なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

公開日: : 最終更新日:2017/01/05 ミニマルライフ, 生き方と考え方

moalboal-restaurant_12

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。

ひとしきり遊んだのでそろそろ近くのカフェにでも入ってキンキンに冷えたビールを飲もうよと声をかけると、せっかくだから酒と食べ物を買ってきてここで食べたいなどという。私は何回もこの海を見ているけれど彼女にとっては初めての景色。海沿いの店で飲むビールの楽しさを自慢したい気持ちもありつつここは彼女の意見を優先すべきと従うことに。

すぐそばの店からビールとサンドイッチを調達し水着のまま海沿いで食べて飲み、しばらく休んでまた海で遊ぶ。そんなことをしばらく繰り返して陣地に戻ると我々の鞄に無造作に入れたままにしてあった現金やカメラ、スマホなど貴重品と呼ぶべき一切合財が忽然と消えていた。

しまった。油断した。



明け方に見る夢は

と、今ここまで書いて気がついた。これ、2017年の初夢じゃなかろうか。やな夢だな。

そうです、まさかの夢オチ失礼します。

その後サンドイッチを調達した店に駆け込み貴重品が全部盗まれちゃったよと泣きつくと、若い男性店員から2Fに相談所があるから行くといいとアドバイスされる。相談所てなんぞ、まあとにかくと非常階段のような怪しげなそれを登り詰めるとそこには南国ビーチにまるで不似合いなトレンチコートを着込んだ日本人男性が3人佇んでおりこれが相談員か、と思ったところまでは憶えています。以降相談員トリオと一悶着あったようななかったような、ああもう記憶が曖昧。

この明け方に見た夢のおかげで朝っぱらからもうしんどくてしんどくて。

夢か現かまだ判別がつかない寝ぼけ状態の午前4時。
心にずっしりのしかかった重石たちには大きく分けて2つの種類があり、ひとつは単純に現金やらカードやらを失ってしまった不安と失望でした。財布に何入れてたっけとかカード会社と銀行に大至急連絡したいけど連絡先控えてなかったなとか無一文でどうやって日本へ戻ろうかといった目の前に山積みの課題に対する負の感情。
そしてもうひとつは友人に対する申し訳なさと自分の不甲斐なさ。こんなところにお宝満載の鞄を置きっぱなしにしてたらあっという間になくなることはわかっていたのに、自分の見知った場所へ友人を誘いながらも油断してしまった自分に対する情けなさやらやり切れなさみたいな感情。こいつもなかなかずっしりくるなあなんて妙に冷静に分析しながら苦しい朝を迎えたのです。

こういう嫌な夢を見た朝の目覚めって決して気持ちよくはないけれど、頭がはっきりした瞬間の安堵感ったらない。ああ、カードも現金もちゃんとあるじゃないか。財布を盗られた友人はいないし、ここは南国の海辺じゃなく今自分は部屋のベッドでぬくぬくと寝ているのだと悟ったその時、私はなんという幸せ者なんだろうかと本気で思いました。

失いたくないありがたさ

海外へ行くのに高価な鞄や財布を持参することはまずないし、現金だって大して持たないし、クレジットカードも銀行のカードもきちんと処理すればしかるべき処理の後に再発行してもらえる。連絡や手続きの手間はかかったとしてもさほど大きな被害にはならないでしょう。大体私ごときが全財産を失ってもそんな大事じゃなんですよ、富豪じゃあるまいし。

それでもやっぱり大事なものを誰かに奪われる形で失うのはキツイ。逆に言えば、失うのがキツイと思えるものを持っているのはそれなりにありがたい。

関連 失うモノがない人生。

おいおい現金とカードが何よりも大切かさすがは守銭奴だなと呆れられるかもしれませんが、まあ現金は正直めちゃくちゃ大事なんですが、旅に辛い思い出が出来てしまったことや、友人に対する申し訳なさ、全ては自分のせいだなどと勝手に要らぬ責任まで感じてしまう驕り高ぶりも全てが夢だったことに自分でも驚くほどに安堵したのです。

もう何にも持っていないし、全部無くしてもまた一からやっていけるだろうし、やっていかなきゃとも思っているけれど、これが夢だとわかって心底ホッとしたあの瞬間を忘れないようにしたいと感じた2017年の妙な初夢。

ミニマリストの持たない暮らし

自分で稼いだ金、その金を使って出掛ける旅、旅先で飲むやたら美味い酒、大切な友人、そして不器用かつ傲慢なコミュニケーション。単に嫌な夢だったね、で済ませようとしたけれど自分の大切にしていることとか改善点とかチャレンジすべきハードルなんてものがこの夢に詰め込まれていて実は結構深い脚本があったのではなどと深読みしてみたりするのです。どうなの神様。

ちなみにモアルボアルの治安はさほど悪くありませんので念のため。

 




関連記事

shoppingbag

今日捨てたもの 8/26 一度も履かなかったchloeのサンダル。

今月行ってきた 「毎日一捨キャンペーン(?)」 も残り1週間を切りました。

記事を読む

By: Sharon Mollerus

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

By: Sergio  Pescaico

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

capsule.min

今日捨てたもの 8/12 捨て時を過ぎた化粧ポーチ。

今日はなんだか周辺がものすごくひっそりと静まり返っているのですが… お盆だから?

記事を読む

cosmebottle

40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

昨年の夏にスキンケアに関する記事を書きました。 参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を

記事を読む

By: Freya Spargo

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

cebucity1608_2

オールシーズンこれ一枚、が洗濯したらぺったんこ。

5月だというのに各地で余裕の30℃ですって。夏ですね。 寒いよりは暑い方が全然マシなの

記事を読む

haneda_1

普段使いのナイロントートに収まる旅の荷物。

羽田って、いつからこんな感じになってたっけ? 外国人観光客ウケの良さそうなレストランフ

記事を読む

By: Clemens v. Vogelsang

目に入るたびに捨てたくなる。

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] あーやっと捨てられた!

記事を読む

parentshouse

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

takamatsu_114
Tシャツしか着ない夏。

この夏はほぼTシャツで過ごしています。 少ない服で着回す

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、オクラのおひたし献立。

蒸し鶏。平素はむね肉を使い、そして蒸さずにゆでることが多いです

tainandog9
その後の毛の話、抜けても生えるありがたさ。

お盆休みも終盤戦ですし、毛の話でも回収しましょう。 毛に

tokyostation_7
フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ
レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ。

しつこくも塩もみ野菜の話。レッドキャベツの使い道をいろいろ試し

→もっと見る

PAGE TOP ↑