鞄の中身は絶対に見せられない。

公開日: : 最終更新日:2019/10/14 ミニマルライフ, 生き方と考え方

140830lg

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。

「部屋にあるものなんでもテキトーに使っていいから」

と、彼女は言う。

あら、そりゃどうも。じゃあお言葉に甘えて勝手にさせてもらいましょうかねと、人の家で遠慮なくくつろぐ私です。

鞄の中身は絶対に見せられない

editorsbag

本人の留守中に部屋に入り、そこで寝泊まりする。

家事代行とかシッター系とか、しかるべき業者に仕事として依頼する場合を除き、ある程度親しい仲でないと成り立たない行為でしょう。自分が入るときに招き入れるのとは違って、一定レベル以上に信頼できる人間でないと難しい。

残念ながら私はさほど信頼に値する人間ではないけれど、かといって盗みや家探しなどはやらかさないと見込まれているからこその依頼であり、まあありがたいことではあります。

ありがたいが、これは頼まれる方より頼む方の度量によるところが大きいな。と、この手の依頼をされる度に思う。

この手の依頼。例えば

「私の鞄の中から、財布とって」

とかです。

鞄の中身を開示できる人

170731lg

以前も似たようなことを書いた気がするけれど、どれだけ仲のいい友人でも、家族でも、相手が誰であっても、私は鞄の中身を見せられない。よって、旅行中などに友人らとの間でよく交わされる

「私の鞄の中から、財布とって」

などというやりとりが、ものすごく眩しいのです。

「私のデスクの引き出しに入っている書類持ってきて」

も同様でしょうか。

「私のパソコンのデスクトップに置いてあるファイルコピーしておいて」

なんて、考えただけで背筋が凍る。要するに、自分の持ち物の中身を人に見られることに、強い恐怖を感じるのです。

以前は鞄の中身が散らかっていて恥ずかしいからだ。と思っていたけれど、多分そうじゃない。どれだけ散らかっていても、鞄の中身も部屋も平気で見せられるオープンマインドな人なんて、いくらでもいるもんね。

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

ちょっと踏み込んだ(大げさ)お願いができる人は、きっと、うつわが大きいのだ。鞄の中身や部屋を他人に見せるというリスクを取れる(大げさ)度量があり、それだけ人をまっすぐに信頼する、清らかな心も持ち合わせている。

私の場合は、他人に心を開かない閉じた性質が行動にも現れているのでしょう。さらには自分自身が信頼に値しない人間だから、相手のことも信頼できず、中身を見せられないのでしょう。という、寂しげな仮説はいかがでしょうか。

逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

単にパーソナルスペース云々の違いかもしれないけれど、あながち大はずれでもないのでは。

「部屋の鍵渡しとくから、適当にやってて」

そんなイカした台詞を自分が口にする機会は今後あるのだろうか。と、ひとんちのソファで寝転がって酒飲みながら考えるのでした。

 




関連記事

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

初心者 瞑想

何一つ変化していないのに揺れる不思議。

お釈迦様バースデイ月間だから、というわけではありませんが。先のことばかり考えて、肝心要の「今

記事を読む

満たされない毎日の過ごし方。

先日は久しぶりに酒を抜きました。 フィリピン滞在中は酒が飲めない環境だったもので、飲む

記事を読む

掃除機はいるのかいらないのか

片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、いざ実行してみると一種ストレス

記事を読む

電車に乗らない日々、運命の街。

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん

記事を読む

威厳のマツコのお墨付き。

「お墨付き」という言葉があります。 特定の商品やサービスの品質の高さや安全性をユーザー

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

いまだに右か左かわからない。

エスカレーターに乗る時、右を空けるか、左を空けるか? それは地域によって違うのだ、とい

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。 老後も何ももう80手間

記事を読む

Comment

  1. Yosh より:

    私も、カバンの中と自分の部屋は他人に見られたくないです!
    あと、お財布の中も見られたくないですね。
    ただ、勤め人なので、会社の机の中やPC、ロッカー、は、他人に見られても仕方ないな~と達観しています(業務上必要な場合、ですが)
    祖母が、寝たきりになった際、お財布の管理もしなくなって、叔父が一切合切面倒見てました。私も寝たきりになりそうだったり、施設に入ったりする際は、自宅を徹底的に断捨離して、あとは親類に任せるのか~と思ったり、かと思えば死ぬまでお財布の紐は握っていたい、と思ったり。いろいろ考えさせる記事でした。

    • crispy-life より:

      Yoshさん

      お、同士ですね。なんでだろう、なんで見られたくないんでしょう。明確な理由って何かあったりします?

      鞄や財布はともかくとして、今改めて見渡してみても部屋の中に特に見られたくないもの、見られて困るものがあるわけでもない、(そもそももの自体がない)のに、我ながら不思議です。そして自分はできないのに人の家に上がり込んで堂々とくつろぐ厚かましさ。

      誰かに任せたり見られたりすることがストレスになるタイプは、人一倍元気でいられるよう努力すべきなんでしょうか。と言っても、自分で管理できなくなることだって十分考えられるのだから、見られても大丈夫な人になっておくべきなのか…。答えは出ませんが、せめて見られても恥ずかしくない程度にはしておきましょうかね(消極的)。

      • Yosh より:

        私の場合は、なんというか、自分を理解されてしまうのが苦手、というか怖いと言うことですかね。以前、素人にタロット占いをお願いした時に、「秘密主義でしょ」と言われたのを思い出しました。占い師に自分をさらけ出せないって、意味ないじゃん!と今頃自分で自分に突っ込んでいます(笑)

        • crispy-life より:

          Yoshさん

          「秘密主義」ってなんだかすごい響きですね。

          でも、私もそうかも。理解されるのが怖いという感覚、すごくよくわかります。そんな性質も鞄の中身開示できない問題と関係があるのかもしれません。って、サンプル数2ですけど。

  2. あき より:

    私はバッグと財布はいつでも中を見られてもよいように整えてます。
    自分に何かあった場合、おそらく身分証明書を探されるでしょう。crispyさんのおっしゃるとおり、見られたくなければ健康に気を遣うべきですが、発作的に起きたらどうしようもない。ここは割り切ってます。

    部屋は絶対無理!好きに滞在してとか本当に無理!家族でもパーソナルスペースに入ってほしくない。ミニマムライフをめざそうとしたきっかけは「生前整理」という言葉に出会ったからですが。まだまだ晒せる程にはならず…。

    • crispy-life より:

      あきさん

      >自分に何かあった場合、おそらく身分証明書を探されるでしょう。

      確かに!むしろ、わかりやすいようにしておくべきなのかもしれませんね。気をつけていても何が起こるかはわからないので。

      開示上手な友人らの部屋にはおもてなし用のあれこれがきちんと揃っており、なるほど社交性も大きなポイントかと考える次第です。私、友人を部屋に泊めることになってもパジャマひとつ貸してあげられないわ…(持ってない)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑