1人暮らしで自炊することにメリットはあるのか?

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 シェアハウス, ミニマルライフ

spicies

最近はひじきの煮物や鯖の味噌煮なんていう家庭的なお惣菜がコンビニでも買える時代。

だからでしょうか、度々こういう議論を目にします。

参考 1人暮らしの自炊は本当に経済的なのでしょうか?(Yahoo!知恵袋)

1人暮らしに限って言えば、節約と時間効率を目的とするならば「ご飯は自分で炊いて出来合いの惣菜を買ってくる」という方法がベストなのかもしれません。

一人暮らしの自炊VS外食

しかしいくら便利になったからといっても外食や中食に頼りつつ節約しようとするとどうしても塩分や炭水化物の摂取率が上がってしまうので健康面を考えると少々厳しい。

参考  一人暮らしの自炊vs外食徹底比較(Allabout)

外食のメリットである「時間」の優位さが大きく際立っていますが、「ヘルシーさ」「安さ」では、自炊でもあまりトクをしない印象を受けます。

これを見ると、自炊ってやっぱりかなりめんどくさいですよね。材料多いし。

が、節約して貯めたお金も、生活の効率化で作った自由な時間も、健康を害してしまっては使い道がありません。となると、いずれにしても健康面を考えない食生活を送ることは極めて非効率といえます。

シンプルに暮らしたい人の食生活

pot.min

さて、それではモノをあまり増やさずにシンプルな暮らしを追求するという観点から考えた場合はどうでしょう。

自炊をするためには調理器具や食器、調味料など揃えるべきものがそれなりにあるので、必要最低限のものだけで生活したい人にとって、料理はなかなかやっかいな家事なのです。

健康面を考えつつ全て外食で済ませることは今の日本なら可能だと思われます。

但し、庶民的なチェーン店の定食メニューなどを利用しても、コストはそれなりにかかるので何よりも節約を優先したい人には厳しい。が、そもそも多くのモノを持たないシンプルな生活は一般的な生活に比べればお金はかからないので、「自炊するためのモノを持つ」よりは「全て外食で済ませることにお金を使う」ほうがかえって合理的とも考えられます。

私は暫くキッチンのない部屋で生活していた経験があり、その間食事は全て外食でした。
物価の安い国だったのでコスト面は特に気にする必要がなく、毎日ふらふらいろんな店を飲み歩けてそれはそれで楽しかったし、何よりラクでした。
それまでは料理のできない生活なんて絶対無理!と思い込んでいたのに、できなけりゃできないでなんとかなるもんだなあと感じたものです。

が、その反動が今来ているのか、ご存知の通り現在はほぼ毎日自炊です。

関連 日々の晩酌献立

現在そこそこマメに自炊できている理由はもともと料理が苦ではないのと、酒を飲むので東京で常に外食ではなかなか不経済なこと、そして何より時間もかけられず、冷凍保存もできないという制限がある環境でいかにしてシンプルな調理で毎晩の家飲みを楽しむか、という「ゲーム」にはまっているからであります。

シェアハウスに調理器具や食器が揃っているのでモノを増やさずともある程度料理が楽しめるのも有難いところ。やっぱり料理ができる環境があるのっていいなあと改めて感じています。

結局は何に重きをおくかで決まる

モノを増やしたくないし、料理や食にさほど興味がない、というのであれば全て外食にするのはとても潔い選択。適当なもので済ませるのではなく、栄養バランスを考えながら外食ができるのであれば非常に効率的です。
が、必要最低限の道具や調味料で工夫しながらシンプルかつ健康的な食生活を送るのもまた楽しい。これはどっちがいいとか正しいとかいう話ではありません。

私は今後も調理環境が整った場所にいる限りは「自炊する」というスタイルを手放すことはないと思いますが、あれこれ便利な調理器具を買い揃えたり、使用頻度の低い珍しい調味料をストックするようなことはしないでしょう。料理は嫌いじゃないとはいえ、必要以上にモノを増やしたくもないので。

参考 最低限の調味料 まずは8つ!これだけあれば十分自炊できる。

結局は求めているスタイルはどんなものなのか、自分の中で物事のプライオリティをしっかりと把握することが満足のいく暮らしを送るための最大のポイントなのです。

って、いっつもそこに行き着いちゃいますが、「本当は自分はどうありたいのかを知る」ことは、ここ最近自分の中での大きなテーマでもあります。

 




関連記事

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/3 餃子。

いやー、天気よくて気持ちいい日曜日でした。 なんだかテンションあがる。 朝からヘアケアボディ

記事を読む

気に入らないもの一気に捨てて全とっかえなんてしなくても。

By: Ged Carroll[/caption] 昨日に引き続き月初の定例ポスト。

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

レモンの切り方と冷蔵庫で長持ちさせる保存方法。

By: liz west[/caption] ものすごーくしょうもないことなのですが。

記事を読む

捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」 があります。 うっすらと

記事を読む

非常時の備え、普段使いをスライドする。

住環境に恵まれていることもあり、普段から食材のストックはほとんど持たずに生活しています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑