浅い関係、おかしな嫉妬。

公開日: : 旅人への道, 生き方と考え方

myhometown

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空が広がりました。

大通り沿いを大股で闊歩すれば、右手にはすぐ山、左手にはすぐ海。これが我が故郷のチャームポイントだよなあと、左右を交互に眺めながらまた大股で歩く。

この街で過ごした期間はもうそろそろ人生の半分以下になろうとしているけれど、次々と居住地を変えてしまう自分が最も長く住んだ場所であることに変わりなく。

しかし私と故郷の関係性は、浅い。




故郷との関係性の希薄さ

myhometown2

旅で見知らぬ土地に出向いたとして、見たいもの、行きたいところがあれば、足を運びます。そこがベタベタな観光地であろうが旅行者が好んで立ち寄らないであろう面白みのないスポットであろうが、人様の判断はとりあえず脇においといて、足を運びます。それで成功することもあれば、ありゃりゃ、全然期待ハズレだわということもあり、まあだいたい旅というのはそういうものなんだろうと思う。

せっかく来たのだからと予定をみっちり詰め込んで西へ東へ動き回るのはあまり好きじゃなくて、基本的には特に目的なくふらふらするスタイルを好むので、別にわざわざそこまで行ってそんなことしなくても、みたいなことばかりしているような気もする。名もない公園でぼーっと座って過ごしたりとか、ローカルなマーケットをチェックしたりとか。

関連 荷物を持たないバックパッカー。

ブログで旅行記らしきものを書いているくせに、我ながらしょうもない、と思うこともしばしばであります。ガイドブック的なやり口ではなくて、あまりにも個人的な、知られるのがやや恥ずかしい類の旅をしているなと。

関連 一人旅の記録とブログとガイドブック。

私はそれが好きだし、くだらないながらに楽しいし、これでいいのだと思っている節もある。同時に私好みの旅ができたと毎回大満足しているわけでもないし、同じように一見くだらないことをしていながらもするりと上手に街と懇意になってしまえる人もいて。

浅い関係、おかしな嫉妬。

長年東京で暮らしていた人が、私の故郷に移り住んだと知った時はちょっと意外でした。けれど、私がよく知っているはずの街の片隅で暮らし始めた彼が語る日々の小さな発見や驚き、少しづつ街とわかり合っていく様子を見るにつれ、なんだか心がざわざわする。

このざわざわを敢えて言葉にするならば「嫉妬」か。

暮らすにはとてもいいところだと散々人に吹聴してきたのに、実は私はこの街のことを深く知ろうともせず、ただのんべんだらりと長い年月を過ごしてきただけだったのかもしれない。明言はしていないけれど、随分大人になってから移り住んだ街にしっかり根を下ろして生きて行こうという彼の静かな決意のようなものを感じ取り、自分と故郷の関係の希薄さとの違いにおののいたり、恥じ入ったり。

関連 地元で生きる力強さと終の住処を考える。

嫉妬。最も蜜な関係だと思っていた親友が私よりも彼と親しくなっていた、そんな嫉妬か。いや、ほんの数ヶ月しか接していないのに親友とあっけなくわかり合えてしまう彼の懐の深さに対する嫉妬、のほうが近いかもしれません。

街との距離はコミュニケーション

sannomiya-sta

暮らす場所に限らず、旅先でも同じことで、中長期滞在しても街の本質を掴めず上っ面をなぞってなんとなく去っていく私と違い、たった3日の滞在でその場所に何かを感じ、惚れ込んで、移住してしまうような瞬発力のある人もいる。

結局のところ、大切なのは「長さ」じゃなくて「深さ」なんでしょう。その場所に深く興味を持ち、手探りで開拓し、自分なりに街と良好な関係を構築していくには時間ももちろん大切だけど、深堀りできる探究心のほうが重要。

街との距離感。これも一種のコミュニケーション能力なんだろうな。

関連 私なら行かない。

今のところ、私が故郷に戻る選択をすることは、多分、ない。でも、家族がいる限りはここに来る行為は「帰省」なのだろうし、街とはよそよそしい関係性だけれど、だからといって絶縁することもありえない。

久しぶりに会って涙を流し喜んだり、ハグした後は歌って踊って一晩飲み明かすような鬱陶しく熱い友情は築き上げてこなかったけれど、道ですれ違ったら軽く右手を上げて、ヨッ、最近どうしてんの?とお互い照れ臭そうに笑い合うくらいの気恥ずかしい間柄では多分あり続ける、ような気がします。そういう相手が一人でもいるってのは、まあ、悪くはない。

 






関連記事

nakano21

胃が痛い悩みは放置する。

ここ数ヶ月、頭が痛くなるというか、胃が痛くなるというか、とにかく厄介な問題を抱えておりました

記事を読む

takamatsu_31

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

travelbag2

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

daikichi

ただいま40代、まだ本気出してないだけ。

By: liz west[/caption] 以前仲間内数人で飲んでいる席で友人が 「

記事を読む

By: Steven S.

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

By: Emily May

新しいことを始める、全然怖くない方法。

By: Taylor McBride[/caption] 去年の夏、毎日1つづつ何かを手放す

記事を読む

By: montillon.a

肩書きが欲しい、自分ではない何者かになりたい。

By: Plage Vinilos y Adhesivos[/caption]  

記事を読む

hongkong_tram2_13

香港年末一人旅 東の筲箕灣、西の堅尼地城。

トラムが楽しい、の続きです。 関連 香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。 香港

記事を読む

3Howw Hostel

バンコク女性一人旅。スクンビット駅近くのゲストハウスに滞在する。

シェアハウス住まいで定住意識が希薄な移動生活志向の私。 以前なら絶対に考えもしなかった

記事を読む

souspeak

フィリピン留学なんて必要ない。大人の短期留学ライブ記録 4週目を終えて。

正直なところ、ずっとこの生活が続いたら楽しいのになあとまで考え始めていた貴重な学び直し期間。

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    あぁ、とてもよくわかります。

    私も「初デートは(今の)スマスイ(笑)」のクチでしたから、故郷との関係の浅い感じは見に覚えあり!です。

    どちらかというと、うらやましがられる、バカにされない種類の故郷と見なされるのも、何となくむず痒い感じもしたりして…

    私も戻ることはないだけに、お気持ちが何だか我がことのように感じました!

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      >何となくむず痒い感じもしたりして…

      ありますね!いやいや、別に言うほどおしゃれシティじゃないよ?という…。

      現在両親が住んでいるのは市内でも私が生まれ育った地域とは別の場所であることも関係性の希薄さを増長させているのかも。でも、小さな子供が神戸弁を話している様に帰省の度にいちいちハッとする感覚はなかなか悪くありません。関西弁は全国に溢れているけれど、〜しとう?はあまり聞きませんからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カリッとした毎日。白湯。
休肝日、胃をカラにして考えた。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。 休肝日設定

今日捨てたもの
ポケットにものを詰め込みがちな女。

凍えそうな両手を突っ込みながら、あれえ、なんかやたらもぞもぞす

三つ葉と昆布の卵焼き
三つ葉と昆布の卵焼き、アボカド海苔和えで晩酌。

炒めもの、酒蒸しに引き続き、本日も切り昆布シリーズ。 少

MacBook Air '11
キーボードカバーの必要性と耐久性 3代目。

予想通り、といったところでしょうか。 関連 キーボードカ

鰤カマの昆布蒸し献立
ぶりカマの昆布蒸し、キャベツの梅おかか和え献立。

切り昆布をいつものように煮ものにしよう。 そう考えていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑