでしょうか。もちろんエライ先生方がおっしゃることにはそれなりのエビデンスがあるのでしょうけども、一人=寂しいを大前提としていないかという疑問が無きにしもあらず。

一人晩酌大好物の私は2年あまり続けてきた今のスタイルを気に入っているし、とても楽しくて大切なひととき、ではあるのですが、いかんせん、大事にし過ぎかと。1日のうち酒に費やす時間が長すぎるわと。一体何時間飲んでるのかと。

酒に強い人は飲んだ後でも平然とあれこれできるので何時間飲もうが平気なのでしょうけれど、私みたいな酒を飲むと他のことは一切したくなくなるタイプの人間はもう少しスマートな晩酌スタイルを構築すべきではないかと思い至ったのであります。

みんなの一人晩酌スタイルは?

そもそも「晩酌」ってどういう意味なんですかね。

晩酌(ばんしゃく)とは、夕食時など、夕方から晩の時間帯に飲む酒のこと、または、そういった時間帯に飲酒する習慣のことである。ただし、この時飲まれる酒の種類は、特に決まっておらず、人によってまちまちである。また、酒の飲み方(どのくらいの量を飲むのか、どのような温度で飲むのか、など)も、人によって違う。なお、晩酌は、行われる時間帯の関係上、これが寝酒となることもある。(wikipedia

そうですか。
人によってまちまちである、とか言われたらまあそうですかとしか言えませんね。とにかく私が日々楽しみに行っているのは晩酌と定義されるものに違いないのは明らかです。

関連 一人晩酌のつまみレシピと献立

酒飲みの周りには酒飲みが集まるもので、友人知人には一人晩酌を楽しむ人々が少なくありません。が、その実情をリサーチしてみると

  • 夕食を普通に食べてから飲酒に移る
  • 夕食時にビール1本程度を飲む
  • 基本的に家では飲まず、飲酒は外食時のみ

というタイプが圧倒的に多く、私のように一人でも家でダラダラダラダラヘラヘラヘラヘラ飲み続ける人はあまりいないのです。

「外では飲むけど、家で一人ならせいぜいワイン2杯程度かな」

という話を聞けばなんてスマートなのかしら、と。

「ヘンに回るのも嫌だし、きちんとご飯を済ませてから軽いつまみで飲むのがいい」

という意見にはお説ごもっともですと頷くばかり。なんだかみんなが眩しいわ。

酒なんて人に迷惑さえかけなければ好きなように飲めばいいのですが、ここのところやりたいことがあれこれあってもう少し時間が欲しいのも事実。

関連 これからの働き方と暮らし方。

頭がきちんと働く状態の時間を確保するためにも晩酌スタイルの見直しが急務というわけです。

新しい一人晩酌のあり方を考える

満寿泉純米

晩酌スタイルを見直す、といっても好きなつまみを作って酒を飲むのが何よりも楽しみな私なので家では酒を飲みません、なんてことはできません。夜に炭水化物を取らなくなってから久しいのでこれからは一汁三菜の晩御飯、というのもなんだか違和感があるし。

そこで新たな晩酌スタイルとして

  1. 早めの夕食と共にビール1本、ワイン1杯、日本酒1合弱程度を飲む
  2. 食後に済ますべき用事を済ませる
  3. その後晩酌第二部として軽めのつまみとワイン、日本酒、ウイスキーなどを楽しむ

以上の作戦を考えたのですがどうでしょう。

これまでの晩酌献立は変えず、飲む酒の量を酔わない程度の量に制限して、食後にもしっかり頭が働くようにしておき、仕事も所用も全て済ませてから就寝前に寝酒を兼ねたひと時を楽しむ。これなら夕刻から寝る前までダラダラ飲み続けるのを防げるのではないでしょうか。

…あれ?
でもこれじゃあ余計酒量増えることになる?二部制より一部完結のほうが効率がいいのか?

なんだか全然良案じゃない気もしてきましたが、ちょっとあれこれ模索してみます。とにかく新晩酌スタイルプロジェクトは一人晩酌のお楽しみはそのままに、時間を圧縮して効率よくスマートに、がテーマです。

※追記
ひとり晩酌愛を語る、家飲みエッセイを書きました↓

 




関連記事

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

塩豚とじゃがいものオイル焼き 献立

塩豚とじゃがいものオイル焼き、キャベツのおかか和え。

微妙な面構えの写真を晒してすみません。 と、いきなり謝罪。 いやあ、春ですね。

記事を読む

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入

記事を読む

ゆで野菜と卵のサラダ

豚しゃぶおろし和え、ゆで野菜と卵のサラダで家飲み。

固ゆでか、それとも半熟か。 迷いながら卵を茹で始めて、でもやっぱり半熟にしようかね、と

記事を読む

更年期の悪夢。

このクソ寒いというのに、汗だくである。 物凄い形相で、物凄い勢いで、追いかけてくる。こ

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さん。ほんの数ヶ月前、100均の

記事を読む

人生で起こったことには意味がある。

その出来事のみを見ればどう考えても良くない、むしろ悪い事だったとしても、人生で起こったことに

記事を読む

砂肝サラダ献立

砂肝と玉ねぎの香味サラダ、ピーマンとしらすの酒炒りで家飲み。

スーパーで砂肝を1パック買うと結構な量が入っているので一人暮らしの場合数日に分けて消費するこ

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、あさがお菜のおひたしで晩酌。

今日のメインはきつね納豆、は確定。 さて何か青菜が欲しいなあと駅前のスーパーに寄ると「あさがお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑