毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 生き方と考え方

大人になると日常生活で大概のことはうわの空でもできるようにになっているので、何も考えずに過ごしていたら特に新しいチャレンジなんてしないものだな、と改めて実感。

そう、今月のキャンペーンの話です。

参考 新しいことを始める、全然怖くない方法。

今月がスタートしてまだ3日目ですが「毎日何か新しい行動、選択をする」って、自分で意識しなくちゃ案外難しいことだったんだと気がつきました。

え、実感するの早すぎ?

新しいことに出会う、と自分からする、は違う

新しい体験をすること自体はよくあると思うのです。お土産にもらって初めて食べた果物とか、人事異動で新しい部署に変わったとか。でもそれってどちらかといえば棚ぼたな初体験。自分の行動によるものではありません。

自分の行動のみに限って言えば、別に考えなくてもできることは特に変えようなんて思わないのかもしれない。

例えば昨日はいつも使わない駅の出口を使ってみたわけですが、なぜここを使ったことがないかといえば、単純に遠回りだからです。使わなくちゃいけない理由はどこにもない。よって昨日は本当にこじつけくさい動機により利用しただけですが。

別に駅の出口だけじゃなく、電車に乗るとか歯磨きをするとか、特に注意や努力を必要としない慣れた行動や作業に関しては、普段は特に思うところもなく無意識に繰り返しているわけです。

そして、その間自分の心や思考は今日の仕事の段取りとか帰りはスーパーに寄ってキャベツ買おうとか、今この瞬間ではない別のところを彷徨っている。実は小さな初体験や新しい行動を取っているのに、もしかしたらうわの空すぎてそのことにすら気がついていない、のかもしれません。

まあひとつひとつの行動を

「はて、いつもこの道を通って帰宅しているけれど、果たしてこれは正しい行いなのだろうか」

なんてわざわざ頭の中で指差し確認しながら生活するのは大変なので、これが普通の状態ではあるのですが。

 

毎日同じことの繰り返しは退屈か

ところでズボラでがさつな私にその適性がないからか、毎日同じことを丁寧に繰り返す能力のある人にはどこか憧れに似た感情を抱きます。伝統工芸を作り続ける職人然り、毎日家族のために家事一切を引き受ける専業主婦然り。

そしてそれを心底「楽しめる」人って、毎日同じ繰り返しの中にも何かしらの改善や工夫を加えているんじゃないかと推測するのです。若しくは、寸分違わず同じにできるかという部分に繰り返す面白みを見出している、とか。

同じことをしているようでいて、些細な変化や自身の成長を観察して人知れず楽しんでいる。

今でこそ普通の毎日を丁寧にはできないまでもそこそこ面白がれるようになった私ですが、以前は繰り返し、というと本当に何の工夫もせず何も考えず、ただ無意識に繰り返して挙句の果てに「毎日同じでつまらない」とか言っていたような気がします。これってまさに「服を買うなら、捨てなさい」に出てくる一切アップデートしようとしない懐メロショー予備軍ってヤツですね。

それも若さゆえ、だったのかしら。

つまらない毎日を劇的に変えてくれる何かの存在

工夫しようともせずに毎日つまらないなどと考えるのも若さゆえの未熟さ。そう考えるとやっぱり歳を取るのは悪くないと思えるけれど、もしも毎日が同じことの繰り返しでつまらないなんてブツクサ文句を言っていた頃にこの実験をしていたら何か変化があっただろうか?とも考えるのです。

いや、あの頃は「そんなことやっても意味ないし」でスルーしていたかもしれないな。何しろ、自分ではない何かや誰かが私の人生を劇的に変えてくれると信じていたんだから。

参考 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

大それたことじゃなくても自分の選択で新しい行動を起こし続けるこの実験。
せっかく(?)思いついたお遊びなので1ヶ月は続けようと考えていますが、もしかしたら新しい行動を起こすことそれ自体にはさほど意味なくて、「今日の自分に何かできることはないか、改善点はないか」という視点を持つこと、そして今この瞬間に自らに問いかけることこそが大切なのかもしれない、などと感じた3日目なのでした。

ううむ、一体この実験はどこに着地するのだ。最終的には私お得意の「変化があろうとなかろうと、楽しけりゃどっちでもいいじゃない」になりそうな気配も濃厚ですが。

こういうこと考え始めるとそこはかとなく禅問答モードが発動しますね。

※追記 ゴールしました
参考 毎日同じでつまらないなら、新しいことをすればいい。

 




関連記事

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

12年に一度の大幸運期がやってくる。

いつものようにぼんやり暮らしていたら、あっという間に年の瀬になっておりました。 毎年

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

誰もが今日も、ダイエットランドで。

「ダイエットランド」は、どんなストーリーなのか見当がつかない状態で見始めました。 タイ

記事を読む

お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

By: Katie Brady[/caption] 何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし

記事を読む

今治タオルトゥシェ フェイスタオル

仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていました。生きる目的、今夜はフラッシ

記事を読む

なりたい自分と、現実の自分とのギャップ。

写真を撮るのが好きです。 多くの玄人はだしが存在するこの業界(?)、たいした機材も技

記事を読む

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立
鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立

新年最初の更新ではありますが、平常運転の晩酌献立ストック投下

→もっと見る

PAGE TOP ↑