浅い関係、おかしな嫉妬。

公開日: : 旅人への道, 生き方と考え方

myhometown

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空が広がりました。

大通り沿いを大股で闊歩すれば、右手にはすぐ山、左手にはすぐ海。これが我が故郷のチャームポイントだよなあと、左右を交互に眺めながらまた大股で歩く。

この街で過ごした期間はもうそろそろ人生の半分以下になろうとしているけれど、次々と居住地を変えてしまう自分が最も長く住んだ場所であることに変わりなく。

しかし私と故郷の関係性は、浅い。




故郷との関係性の希薄さ

myhometown2

旅で見知らぬ土地に出向いたとして、見たいもの、行きたいところがあれば、足を運びます。そこがベタベタな観光地であろうが旅行者が好んで立ち寄らないであろう面白みのないスポットであろうが、人様の判断はとりあえず脇においといて、足を運びます。それで成功することもあれば、ありゃりゃ、全然期待ハズレだわということもあり、まあだいたい旅というのはそういうものなんだろうと思う。

せっかく来たのだからと予定をみっちり詰め込んで西へ東へ動き回るのはあまり好きじゃなくて、基本的には特に目的なくふらふらするスタイルを好むので、別にわざわざそこまで行ってそんなことしなくても、みたいなことばかりしているような気もする。名もない公園でぼーっと座って過ごしたりとか、ローカルなマーケットをチェックしたりとか。

関連 荷物を持たないバックパッカー。

ブログで旅行記らしきものを書いているくせに、我ながらしょうもない、と思うこともしばしばであります。ガイドブック的なやり口ではなくて、あまりにも個人的な、知られるのがやや恥ずかしい類の旅をしているなと。

関連 一人旅の記録とブログとガイドブック。

私はそれが好きだし、くだらないながらに楽しいし、これでいいのだと思っている節もある。同時に私好みの旅ができたと毎回大満足しているわけでもないし、同じように一見くだらないことをしていながらもするりと上手に街と懇意になってしまえる人もいて。

浅い関係、おかしな嫉妬。

長年東京で暮らしていた人が、私の故郷に移り住んだと知った時はちょっと意外でした。けれど、私がよく知っているはずの街の片隅で暮らし始めた彼が語る日々の小さな発見や驚き、少しづつ街とわかり合っていく様子を見るにつれ、なんだか心がざわざわする。

このざわざわを敢えて言葉にするならば「嫉妬」か。

暮らすにはとてもいいところだと散々人に吹聴してきたのに、実は私はこの街のことを深く知ろうともせず、ただのんべんだらりと長い年月を過ごしてきただけだったのかもしれない。明言はしていないけれど、随分大人になってから移り住んだ街にしっかり根を下ろして生きて行こうという彼の静かな決意のようなものを感じ取り、自分と故郷の関係の希薄さとの違いにおののいたり、恥じ入ったり。

関連 地元で生きる力強さと終の住処を考える。

嫉妬。最も蜜な関係だと思っていた親友が私よりも彼と親しくなっていた、そんな嫉妬か。いや、ほんの数ヶ月しか接していないのに親友とあっけなくわかり合えてしまう彼の懐の深さに対する嫉妬、のほうが近いかもしれません。

街との距離はコミュニケーション

sannomiya-sta

暮らす場所に限らず、旅先でも同じことで、中長期滞在しても街の本質を掴めず上っ面をなぞってなんとなく去っていく私と違い、たった3日の滞在でその場所に何かを感じ、惚れ込んで、移住してしまうような瞬発力のある人もいる。

結局のところ、大切なのは「長さ」じゃなくて「深さ」なんでしょう。その場所に深く興味を持ち、手探りで開拓し、自分なりに街と良好な関係を構築していくには時間ももちろん大切だけど、深堀りできる探究心のほうが重要。

街との距離感。これも一種のコミュニケーション能力なんだろうな。

関連 私なら行かない。

今のところ、私が故郷に戻る選択をすることは、多分、ない。でも、家族がいる限りはここに来る行為は「帰省」なのだろうし、街とはよそよそしい関係性だけれど、だからといって絶縁することもありえない。

久しぶりに会って涙を流し喜んだり、ハグした後は歌って踊って一晩飲み明かすような鬱陶しく熱い友情は築き上げてこなかったけれど、道ですれ違ったら軽く右手を上げて、ヨッ、最近どうしてんの?とお互い照れ臭そうに笑い合うくらいの気恥ずかしい間柄では多分あり続ける、ような気がします。そういう相手が一人でもいるってのは、まあ、悪くはない。

 






関連記事

tainan-hotel15

台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。 道中で最も長く滞在したのは台南。

記事を読む

singlehouse

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は

記事を読む

By: David A Ellis

英語ができない、海外一人旅は無理なのか。

By: Mark Hillary[/caption] 旅先でトラブルがあった時のことを考えて

記事を読む

redcar

おばさん権を行使せよ。

「姫路方面」 そう書かれたプラカードを掲げ、大荷物を背負って楽しそうに笑う大学生2人組

記事を読む

nagata1

鉄人28号モニュメント 神戸、長田にて。

久しぶりに神戸の街をぶらぶら歩いたのでその記録を。 まずは用事があり立ち寄った長田で。

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

sakura4

灘の酒蔵巡り アクセス便利でおすすめ。 その1. 櫻宴 櫻正宗記念館

先日「観光地ではない普通の街並みをただ歩くような旅が好き」と書きました。 参考 鉄人2

記事を読む

dogandbaby

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

isuzu2

神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

tainandog

寝ても寝ても眠い寝たきりの日曜日。

台風のせいでもありますが、ほとんど活動できませんでした。 10月ラストの日曜日、日中の

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    あぁ、とてもよくわかります。

    私も「初デートは(今の)スマスイ(笑)」のクチでしたから、故郷との関係の浅い感じは見に覚えあり!です。

    どちらかというと、うらやましがられる、バカにされない種類の故郷と見なされるのも、何となくむず痒い感じもしたりして…

    私も戻ることはないだけに、お気持ちが何だか我がことのように感じました!

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      >何となくむず痒い感じもしたりして…

      ありますね!いやいや、別に言うほどおしゃれシティじゃないよ?という…。

      現在両親が住んでいるのは市内でも私が生まれ育った地域とは別の場所であることも関係性の希薄さを増長させているのかも。でも、小さな子供が神戸弁を話している様に帰省の度にいちいちハッとする感覚はなかなか悪くありません。関西弁は全国に溢れているけれど、〜しとう?はあまり聞きませんからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑