アリババの休日とリア充の爆発。

公開日: : 音楽、映画、芸術、世界

sumida_93

始まっておりますゴールデンウィーク、みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたくしは暦に逆らって行動する性分なものですから、連休中は東京に留まっております。ええ、いつものことです。

ところで先日、旅を濃くする方法について書きました。

旅の記憶をより鮮明にする方法。

これ、もしかすると旅じゃなくても使える(?)かもね、とふと思いましたよ、というお話。



アリババの休日

こうカラッと晴れてくるとやはりリズムに浮かれたくなるのが人の性というもの。ラテン、サルサ、ブーガルーということで、先日から1枚のアルバムを鬼リピートしております。

それはLouie Ramirezの「Ali Baba」。

 

ジャケ写の遠近感。

リズムに抗えない私はブラジル系ボサノヴァも好物ではあるものの、どちらかといえばキューバ系サルサの方により強く惹かれるのかもしれない、と最近では思う。この辺りは雑に括ればみなラテンなのでしょうが、誕生の背景も辿った歴史も当然異なり、サルサはさしずめキューバ生まれニューヨーク育ち踊れるヤツらはみんな友達ってところでしょうか。

Louies Ramirezはニューヨーク生まれニューヨーク育ちのパーカッショニスト。80年代からブームとなるロマンティカの流れを作った人物の一人であるとも言われるらしい、とは今調べていて得た情報。もしその頃のアルバムを先に知っていたら、多分これは聴いてないな。ちなみに彼はクイーンズで運転中に心臓発作を起こして55歳でなくなった、というのもwikipediaからの受け売りであります。ありがとうインターネット。

アルバムのリリースは1968年。ボーカルも2人いるし、厳密に言えばブーガルーになるのでしょうか。サルサ自体の位置付けはもはや日本でいうところの演歌みたいになっているけれど、いずれにせよこのアルバムは痺れるものがあるのです。

リア充爆発しろ

edogawa15

特別な外出予定がなくても、一人で過ごしていても、ゴールデンウィークの東京の空気が結構好きです。

柏餅をひとつだけ買えるか。

みんなどこかへ出かけてしまうからかご近所は割にがらんとしているし、人が集まるところでは観光客と思しきみなさまがキャッキャされている。それを遠目に見ているのが好き。

人が楽しそうにしている様と自分の孤独とを比較して辛い、という属性の人もおられるでしょう。それを端的に表すリア充爆発しろというフレーズも生まれて久しいというかもはや死語なのかもしれませんが、気候も相まって浮かれた方々が頻出する今の時期などは、赤の他人が楽しそうにしているのを眺めているだけで心躍るという不気味な憑依体質で本当によかったなと思います。何なら犬の散歩見てるだけでもうわあ、ってなるからね。犬、草の匂い嗅いでるね、嗅ぎまくってるねって、種を超えた憑依。

さて最近は外出時に耳に挿すのはウォークマンと相場が決まっていたのですが。

続ける方法 とりあえずは、耳に挿せ。

先日の深夜徘徊時はBluetoothヘッドホンを持ち出してのアリババ歩行でちょっと離れた場所にあるバーへ出向き、ワインを飲んですっかりご機嫌に。帰り道は歩道で踊りださんばかりの勢いで再度のアリババ歩行、ああいい連休だなあと強く実感したのでありました。いや、別に私、休みじゃないんだけども。

そんなわけで、このゴールデンウィークはアリババメインで過ごそうかと考えている次第です。

どうだろうか。後々このアルバムを聴き返せば2018年のゴールデンウィークを、バーからの帰り道につい構ったふくよかすぎる猫に引っ掻かれた痛みを、うっかり踊り出しそうになったぬるい風吹く夜の歩道を思い出すのだろうか。

 




関連記事

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

By: Graeme Maclean

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

飛行機移動のお供と言えば映画ですが、近頃は長時間連続して画面を見続けるのが辛くなってきました

記事を読む

ny_dt_30

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

diet_land

誰もが今日も、ダイエットランドで。

「ダイエットランド」は、どんなストーリーなのか見当がつかない状態で見始めました。 タイ

記事を読む

64days

継続できない人が続ける方法。

ボキャブラリ強化のため久しぶりに再開したiKnow! 有言実行、TOEIC600点超え

記事を読む

By: Thomas Beck

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

By: PascalSijen

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばら

記事を読む

sudio__

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

daikanyama13

70′S原宿カルチャーを代官山で。東京散歩・渋谷区

近場の旅でも旅は旅。 ということで改めて東京都内をしっかり「歩く」お遊びを続けています

記事を読む

By: Freya Spargo

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑