すごい空間支配力。

公開日: : 最終更新日:2018/12/05 旅人への道, 音楽、映画、芸術、世界

suginami_33

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。

そんな意見が出たものだから、それではお聴きくださいどうぞ、という感じで1枚目に「News Of The World」を選択。ズンズンパッ!しながら晴天の高速道路をひた走る。

車窓を流れゆく紅葉に感嘆の声を上げる12月のドライブ。12月とはいってもそこは暖冬、体感温度は未だ秋。はて、こんなシチュエーションにはどんな音が似合うのだろうかと考えていたところへのQUEEN振りだったので、即座に乗っかりました。

部屋や店と同様、流れる音によって車内の色合いはガラリと変わる。こんな風に、話の流れから選曲する手法もなかなかいいですね。

音の空間支配力

itunes151126

パン柔らか化事件以降はミラノサンドから距離を置いていますが、ドトールは今でも利用しています。

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

電源が使える席が豊富で大通りに面した明るい店舗Aがとても居心地よいのだけれど、滅多なことでは行かない。電源は取れないけど明るくてちょうどいい高さのソファがある店舗Bのほうを選んでしまう。

両店とも駅近で自宅及び最寄り駅からの利便性には大差なし。なのになぜ、隙あらば充電を試みる電源命の私なのに、なぜ。

預け荷物20kgの目安と成田空港の電源カフェ。

その答えは、音。

ドトール(に限らずだろうけど)って、店舗によって流している音が違うじゃないですか。季節によっても変わるけれど、BのプレイリストがChris MontezとかKenny Rankinあたりが入っていてなかなか好みなのです。反対に、Aはこう、スーパーのBGMっぽいいかにもなインストを流している。しかも曲数が少ないのか短時間滞在でも同じ曲を延々繰り返し聞く羽目になる。

どのみちパソコン開いてんだからヘッドホンしちゃえばいくらでも好きな音を流せるんだけど、せっかく外にいるんだし、隣席の様子を気にするでもなく気にしながら、ざわざわした人の気配込みの音楽を聴きたいじゃないか。

アリババの休日とリア充の爆発。

店舗Aが店舗Bと同じ音を流してくれたらな、とは思うんだけど、きっと Aは謎インスト空間が落ち着く層がメインターゲットなのだろうから、あの音が正解なんだとも思う。実際、朝一で行くと毎日ブレンド飲みに来てます感をビンビンに漂よわせている高齢男性の姿が多い。お父さん方はStereo Venusじゃメロウ過ぎてダメなんだ、きっと。

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

そんなことを考えつつ音を含めて眺めていると、同じメニューを出す同じコーヒーチェーン店でも色合いが全く違ってくるから面白い。商品はもちろん、内装や接客サービスにも大きな違いはないというのに、音の空間支配力ってのは偉大なもんですね。

話はドライブに戻って、少々疲れも出てくる夕暮れ時の帰り道。しっとりとホーンの響くジャズをかけてすぐ、こりゃまったりし過ぎでドライバーが眠くなっちゃう、と路線変更。同じくホーンつながりで「レインボー」を選択し、小気味よくスゥイングして帰ったのでした。このアルバムは10曲目の「それぞれのうた」がとても好き。

 




関連記事

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

タイトル部分に「旅に纏わるライフログ」と書いてあるわりには旅についての記事が少ないこのブログです

記事を読む

旅行、外出先での白髪対策。

By: Mainstream[/caption] 白髪が増えてきてしまったので、カラートリー

記事を読む

JALプレミアムエコノミーラウンジ

鞄ひとつで旅に出たい。

出かける機会のないまま過ぎ去りそうな2017年前半戦。 後半には2回くらいは遠出したい

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

家を持たないホテル暮らしで困ること。

家を持たない生活をする人、増えているのでしょうか。 自分もそんな暮らしをしていた経験が

記事を読む

40代になっても、懲りずにしつこく学び続ける。

以前1ヶ月間毎日続けてみたオンライン英会話。 関連 オンライン英会話を1ヶ月間続けてみ

記事を読む

ダッバーワーラーの手拍子とリズム。

ここ数年、ドキュメンタリーを含めインド映画をよく観るようになりました。 餃子のひだと

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑