旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 ミニマルライフ, 旅人への道

セブ島に到着して早2週間が経過しました。

そろそろ次の移動時期が近づいてきたのでここらでスーツケースを手放すことに。

「手放す」と言ってももちろん捨てるわけではなく、セブの友人宅で暫く預かってもらいます。今度のエアーのチケットは既に預け入れ荷物ナシで取ってしまっているしね。

参考 荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

スーツケースの中身はほぼお土産だったのである程度はけた現時点では既にガラガラ。というわけで残っている荷物をトートバッグに詰め替えました。

海外旅行の荷物 夏

トートバックの中身は以下の内容です。

洋服、アクセサリー類

  • Tシャツ×2
  • キャミソール×2
  • カットソー×2
  • ストール
  • デニム
  • ワンピース
  • ロングスカート
  • UVカットパーカー
  • 下着×3セット
  • 水着
  • ラッシュガード
  • メガネ
  • サングラス
  • ネックレス
  • カンガ
  • ギョサン
  • スニーカー

その他

  • 化粧ポーチ
  • 薬類
  • コンタクトレンズ
  • たすき掛けのミニバッグ
  • ピンチハンガー
  • 財布
  • パスポート
  • ラップトップ
  • 一眼レフカメラ
  • iPhone
  • SIMフリー携帯電話
  • メモ帳
  • ボールペン

今、wifiのあるカフェで持ち物を思い出しながら書いているのでもしかしたら抜けているものがあるかもしれませんが、まあ大体こんなものです。結局旅行でもいつものアイテムが活躍していますね。

このうちややかさばるカットソー、デニム、パーカー、スニーカーは着用して移動します。PCとカメラがなければもっと身軽になれるのですが、これは仕事にも必要ですからね、省くわけにはいきません。

携帯電話は以前使っていたSIMフリーのもの。1年以上放置していたからでしょうか、以前使っていたSIMでは着信できなかったので結局フィリピンでは使いませんでした。wifiが弱い中で携帯ナシは多少不自由ではありますが、日本でも携帯持ってませんからね。

参考 携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

が、移動先では使うかもしれないので一応持参します。

荷物が軽いと旅は俄然楽しい

旅の準備がとにかく苦手な私ですが、今回は荷造りの時点で変化を感じていました。

参考 旅の準備が簡単になった理由。

実際に居場所を転々としてみると荷物が少ないだけでこんなに移動が楽になるんだと改めて実感しています。

そして、楽しい。

昔は旅行となるとなんだか張り切ってあれこれ荷物を詰め込んで荷物を重くしてしまい、結局旅の間一度も使わなかった服やアクセサリーなどをそのまま持って帰る羽目になることもしばしばでした。が、今回はかなり厳選したので現時点で登場しなかったアイテムは皆無。荷物が軽いと移動時の心も軽い。文字通り身軽でいられて本当に快適です。

モノを持たずに身軽に暮らす

「増やさない」をコンセプトに据えた今回の旅。

参考 旅の準備のコンセプト。

今のところは概ね成功と言えそうです。

 




関連記事

寝坊した日に選ぶ服。

うっかり寝坊してしまった朝。 ほんの数分で最低限の身支度を整え、眉毛だけ書いて、食パン

記事を読む

新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒ツアー前編。

久しぶりに大阪に遊びに行きました。 平日の昼下がり、神戸からJRに乗って、目指すは環状

記事を読む

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

ロルバーンノート 使い方

優柔不断な女の片付け。

「crispyさんの顔を見るの、すごく久しぶりな気がします!」 今まで話したことのない運送会社

記事を読む

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

今日捨てたもの 6/30 毎日使う、肌に触れるもの。

By: Kassandra Bay Resort & SPA[/caption] た

記事を読む

収納が少ない部屋で大量に収納する方法。

今朝は暑くならないうちに図書館へ返却に。そのついでにいつもの美味しいパン屋さんに寄りました。

記事を読む

天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の夏も海を見るべくドライブしてお

記事を読む

須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

そもそも観光地的なところへはあまり足を運ばない性質なのですが、それが慣れ親しんだエリアでの滞

記事を読む

持たない日々を後悔する 春本番のコーディネート。

ようやくの気温上昇で本格的な春の装い。 花見がてらの夜の集い、さて何を着て行きましょう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑