荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

rooftop2

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。

暫く住んでいたことのあるエリアなので人に会いに出かけたりはするものの観光や買い物は必要ありません。よって、旅行とはいえ東京での暮らしを暫くこちらに移した、といった感覚でしょうか。

せっかく南の島に来たのだから数日間はリゾートホテルに滞在してビーチでの休息も楽しむつもりですが、基本的には日常生活を送る予定です。

写真は現在滞在しているホテルのテラス。誰もいなくて貸しきり状態だし、混沌としたセブシティが見渡せてなかなか気持ちいいです。風通しがよくて、昼間でも涼しいしね。

南の島での定番スタイル

rooftop

先日大勢の現地の友人と会うことができたので、持ってきた土産物の大半がなくなりました。おかげでスーツケースの中身も半分に。洋服類は少ししか持参していないし、シャンプーももともとしないし、使っているスキンケア用品もたった2つなので、ホテルの部屋に自分の持ち物が散らかることもなく。

参考 40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

毎回出発の日の朝もらくらくです。

さて、常夏の島セブですが、現在は「真夏」でとても暑い。おまけに1人で街中を移動するにはカジュアルな格好が安全と来ているので、

  • デニム
  • ギョサン
  • Tシャツ
  • 帽子
  • サングラス
  • 斜めがけの小さなバッグ
  • パーカー

というのが基本スタイルです。パーカーはUVカット加工のもので、日焼け対策と冷房による寒さ対策。さらに、ジプニー乗車時にはバッグの上から腰に巻きつけて防犯対策としても活用しています。

人と会う時はもう少しきちんとしたスタイルになりますが、1人で出歩く際はこれくらいが安心。よって、使うアイテム数はぐっと抑えられるのですが、問題は洗濯です。

移動を伴う長期の旅行、洗濯はどうする?

普段はTシャツ程度で済むので荷物はぐっと減らすことができますが、汗をかくので替えが少なければ頻繁に洗濯する必要が出てきます。
ホテルのランドリーサービスや街の至る所にあるランドリーショップを使うという手もあるのですが、何しろ時間に大らかな地域性、細かく移動する今回の旅ではランドリーサービスを使うのは少々リスキー。結局トップスと下着を全て手洗いすることで凌ぐことにしました。何しろ暑いので、朝洗ってバスタオルに挟んで水分を絞り、きちんと型を整えて干しておけばすぐに乾くので全く問題なし。

数日の旅行なら洗濯を考えなくて済む数を持参するほうがラクですが、1週間以上になると数を減らして洗濯するほうがいいですね。

小さいサイズのピンチハンガーを持ってくるかどうか少々迷いましたが、今回は持参して正解でした。まあ、これもなければないでどうにかしたでしょうが。

ただし、デニムはホテルでの手洗い&乾燥が難しいのでタイミングを見計らってランドリーで洗うなりしようと考えています。

モノを持たずに身軽に暮らす

気軽に洗濯できない状況での長期旅行は初めてなのでどうしたものかと考えていましたが、まあ、なんとでもなりますね。




関連記事

モアルボアル滞在記2016

モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方。

夏休みはフィリピン・セブ島のビーチリゾート、モアルボアルで過ごしました。 またか、とい

記事を読む

今日捨てたもの 10/20 赤い靴と夢の話。

ちょっと久しぶりの「捨て記事」ですね。 季節は変わり、洋服類などは 「もう少し減

記事を読む

どこも行けなくて・夏。

奥さん、8月です。 真夏です、盛夏です。今年も残すところあと153日となりました。

記事を読む

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっきりとした部屋で暮らしている我が

記事を読む

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさない方針を貫いて生きてきました

記事を読む

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

せいだのたまじ献立

せいだのたまじ、千切りキャベツ蒸し献立。

「せいだのたまじ」とは、山梨の郷土料理。小ぶりな芋を甘い味噌味に仕立てる素朴なおかずです。

記事を読む

オンライン英会話レッスンを申し込んでみた。

By: News Oresund[/caption] 来月久しぶりに国外に出ることを決めまし

記事を読む

ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。

またまたやって参りました。 関連 モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 201

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑