方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

公開日: : 最終更新日:2019/01/24 生き方と考え方

Cerveceria Restaurante Doña Juana SLL

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり

「安室ちゃん行ってきたー、最後に観られてよかったー!」

と、興奮気味に話す友人。

そりゃよかったじゃないか。ところで我々はそこそこ長いお付き合いになるけれど、あなたが安室ちゃんファンだったなんて事実をこれまで一度も聞いたことありませんよ?

方向性の違いによる別れ

rio 65 trio

確かに、現在40歳前後の女性ならば一度くらいはハマった時期があってもおかしくはない。

安室ちゃんと同じ年であるこの友人の場合、大ブームの頃がまさに青春時代で、その後仕事で上京した当時に一番ハマっていたらしい。ここのところはなんとなく離れていたけれど、引退の報を聞きいてもたってもいられずの滑り込み参戦、という流れのようです。

ああ、そのパターン、多いだろうなあ。

一人の歌手やバンドやミュージシャンを、デビュー当時から最後までずっと同じテンションを保って観続けられることってそうそうないのではないかと思う。同じ「ファン」という立ち位置でも、俳優とかスポーツ選手あたりを応援する心理ははまた違うのかもしれないけれど、音楽ってのはねえ。方向性の違いでメンバー脱退もしくは解散するバンドが多いように、演者本人のみならず、聴き手にも必ず方向性の違いは、やってくる。

方向転換のタイミングが来る前に活動を止めてしまったとか、早くに本人がいなくなってしまったという27クラブ的ケースであれば、デビューからラストまでずっと好きでした。はあるかもだけれど、活動期間が長くなればなるほど、最初から最後まで一途に思い続けるのは難しい。

自分自身を振り返ってみても、ファーストアルバムからラストアルバムまで満遍なく聞きまくったアーティストなんていないもの。

最後まで思い続ける尊さ

140802lg

リリースされた全曲把握してるのは、もしかしたら基本のキのビートルズくらいかもしれないし、それだってもちろん生きた年代が違うので後追いだし、13枚しかないアルバムも、ものによってはさほど聴き込んですらいないかもしれない。そもそも活動期間がたったの8年だから短かすぎる。(でも、今これを書いていて久しぶりに最初から通しで聴いてみようかという気になり、うっかりI Saw Her Standing Thereのあるある沼)

音楽に限らず、俳優でも棋士でも選手でもチームでも、全作品読んだ作家とか、全作品観た監督とか、全試合、全なんとかをコンプリートした経験、ほぼないわ。

これは私が作者や演者でなく作品そのものに傾倒するタイプだからなんだろうけど、それと同時に探究心の浅さも露呈している。

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

だからこそ、全盛期から比べれば総数は減少したものの、おばさま方の黄色い声援を未だ浴び続けている人の姿を見ると、本人もファンもすごいな、と思うのです。だいたいはもう秀樹クラス、往年のアイドルですかね。あとは熱狂的信者を有する長渕あたりか。声は黄色かないけど。

長年のファンらは惰性で応援しているのではなく、昔も今もそう変わらないレベルで対象者を好きで、今後の音楽性はもちろん、姿形がどう変化しようがその想いは揺るがなくて、もはや彼が存在してくれているだけで幸せ。そんな域に達しているのでしょう。慈悲深すぎる一途さが、もはや尊い。

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

さて、別の友人が最近、子猫を飼い始めました。

猫を撫でながら一杯やるか。と、酒瓶ぶら下げて様子を見に行くと、部屋は既に大改造。猫タワーマンションみたいなのがリビングの中央に建設されてるし、ふかふかの猫ベッドに猫おもちゃ、お留守番見守りカメラに至るまで、大人の財力を駆使した猫フル装備がなされておりました。

迎え入れ数日間で見事な溺愛、親バカっぷり。わかるよわかる、その気持ち。そうなるよね。

どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

今後15年か、願わくばそれ以上、猫のためにも頑張って働くよと息巻く友人。猫は歌ったり踊ったりしてはくれないし、あと数ヶ月も経てばふてぶてしい姿に変化を遂げてしまうけれど、方向性の違いを理由に別れることはできない。

けれど、一番近いファンとして最初から最後まで見続けられるうれしさたるやあなた、ねえ。

 




関連記事

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

みんなで食べても、美味しくない。

2021年初の「よいお年を」を、やりました。 昨年から例のアレのせいで忘年会的なも

記事を読む

自分を疑え。

By: Kanko*[/caption] 今年やりたいことを紙に書き出しました。 え、

記事を読む

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

By: Nattu[/caption] あなたはあなた、私は私。 「考え方は違えども、

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色っぽい話などではなく、単なる仕

記事を読む

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑