毎日の暮らしに、楽しみがないから。

公開日: : 最終更新日:2018/02/28 やりたいことほしいもの, 生き方と考え方

ibishotel-hongkong-19

先日、ちょっとした打ち上げ的な機会を作っていただきまして。

関連 ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

編集さんとはもちろん打ち合わせ等で何度もお会いしていたのだけれど、お世話になったデザイナーさんやイラストレーターさんとはこれまで直接お会いしたことがなかったのです。

改めてご挨拶できてよかったし、何よりみなさんとお話できて単純に楽しかった。

とつぜんFall in Loveの衝撃

totoya

さて「晩酌帖飲み」が開かれた日は、平昌オリンピックの真っ最中。

スポーツはプレイにも観戦にも酷く疎いわたくしではありますが、開催中それなりに状況チェックはしておりました。フュギュアとかもリアルタイムで見てたけど、もうね、ああいうの心臓に悪い。ドキドキしてまともに見てらんない。なんて、にわかもにわかのくせに突然感情移入する自分が嘘くさすぎて呆れます。

で、初めましてのご挨拶も早々に、シンプルながらも味わいのあるデザインをして下さったチコルズ・山田さん

「私、最近で言うところの『スケオタ』ってヤツなんです」

発言に俄然興味が湧いた私。

食いつきポイントはスケートという競技に関してではなく、そこに情熱を注ぐようになったきっかけのほう。もともとスポーツ好きだったのかしら、と聞いてみれば全然そんなことはなく、むしろスポーツ全般苦手で、いずれの競技観戦経験もそれほどはないと言う。

「じゃあ、アレですか。テレビで見てて、ある日とつぜんズキューン!ってきちゃったとか」
「まあ、そうですね」

まさかの一目惚れ!なんというとつぜんFall in Love、見つめ合えばSweet Emotion。そうか、そういうこともあるのか、とめちゃくちゃうらやましくなってしまったのでした。

関連 モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

ある日の出会いがきっかけで一気にハマって、以降は海外遠征にまで出かけるようになったという怒涛の展開になぜかジェラシー。いいな、いいな、私も一目惚れしたい。などと、相変わらずの憧れを口にしてしまうのでした。

生活に楽しみがないから

hongkong_soho_33

ああ、憧れの一目惚れ。それを実際に体験した人が、今、ここにいる。思いがけず目の前に現れた研究対象(失礼)が何気なく口にした

「私、生活周りにあんまり楽しみがないから」

という言葉は、やたらとリアリティがある。

「お酒にしてもすごく弱くてすぐ酔っ払っちゃうから、楽しむところまで行かなくて」

満面の笑みを浮かべてそう語る山田さんを、凝視。

関連 足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

日常の中にある小さなあれこれに喜びを感じられるのは幸せだし、お手軽なお得感がある。

しかし日常生活の小さなお楽しみがないからこその衝撃的な一目惚れなのだとしたら、むしろ日々の喜びでお楽しみを小出ししてしまっている状態なのだとしたら。

だとしたら、毎夜ちまちま晩酌で満足している場合ではないのではなかろうか。さらに酒に弱くてすぐ酔っ払う、という点では私とて完全一致なのだから、立派な酒飲みの面々の楽しさと比較したならば、私は酒の楽しみのたの字すら実は知らないのではなかろうか。

そう強く感じるのは、さらに肝心なアドバイスが聞けたであろう後半の会話内容をすでにあまり思い出せないからであります。せっかくの探求機会だったのに、もったいない。もったいななすぎる。我ながら、心の底からどうかしてると思います。

 




関連記事

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

なるほど、と思ったブログ記事をシェア。 多くの人は、「自分には新しいモノを手に入れる能力がないか

記事を読む

風邪をひいたら、仕事はすっぱり休みませんか。

体の具合が悪い時は、休む。 いくら忙しい社会人のみなさんでもここは厳守していただきたい

記事を読む

いまだに右か左かわからない。

エスカレーターに乗る時、右を空けるか、左を空けるか? それは地域によって違うのだ、とい

記事を読む

続けた先にある未来。

By: Natalie Lucier[/caption] 今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見

記事を読む

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。 参考 18歳から42年間引きこもった

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

WiMAX2+ギガ放題プランにてMX03へ機種変更。

By: Jerome Bon[/caption] 悩んだ挙句に決めました。 これから2

記事を読む

自分の名前が書けなくて。

By: Caleb Roenigk[/caption] 本日は執拗に自分の住所氏名を書きまく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑