犬のこと。

公開日: : 最終更新日:2017/04/29 やりたいことほしいもの, ミニマルライフ, 生き方と考え方

dog

犬派か、猫派か?
などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶとしたら、犬かなあ。

私が子供の頃は普通に家の周りを野良犬がうろうろしていたものですが、いつのまにか日本には野良犬がいなくなっていました。
フィリピンで暮らしていた時はそこらじゅう野良犬だらけだったので、子供の頃のことを思い出して妙に懐かしく感じたものです。日本の友人からは狂犬病に気をつけるように散々言われましたが、フィリピンの野良犬って基本的にあまり人間に興味を示さない印象が。

さて、現在は仮住まい的にシェアハウスで断捨離の日々を送っていますが、いつか定住する時がきたら叶えたい夢がいくつかあります。

そのひとつは、犬と暮らすこと。



どうせ手放すのだから、持たないほうがいい

本当なら今すぐにでも、と言いたいところなのですが、現在のように移動ばかりのライフスタイルで犬を飼うことはあまりにも無責任すぎるので、あと20年くらい経ってからできればいいなと考えています。

何故20年かと言うと、60過ぎからなら、なんとか犬の最期を見届けられるだろうと思うから。

死ぬのを見るのが悲しいから、という理由で犬や猫を飼うことをためらう人も多いと聞きます。が、動物と暮らすということは、最期まで責任を持つということ。もちろん別れは悲しいけれど、その悲しみを上回る喜びを与えてくれるものだと私は考えています。

いっぱい可愛がっても、結局最期は悲しい思いをしなきゃならないんだったら、飼わないほうがいい。
どうせ別れることになるんだから、付き合わないほうがいい。
そんなことやっても時間の無駄だから、しないほうがマシ。

そんな『どうせ~なんだったらしないほうがいい』という考えは一見合理的に見えますが、あまり豊かな選択ではないように思えます。

もちろん、これはモノを持つ、持たないの判断にしても同じこと。
将来どうだからとかどうせ死ぬんだから云々じゃなくて、自分の今の気持ちに正直に欲しいものは手に入れればいいし、いらないモノはいらない、でいいじゃないか。モノをあまり持っていない私が言うのはなんだか矛盾しているように見えるかもしれないけれど、自分の中ではこれも真理。

何事にも「最後」があります。

人間は生まれてきた瞬間から死に向かっているのは明らかで、生きている以上「最後」は絶対に避けられません。死後の世界があるのかないのか、輪廻転生は実現するのか、魂は永遠なのか、なんてことは私には皆目わかりませんが、肉体が朽ちても経験や記憶は何かしらの形でどこかに残るのではないかとうすぼんやり思っています。

今までも犬と暮らす機会があって、その度にいろんな発見があり、喜びがあり、悲しみがありました。そして、人と動物という種類を超えた家族のあり方ってなんて面白んだろうと感じました。

20年後なんて今の私にはまだまだ遠い将来に思えますが、その時に考えが変わっていなければ暖かくて毛深い家族を迎えたいと思います。

そしてその時まだこのサイトが続いていれば、カテゴリに「犬」を追加することは確実ですね。

楽しみ。

 




関連記事

3 Howw Hostel at Sukhumvit 21

やめる怖さ。

飽きもせず毎日ブログを書き続けて早3年。 関連 ブログ開設3周年。今、初めて知る事実。

記事を読む

chiyoda_sanpo_9

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

By: Eliazar Parra Cardenas

買わなきゃよかった、捨てなきゃよかった、の後悔。

By: Eliazar Parra Cardenas[/caption] このブログを書き始

記事を読む

By: Steve Larkin

今日捨てたもの 望みを叶える方法はひとつじゃない。

By: Steve Larkin[/caption] 最近はめっきり音楽CDのデータ化に勤し

記事を読む

whitecloth

洗濯機?冷蔵庫?絶対必要な家電製品ってなんだろう。

以前使っていた冷蔵庫、洗濯機、ベッドは引越しの際に全て処分してしまったので、現在は所有してい

記事を読む

By: Vivianna_love

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

namecard

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

友人がこの度転職することになりました。 私より少し年上なのでまもなく50代にさしかかる

記事を読む

By: Tsahi Levent-Levi

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

miso

同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

早いもので引っ越してから半年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん
休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごは

code1
手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め
むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め、京にんじんの白和え献立。

寒さでちぢむのは、ほうれん草だけじゃないんですね。 高知

→もっと見る

PAGE TOP ↑