モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録2015 その1。

公開日: : 最終更新日:2016/08/22 旅人への道

モアルボアル旅行記

セブ島滞在中、3泊4日でモアルボアルに行ってきました。

モアルボアルは旅行者に人気のダイビングスポット。何故かアジア人は少なく、ホテルで見かけるのは圧倒的にヨーロピアンが多数という小さなビーチリゾートエリアです。

モアルボアルはこれまでにも何回も足を運んでいる(そしていつも一人旅)お気に入りのビーチ。セブ島で最もメジャーなマクタンエリアのリゾートよりも俄然楽しい!と、個人的には思っています。

移動も意外にカンタンなので、セブ島に1週間前後滞在される方にはおすすめです。一人旅でも、ダイビングをしなくても、それなりに楽しめますよ。




モアルボアルへの行き方

モアルボアルへの移動は難しくなく、セブシティからバス1本。バスはセブのダウンタウンにある「サウスバスターミナル」という場所から出ています。

Googleマップによればマクタン空港からタクシーで「渋滞なしで」25分とありますが、確実に渋滞に巻き込まれるので時間によっては1時間程度かかりそう。料金は恐らく日本円で1,000円かからない位でしょうか。

サウスバスターミナル

サウスバスターミナルにはこのように大型バスがたくさん並んでいます。
その辺にいるスタッフのお兄さんに「モアルボアル」と告げると先発のバスを教えてくれます。というか、勝手に寄ってきてあれこれ教えてくれます。

私はいつも午前中にバスに乗るのですが、モアルボアル方面へは1時間に2本程度は出ている模様。時刻表がないので定かではないですが、常にバスが乗り場に待機しているので暑い中立ちっぱなしでバスが来るのを何時間も待たされる…ようなことはありません。

ただし、フィリピンの連休にぶつかるとこのバスターミナルが凄まじい混み具合になるので注意が必要です。

セレスバス

今回もこの黄色いセレスバスに乗りました。

料金はモアルボアルまで116PHP(約313円)。帰りは107PHP(約288円)でした。料金が違うのは行きはエアコンつき、帰りはエアコンナシのバスだったため。エアコンナシのバスでも窓全開で走るので風が入って気持ちいいですよ。

行きの車内ではベタなコメディー映画が上映されていて隣席の白人男性がずっと爆笑していました。セレスバスはwifi付きのものも多いのですが、例によってかなりスロー。あまり期待しないほうがよさそうです。

セレスバス チケット

写真は帰りのチケット。乗車してから席に回ってくるお兄さんに行き先を告げるとこの紙片を渡されます。
上部右側、1と0と7の部分にパンチ穴が開いているのがわかるでしょうか。これで「107ペソ」とわかる仕組みです。細かいお釣りは戻ってこない場合があるので出来るだけ小銭を準備してぴったりの金額を払いましょう。

セブシティからモアルボアルへの所要時間

セブシティ

モアルボアルは地図を見てもわかるようにセブシティから山を越えたセブ島の反対側に位置します。

セブシティを抜けるまでに結構な渋滞があるので到着までは2時間半程度必要。バスは早朝から深夜まで走っているけれど往復5時間見ないといけないので日帰りはちょっと厳しいかな。1泊はしたいところです。

さらに渋滞を抜けてからは結構本気の山越え&バスの運転がやんちゃなので、車に酔いやすい方やお子さんはやや注意が必要かもしれません。

moal7

バスから撮った写真。近過ぎてわけわかりませんね。とにかく、山道です。

ちなみに私が泊まったホテルの空港ピックアップサービスは2,900PHPでした。一人旅なら少々勿体無い気がしますが、大勢の場合は利用してもいいかも。

モアルボアルにATMはある?両替は?

モアルボアル バス停

山道を抜けるとバスはモアルボアルの中心地に停車します。
中心地、といってもちょこっと商店と市場がある程度の小さな街。モアルボアルにもガイサノというショッピングモールがありますが、バス停とはやや離れているのがなんとも不便です。

※ 追記 2016.8
2016年8月時点ではガイサノモアルボアルにもバスが停車するようになっています。モアルボアルのバス停よりも見た目がわかりやすいので買い物やATMの利用をしてから宿に入りたい場合はここで下車してもよいかも。

モアルボアルのバス停正面にあるドラッグストア「ThreeSixty Parmacy」では飲み物やスナックなどが買えて店内にはATMもありますが、ビーチまで移動すると目ぼしい店もATMもないので現金の調達や買い物はセブシティか空港で済ませておくほうが安心です。ガイサノモアルボアルもありますが、ここがアウトだと他に選択肢はありませんからね。モアルボアルのビーチ付近はカードの使えないレストランも多いし、円の両替をしてくれるようなホテルもありません。

ちなみに、セブシティへ戻るバスもここから出ています。

パナグサマビーチとホワイトビーチ、おすすめは?

ホワイトビーチ

モアルボアルにはパナグサマビーチとホワイトビーチの2つのビーチが存在しています。
写真のホワイトビーチはその名の通り白い砂浜と青い海のコントラストが素晴らしいビーチなのですが、私は断然パナグサマビーチ派。周りに何もないホワイトビーチよりホテルやレストラン、バーが密集(というほどでもないけど)しているパナグサマビーチのほうが楽しく感じるのです。
ホワイトビーチにはビーチバレーに興じるフィリピン人の若者団体が多く、パナグサマビーチには比較的大人の外国人が多いのもなんとなく頷けます。

というわけで今回も当然、パナグサマビーチを目指します。

ちなみにパナグサマビーチのホテルに宿泊してホワイトビーチに遊びに行く、ということも可能です。パナグサマビーチからトライシクルで移動できますからね。
但し、ホワイトビーチでトライシクルを捕まえるのが難しいので、行きのトライシクルドライバーに待っていてもらうor帰り時間にピックアップに来てもらう約束を取り付けておくほうが安全かもしれません。2年前は確か往復で300PHPくらいだったような気がしますが、今はどうだろう。常識はずれな額を吹っかけられることはまずないと思います。

モアルボアルからパナグサマビーチに移動

トライシクル

モアルボアルでバスを降りたらバイクタクシーや写真のようなトライシクルの客引きが物凄い勢いで寄ってきます。ちょっとうっとうしいくらいグイグイ来ます。
このあたりはタクシーがないのでどちらかを使って移動する必要があるのですが、バイクもトライシクルも外国人価格は現地の人よりも高め(80~150PHP)に設定されているようです。
私は今回スーツケースを持っていたし、そもそもバイクが好きではないのでトライシクルに乗りました。モアルボアルからパナグサマビーチまで約10分程度、田舎道を走ります。

トライシクルのお兄さんは気のいい人だったけど途中で荷台からスーツケースを思いっきり道に落とされるというアクシデントに見舞われました。

「ごめんねーちゃんと縛ったつもりだったんだけどねー、アハハ。でも君のスーツケース丈夫だから平気だよー」

うん、そういう問題じゃないよね。中にワイン入ってるんだけどね、アハハ。

ちなみにワインは無事でした。
続きます。

参考 モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記録2015 その2。

参考 モアルボアルのレストラン。モアルボアル滞在記録2015 その3。

参考 モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 2015 その4。

※2016.8 追記 2016年もモアルボアルに滞在しました。
関連 モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 2016。






関連記事

smb1709

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

バルセロナ旅行2016

スペイン バルセロナ旅行 治安、持ち物、服装、費用。一人旅でも大丈夫?

クリスマス時期にスペインへ行ってきました。 今回は短い期間だったのでバルセロナとマドリ

記事を読む

hongkong_soho_66

香港一人旅 坂のある街 中環 SOHOエリアを歩く。

昨年のクリスマス、特にあてもなく降り立った香港。 関連 香港年末一人旅 クリスマスの過

記事を読む

travel3

僕らが旅に出る理由 その3 ~あまりに辛い変化~

40過ぎたというのに若い人が中心のシェアハウスで生活しながら日々モノを減らす作業を続けている

記事を読む

cebu-diary-03-3

英会話習得、何をすればいいのかわからない。セブ日記 3

只今フィリピン、セブ島にて短期留学を体験中。 関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

traveller

40代は一人旅に向いている。

「いいなあ、私も『旅行』じゃなくて『旅』がしたーい」 今回タイで知り合った同年代の女性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑