減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

公開日: : 最終更新日:2018/11/06 ミニマルライフ, 捨てる

今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしています。

関連 減らす計画、捨てる日々再び。

なんとなくの目安としては全体積2割減。となると細々としたものよりそれなりにスペースを取るあれこれに注目することになります。

そんなわけで現在のターゲットは家電類。

使っていないのにキープしていたものについて再度チェックしています。

今日捨てたもの

炊飯器はいるのかいらないのか

  • 炊飯器

そう、実は私炊飯器を持っているんです。そしてこの2年一度も使っていないのです。
と、同じ書き出しを3回使いまわしてみましたが、こちらも今の住まいに移り住んでから一度も使っていない代物。使っていない理由は私が米すら炊かない横着者だから、ではなく基本的に米を食べない生活だから。もちろんゼロではないですが。

基本的に平日はほとんど自炊の日々ですが、主食が酒なので夕食時に米を食べることはほとんどありません。

関連 家飲み献立の記録

しかし炭水化物を極端に避けているわけではなく、休肝日や家にいる時の昼ごはんには普通に米も食べています。が、使っているのは住まいのキッチンに備え付けの炊飯器。そして頻度は月にたった1~2回です。

よって自前の炊飯器は全く登場機会がないにもかかわらず後生大事に保管し続けてきました。特に思い入れがあるわけではありません。ただ、今の家に長く住むかどうかわからないので一応キープしておいたらあっという間に2年の歳月が経過していた。それだけです。

戯れにオークションアプリで同型モデルをチェックしてみたところ、かなり古いタイプの炊飯器であるにも関わらず数千円の価格で取引されていました。シンプルなデザインとブランド力の勝利でしょうか。出品してみようかしら、と一瞬考えたのだけどやっぱり面倒なのでこちらもご近所のリサイクルショップに持ち込むことにします。

私の元でずっとしまいこまれているよりも、今必要な家庭でフル稼動するほうがよっぽど役に立つものね。

炊飯器はいるのかいらないのか問題

さて、炊飯器はいるのかいらないのか問題。

現在はありがたくも炊飯器使い放題の環境にいるので好きに使わせていただいておりますが、そうでなくても自身の食生活から考えると重要度はかなり低めの家電であることは明白です。月に1回か2回しか炊飯しないのであればそれ専用の器具を持たずとも、鍋で炊けばいい話だもんね。

鍋で炊いたほうが早いし旨いからそもそも炊飯器なんていらないのだ説もありますが、単身者用マンションのキッチンではこの限りではなく。コンロが一口しかないキッチンも珍しくはないワンルームマンションで炊飯に一口奪われてしまうと食事準備の効率が落ちてしまいます。毎食絶対ご飯を食べる食生活でコンロが一口しかない場合はやっぱり炊飯器が便利。逆に2口、3口あって鍋炊飯上等な家庭なら炊飯器のない生活もさほど不便ではありませんね。

ところで私が幼少の頃実家で使っていた炊飯器は炊飯機能しかなく、保温はできないタイプでした、炊飯器の保温機能って便利といえば便利だけど、保温時間が長くなればなるほどご飯の味は落ちていくのだからいらないっちゃあいらないよね。現代の炊飯器はバッチリ保温機能がついていますがほとんど使わず炊けたら即タッパに移してしまいます。炊きたてをタッパに保管→レンジで温めなおしのほうが美味しいものね。

ミニマリストの持たない暮らし

あ、そういや私、電子レンジも持ってないんだった。そうだそうだ、レンジ使わなかった時は残りご飯はいつもチャーハンか雑炊、リゾットになってたんだった。

ないならないでなんとでもなるもんですわね。

 




関連記事

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

白シャツやデニム、黒パンツ、ボーダーTなど、誰しもがそれぞれ自分なりの 「定番」

記事を読む

毎日ひとつづつ捨てるという試み。

今日で7月も終わりですかー。 今月は新居での生活にも慣れ、新しい生活のペースを確立した

記事を読む

ミニマリスト主婦の師走

例のアレもひとまずおとなしくなっているということで、今年も年末年始は帰省することにしました

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

モノを所有しない時代の稼ぎ方。

By: Rob Ellis[/caption] 最近は映画やテレビドラマ、音楽、書籍や雑誌に

記事を読む

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結局何も買わずに終わる。それが私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑