人間は、そういうふうにできている。

公開日: : 最終更新日:2018/06/22 生き方と考え方, 音楽、映画、芸術、世界

sudio__

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。

方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

通常は主に自宅にて使っているヘッドホンを、外出時にも持ち出しておりました。

ヘッドホン、恐ろしい子。

そういう風にできている

itunes151126

今使っているヘッドホンは、以前レビューを書かせてもらったもの。

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

我が家にきてから1年ちょっと。白を選んでしまったこともあって近頃は少々使い込んできた感が見えますが、相変わらずいい感じであります。

アリババの休日とリア充の爆発。

いい感じ、はいいんだけど、カフェなど外での作業中にこの手のヘッドホンを使うのは少々注意が必要です。

人間誰しも、今いる場所を十分に把握していても、目の前に広がる景色がどうであっても、記憶の深いところに刻み込まれている音に耳を占領されると、うっかり歌ってしまいます。私も1曲丸々真剣に歌ってからこの事実に気づいたんですけどね。どうも人間というのはそういうふうにできているらしいです。

気をつけましょう。キーボードの強打以上の迷惑行為になりかねません。

キーボードを打つ音がうるさい人のせいで仕事ができない時の対策。

大丈夫。絶唱じゃなくて、口パクに毛が生えた鼻歌程度ですから(保身)。

接触回数と好感度

ストロベリーフィールズ

一度染み込んだ音は、その後何年のブランクがあろうとも、いつまでも空で歌えたりする。好きな曲だから繰り返し聞くのか、それとも、繰り返しているうちに好きになってしまうのか。

好きなものにハマりすぎてアホみたいにリピートした挙句飽きて嫌いになる哀しいパターンもあるけれど、接触回数と好感度は非常に密接な関係にあることは確かでしょう。見知らぬ人より知り合いの方が安心できるし、新しい店にチャレンジして外すより慣れ親しんだ店でいつものアレを頼んだ方が無難だし、なんてのもあるし。

一目惚れや直感云々に憧れはあれど、出会って即落ち案件はそうそうない。

毎日の暮らしに、楽しみがないから。

なんとなく繰り返しているうちに、なんとなく親しみがわき、なんとなく好きになっていく。どうも人間というのはそういうふうにできているらしいです。

しかし嫌いなものはいくら繰り返しても好きにはなれない。というか、繰り返す必要すらない。

だからこそ、苛立つエリアにむざむざ立ち入って苛々するべからず、臭いにおいをわざわざ嗅ぎに行って臭い臭いと騒ぐべからず、苦い記憶にずぶずぶと漂って辛い辛いと嘆くべからずですね。

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

ちなみに全曲通して聴きましょうキャンペーンを恙無く終えての発見は、Yellow Submarineなんて全然繰り返し聴いてやしなかったこと、アルバムの好みと曲の好みが必ずしも合致しないこと。また、曲間の味わいのみに焦点を当てるとするならば、3枚目B面(あえてこう言う)4-5が至高であるという当時の感覚は未だ変わっていないことなど。

 




関連記事

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさない方針を貫いて生きてきました

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

時がとまっているおばさん。

最近「ガラスの仮面」を読みはじめました。実は私、昭和の女でありながら、今まで読んだことがな

記事を読む

儲け話を断れないのは性格だけの問題じゃない。

最近はめっきり無形商材なのですね。 友達から誘われて断れる? 「モノなしマルチ商法」若

記事を読む

2015年後半戦突入!下半期の運勢を占う。

昨年末になんとなく書いた占いの話。 参考 2015年の運勢を占う。 年末年始の縁

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑