なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

公開日: : ミニマルライフ

tokyotower8

師走に入り初の平日、6時外出。

これは、いよいよか。開幕日は今日しかない。そう決意し張り切って履いたのに、外はなんと11度と暖かく。

早まってしまいましたが、一度履くと二度と脱げない、それがズボン下です。

一旦あの温もりを感じてしまうと春が来るまでは、ねえ。

なければないで済んだのに、あれば手放せなくなる

ny_dt_39

昨今はヒートテックをはじめとする高機能インナーがすっかりお馴染みとなったせいか、「ババシャツ」というネーミングで呼ばれる下着を目耳にする機会は減りました。

呼び名は変われど、寒い季節を耐え忍ぶために内側に仕込むという目的は一緒です。形状も昭和の頃からそう大きくは変わらない。

変わったのは我が身のほうで、今回みたいにそこそこ暖かい日にうっかり上下ともほかほかインナーなんか仕込んじゃうと、日中の室内が暑くて仕方ない。寒がりなのに、瞬間的に暑くなったりもするお年頃なものですから、やれやれ。

しかし振り返ってみればその昔、真冬の装備はババシャツオンリーでズボン下までは使ってなかったなあ。代わりに厚手のタイツを履いてたんだ。あれはあれで暖かいけれど、足のつま先問題があるので、やはり私にはズボン下がお似合いということでしょう。

つらい巻き爪、足底の角質化が改善する簡単な方法。

なければないで済んだけど、一度愛用すると、手放せなくなる。そんなものが、ある。

ズボン下とダッカール

つい先日、ダッカールが行方不明になりました。

ダッカール。男性諸氏わかりますかね。洗顔やメイク時に邪魔にならぬよう前髪を避難させたり、パーツごとにブローするためにブロッキングしたりする、髪留めのことです。

ズボン下同様、その昔はダッカールなんて使ったことはなかった。若かりし日はずっとロングヘアだったから、洗顔時はゴムでひとまとめにしていたし、ショート時はそもそも留める髪がない。

しかし、現在は前髪が割れた腫れたで大騒ぎの厄介な前下がりショートボブ。ダッカールには毎日お世話になっているものですから、突然なくなったときの不便さといったらアナタ。

うっとうしい割れ方の原因は。

行方をくらましたダッカールは2日後、洗面所のヘンなところからひょっこりでてきて事なきを得ました。

ホッとしながら前髪を留めて、考える。失くしたり、壊れたりした時にすごく困るものこそが必需品であって、逆に故障してても気づかないとか、生活に大きく影響しないものは、別になくたっていいのだ。

すこぶる当たり前のことですがつまり、ズボン下とダッカールは今の私には必要でしたねというお話です。もちろんこの先も必要であり続けるかどうかは、まだわからないし、ものがないことにおおらか過ぎる私のことだから、なければないで、ないことに慣れちゃうんだろうけど。

ダッカールくらいさっさと買い足せよ、というご指摘は、ここでは敢えて受け流そうではありませんか。

 




関連記事

靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がな

記事を読む

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

普通の服がおしゃれ、じゃない。少ない服を着回す弊害。

By: Leon Brocard[/caption] ようやく気温も安定してきた今日この頃、

記事を読む

ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる。

読もうと思って手元に置いている本がたまり始めたので、週末はおとなしく読書。 まず読んだのは

記事を読む

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

神経質にならずとも普通のものが普通に使える、という喜び。

By: Tracy Hunter[/caption] なんとなくとっておいてしまうものの代表

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

ものがない、服もない。ないないづくしの快適さ。

この4週間書き続けてきた滞在日記。最初から計画していたわけではないのだけど、途中からは意図的

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

→もっと見る

PAGE TOP ↑