最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

公開日: : 最終更新日:2014/12/30 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

blueskywithplane

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめたいと常に考えています。
そのため、気軽に持てる重さを越える場合は迷わずキャリーバッグを使用。

「キャリーバック持参の旅なんてかさばるし時間かかるしいいことない」

という方も多いかとは思いますが、私は重いバックパックは背負いたくないのです。

>>参考
ミニマリストのスーツケース




 

できるだけ少なく!女性の旅の持ち物リスト

beach.min

女性が旅の荷物を少なくするには、いかに洋服を減らすかが最重要ポイント。
プライベートな旅であればあれもこれも持っていきたくなりますが、いくら楽しみのためとはいえ、重い荷物を引き摺るのはイヤ!ってしつこいですね、でもホントにイヤなんです。

今から1週間以上の旅に出るとして洋服は何を持っていくか、ちょっと考えてみました。

  • キャミソール×2
  • 半袖Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • 襟付きの白シャツ
  • UVカットのカーディガンかパーカー
  • 白かベージュのバンツ
  • デニム
  • ワンピース
  • ストール×2
  • カンガ
  • スニーカー
  • ギョサン
  • パンプス

かなりざっくり、そして夏限定のリストですが、こんな感じ?

※追記 冬の旅行持ち物リストも書きました。
参考 旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

この中で一番かさばると思われるカーディガンかパーカー、デニム、スニーカーは必ず移動時に身につけます。荷物になるものは持っていくんじゃなくて「着て運ぶ」わけですね。となると、あとは小さくたためるようなものばかりだし、ギョサンもパンプスも軽いので楽です。

>>参考
ミニマリストの夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

もちろん、荷物を少なくすることだけを考えれば靴はあまりカジュアル過ぎないデザインかつ歩くのがラクな黒のゴム底タイプだけで乗り切る!など、さらにアイテムを絞ることは可能です。
が、旅先でずっと同じスタイルで過ごすのは楽しくないし、旅行者だから許してとばかりにどこへでもデニムとビーサンで押しかけるようなこともしたくありません。

しわになりにくい素材のワンピース、白シャツ、パンプスなどがあればそれなりのレストランやバーに行く機会があっても慌てることなくお店や同行者に失礼がない着こなしが可能です。さらに赤系と青系など、色味の全く違うストールがあれば印象をガラリと変えることができて便利。

>>参考
ミニマリスト女性のファッション

あとは帽子、サングラス、バッグなどの小物類でしょうか。

大人の女性がさらりとフォーマルに対応できないのも、あれこれ詰めた重い荷物を引き摺って歩くのも、どちらもどうにもスマートじゃない。
うーん、旅の荷物って本当にバランスが難しいですね。

 

カンガは旅の必需品

kanga.min

さて、上の持ち物リストにひっそりと紛れ込んでいますが、「カンガ」ってご存知ですか?
東アフリカで衣類や風呂敷などに使われている一枚布で、カラフルな柄の中にスワヒリ語の格言がプリントされています。

 

切りっぱなしで販売されているものも多いですが、予め端縫い済みのもののほうが使い勝手がいいですよ。私は写真の紫ベースのカンガを随分前に某ミュージアムショップで購入したのですが、それ以降旅には必ず持参して愛用しまくっています。

思えば、カンガを購入した当時はまだ明確にモノを持たない生活を意識していたわけでなかったのにこのフレキシブルな布を選んでいたなんて。なんとまあ不思議なご縁です。

さて、この大きな布。用途はホントに幅広いのだけど、特に海やプールに出かける時は必需品。水着の上から巻いてワンピースにしたり、プールサイドでお昼寝するときの日よけにしたり、バスタオル代わりにしたり。使った後はざっと洗って干しておけばすぐに乾くのも高ポイントです。旅じゃなくても、暑い日はパジャマ代わりにすると涼しくていいですよ。

>>参考
カンガを巻いてみよう!(アフリカフェ@バラカ)

そういや以前フィリピンのとあるビーチリゾートで連休を過ごしたとき、ヴィラのベランダにカンガを干していたら、偶然隣のヴィラに宿泊していたアフリカ人ご夫妻の目に止まり

「日本人がなんでカンガ使ってるの?アフリカ行ったことあるの?」

と、話しかけてくれました。その旅以降も彼らとは仲良くさせてもらっています、なんていうエピソードもあったり。

今ではすっかり愛用品となったカンガ。使い始めの頃は肌触りがややかたく感じられ洗濯での色落ちも気になりましたが、使い込むうちにやわらかく馴染んできました。こういう「時間をかけて育てていく」ようなもの、結構好きなのかもしれないなあ。

軽くて荷物にならないたった一枚の布。アイデア次第でいろんな使い方ができるアイテムは、旅の荷物を減らすには最適です。

 






関連記事

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

gray's papaya

ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲気、匂いなんてものを求めてさて

記事を読む

blackboots

ミニマリスト女性の秋ファッション(1)スタイルよく見せてくれるパンツ。

暑くなったり寒くなったり忙しいですが、秋のファッションについて考えますか。  

記事を読む

manybooks

思い出のモノを整理することで、昔の自分と対峙する。

基本的に本や雑誌は読んだら処分しています。 私にとって必要なのはそれらから得られる知識

記事を読む

travelbag

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

By: Carol Alejandra Hernández Sánchez

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

sportsshoes

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

lensbox

カメラ、携帯、家電…買ったものの箱は瞬時に捨て去る。

新しいレンズが届いてすっかりご機嫌な私ですが、レンズを本体にセットしてふと思いました。

記事を読む

taiwan-foods6

台湾一人旅でもちょっと一杯したい!台湾一周一人旅の食事 その2。

少し時間が空いてしまいましたが、台湾の食まとめ第2弾。 関連 台湾一人旅でもローカルフ

記事を読む

By: Mitchell Askelson

10月 捨てたものリストと買ったもの ’15

By: Mitchell Askelson[/caption] 1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

Comment

  1. ヨコ より:

    初めまして、ヨコと申します。

    お盆前に旅行の荷造りについて色々検索していたところ、こちらの記事にたどり着きました。そしてカンガを知りました。海外旅行の予定はない、日本で使うには派手すぎるか…とも思いましたが、使うほどに生地が柔らかくなる…というところに惹かれ、カンガを購入しました。これからガシガシ使って柔らかくしていきたいと思います。
    これからもブログを楽しみにしています♪

    • crispy-life より:

      ヨコさん

      コメントありがとうございます。

      カンガ仲間ですね!確かに柄は少々派手なものが多いですが、サイズ感といい質感といい、使い勝手はとてもいいです。私のカンガはいつのまにやら10年選手、すっかり柔らかくなりましたが、まだまだ現役で頑張ってますよ。ヨコさんも是非いろんな使い方を楽しんで下さいね。

      今後ともどうぞよろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ota_64
夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立
ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくな

サングラス
大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天

あさりと小松菜のオイル蒸し
兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

→もっと見る

PAGE TOP ↑