浅い関係、おかしな嫉妬。

公開日: : 旅人への道, 生き方と考え方

myhometown

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空が広がりました。

大通り沿いを大股で闊歩すれば、右手にはすぐ山、左手にはすぐ海。これが我が故郷のチャームポイントだよなあと、左右を交互に眺めながらまた大股で歩く。

この街で過ごした期間はもうそろそろ人生の半分以下になろうとしているけれど、次々と居住地を変えてしまう自分が最も長く住んだ場所であることに変わりなく。

しかし私と故郷の関係性は、浅い。

故郷との関係性の希薄さ

myhometown2

旅で見知らぬ土地に出向いたとして、見たいもの、行きたいところがあれば、足を運びます。そこがベタベタな観光地であろうが旅行者が好んで立ち寄らないであろう面白みのないスポットであろうが、人様の判断はとりあえず脇においといて、足を運びます。それで成功することもあれば、ありゃりゃ、全然期待ハズレだわということもあり、まあだいたい旅というのはそういうものなんだろうと思う。

せっかく来たのだからと予定をみっちり詰め込んで西へ東へ動き回るのはあまり好きじゃなくて、基本的には特に目的なくふらふらするスタイルを好むので、別にわざわざそこまで行ってそんなことしなくても、みたいなことばかりしているような気もする。名もない公園でぼーっと座って過ごしたりとか、ローカルなマーケットをチェックしたりとか。

関連 荷物を持たないバックパッカー。

ブログで旅行記らしきものを書いているくせに、我ながらしょうもない、と思うこともしばしばであります。ガイドブック的なやり口ではなくて、あまりにも個人的な、知られるのがやや恥ずかしい類の旅をしているなと。

関連 一人旅の記録とブログとガイドブック。

私はそれが好きだし、くだらないながらに楽しいし、これでいいのだと思っている節もある。同時に私好みの旅ができたと毎回大満足しているわけでもないし、同じように一見くだらないことをしていながらもするりと上手に街と懇意になってしまえる人もいて。

浅い関係、おかしな嫉妬。

長年東京で暮らしていた人が、私の故郷に移り住んだと知った時はちょっと意外でした。けれど、私がよく知っているはずの街の片隅で暮らし始めた彼が語る日々の小さな発見や驚き、少しづつ街とわかり合っていく様子を見るにつれ、なんだか心がざわざわする。

このざわざわを敢えて言葉にするならば「嫉妬」か。

暮らすにはとてもいいところだと散々人に吹聴してきたのに、実は私はこの街のことを深く知ろうともせず、ただのんべんだらりと長い年月を過ごしてきただけだったのかもしれない。明言はしていないけれど、随分大人になってから移り住んだ街にしっかり根を下ろして生きて行こうという彼の静かな決意のようなものを感じ取り、自分と故郷の関係の希薄さとの違いにおののいたり、恥じ入ったり。

関連 地元で生きる力強さと終の住処を考える。

嫉妬。最も蜜な関係だと思っていた親友が私よりも彼と親しくなっていた、そんな嫉妬か。いや、ほんの数ヶ月しか接していないのに親友とあっけなくわかり合えてしまう彼の懐の深さに対する嫉妬、のほうが近いかもしれません。

街との距離はコミュニケーション

sannomiya-sta

暮らす場所に限らず、旅先でも同じことで、中長期滞在しても街の本質を掴めず上っ面をなぞってなんとなく去っていく私と違い、たった3日の滞在でその場所に何かを感じ、惚れ込んで、移住してしまうような瞬発力のある人もいる。

結局のところ、大切なのは「長さ」じゃなくて「深さ」なんでしょう。その場所に深く興味を持ち、手探りで開拓し、自分なりに街と良好な関係を構築していくには時間ももちろん大切だけど、深堀りできる探究心のほうが重要。

街との距離感。これも一種のコミュニケーション能力なんだろうな。

関連 私なら行かない。

今のところ、私が故郷に戻る選択をすることは、多分、ない。でも、家族がいる限りはここに来る行為は「帰省」なのだろうし、街とはよそよそしい関係性だけれど、だからといって絶縁することもありえない。

久しぶりに会って涙を流し喜んだり、ハグした後は歌って踊って一晩飲み明かすような鬱陶しく熱い友情は築き上げてこなかったけれど、道ですれ違ったら軽く右手を上げて、ヨッ、最近どうしてんの?とお互い照れ臭そうに笑い合うくらいの気恥ずかしい間柄では多分あり続ける、ような気がします。そういう相手が一人でもいるってのは、まあ、悪くはない。

 




関連記事

落ち着く暇などありゃしない。セブ日記 4

本日のセブシティは晴れ。日中の最高気温は32℃。 日中はさすがにムッと暑い瞬間があるも

記事を読む

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

By: Thangaraj Kumaravel[/caption] ものをあまり持たず、買わ

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

ニューヨークシティパス

ニューヨークシティパスの使い方 お得で便利で時間を節約できるのか?

今回のニューヨーク旅行はお得なパッケージツアーを利用しました。 パッケージツアーと言っ

記事を読む

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

Air Asiaが8/31まで絶賛大セール中。これは乗っかりたい!

Air Asiaが8/31までセールを実施しています。 >>参考 Air Asia 

記事を読む

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: muha...[/caption] コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書き

記事を読む

チェンマイナイトマーケット。人気のお土産は?

初のチェンマイ上陸を果たした今回。 ...だったのですが、何しろ目的がお寺での瞑想修行

記事を読む

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

By: photosteve101[/caption] 先日「勝ち組兄さん」の話を書きました

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    あぁ、とてもよくわかります。

    私も「初デートは(今の)スマスイ(笑)」のクチでしたから、故郷との関係の浅い感じは見に覚えあり!です。

    どちらかというと、うらやましがられる、バカにされない種類の故郷と見なされるのも、何となくむず痒い感じもしたりして…

    私も戻ることはないだけに、お気持ちが何だか我がことのように感じました!

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      >何となくむず痒い感じもしたりして…

      ありますね!いやいや、別に言うほどおしゃれシティじゃないよ?という…。

      現在両親が住んでいるのは市内でも私が生まれ育った地域とは別の場所であることも関係性の希薄さを増長させているのかも。でも、小さな子供が神戸弁を話している様に帰省の度にいちいちハッとする感覚はなかなか悪くありません。関西弁は全国に溢れているけれど、〜しとう?はあまり聞きませんからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑