福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒で晩酌 牛肉とにんじんの塩煮献立。

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒

前回の福島の酒ってなんだったっけ。

福島の酒 末廣 山廃純米 ひやおろしで家飲み 白菜と豚肉の重ね蒸し、さつまいものにんにくソテー。

そうそう、そうでした。

今回は、大七です。なぜ大七かというと、またまた試飲をやっていたからです。ここのところすっかり試飲ホイホイ。こういうのはタイミングですからね。



福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒

水色の瓶も涼しげな1本、その名も爽快冷酒。

結構なお値段のものからこの手のお気軽酒まで幅広く飲ませていただき、お姉さんとしばし語らう。

近頃は香り豊かな吟醸酒が人気といえば人気なんですが、料理の邪魔にならないすっきりしたタイプも捨てがたいですよね、とはお姉さんの弁。

そうなのよねえ。ファーストインプレッション強めのふわっとくるタイプばかり飲んでいると、こういう爽やかものが物足りなく感じたりもするけれど、確かに食中酒としてはいい。今の季節、キリッと冷やして飲むのにとてもいい。

大七純米生もと・爽快冷酒(大七ショップ)

湧き水のような清涼感があり、豊かで厚みのある味わいです。バランスの良い旨味が口の中に広がり、余韻が長くさわやかな飲みごこちにさせてくれる贅沢な食中酒。

おっしゃるとおりでございます。ずっと1本飲みきりスタイルを貫いているけれど、本当は食前、食中、食後酒と順序立てて飲むのが理想だろうなあ。

大七 純米生酛 爽快冷酒 データ

180608_ienomi_8

蔵元  大七酒造株式会社(福島県・二本松市)
種類  純米酒
精米歩合  69%
日本酒度  +3
酸度  1.5
アルコール度  14度

牛肉とにんじんの塩煮、なすの味噌汁献立

180608_ienomi_10

  • なすの味噌汁
  • ぬか漬け
  • ねぎ塩奴
  • 牛肉とにんじんの塩煮

なすの味噌汁

なすの味噌汁

実は乱切りにしたなすのみ、小口切りのねぎをのせたいりこ出汁の味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは新ごぼうとピーマンというちょっと珍しい組み合わせにて。

ねぎ塩奴

ねぎ塩奴

小口切りにしたねぎを塩とごま油で和えたものをのせた冷奴。

牛肉とにんじんの塩煮

牛肉とにんじんの塩煮

フライパンに油を引き牛肉を炒め、色が変わったら大きめに切ったにんじん、荒く潰した粒胡椒、酒、水を加えて蓋をして蒸し煮にします。にんじんに固めに火が通ったら戻しておいた春雨を加え、塩で調味して完成。

にんじんが主役のお気に入り塩煮。やや久しぶりの登場でしょうか。

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

今回はにんじんがちょっと小さかったかな。「固めに火を通す」って妙な言い回しですが、やわやわに煮るよりも中心部がまだ心持ち固いかも?くらいの加減が、このつまみにはちょうどいいのです。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、ごぼうはともかくとして、ピーマンのぬか漬けは多分初登場のような。これはアリですね。

ピーマンは袋で買うことが多いのですが、だいたい5つ入りとかじゃないですか。で、炒めものやら和えものやらで一度に2個使うことが多い。当然、ひとつ余る。

ピーマンひとつ。如何様にも使えるのだけれど、ぬか漬けにしてもいいのなら、これまた便利ですね。端数が出たら即床へ、ってね。

そして今検索かけてみて気がついたけど、私、結構ピーマン使いますね。自覚なきピーマン食い。

ピーマンを使ったおつまみ

なんでだろう。好きは好きだけど、こんなに多用してるつもりなかったのにな。扱いがラクだし、メインにもサブにも、そして焼くだけでもなんなら生でもと使い勝手がよすぎるのが原因かしら。

 




関連記事

onionslice

家飲みメニュー 8/4 酒肴ちょこちょこ盛り。

先ほど器に関する記事を書きましたが、今使っている揃いの器は思いっきり酒呑み仕様の肴サイズだと

記事を読む

141006d2

家飲み献立 10/6 さんまのワイン蒸しワタソース。

台風一過。 午後にはカラッと晴れた東京ですが、夜にはまた風が強くなりました。 明日は

記事を読む

ど辛 純米

秋田の酒 ど辛 純米で晩酌 肉玉子炒め、じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし。

今日は忘れずに酒屋に寄って帰宅。 酒屋で店頭の入荷情報貼り紙を見ると、秋田の酒のがちら

記事を読む

セイリングクラブニャチャン

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンビーチのバーで夜遊び気分。

ベトナム・ニャチャン一人旅の食記録、後編です。 前編ではオーソドックスなベトナム料理、

記事を読む

spainfood26

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

晩酌 おつまみ

1人暮らしの家飲みメニュー オクラ豆腐、青梗菜のオイル蒸し。

豚とか鶏とか肉料理の割合が多い我が家の家飲み献立。 肉好きだから、ということもあるので

記事を読む

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばかり食べてますね。 理由は

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあた

記事を読む

mushroom

ジューシーきのこ 7/28 マッシュルームのガーリックソテー。

なーんか拍子抜けってくらい涼しい1日でしたね。 連日暑いと体が持たないので、束の間の休

記事を読む

141208d4

秋鮭とキャベツのしょうが蒸し、なめこ豆腐 一人晩酌 12/8。

ネットで注文していて本日到着する予定だった日本酒が届いていない。 うう、一旦帰宅してか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1909_sumasanjyo10
神戸ウエストサイド景勝ハンティング。日本散歩・兵庫県

帰省時は神戸を拠点にちょっとだけ遠出する。がここ最近のトレンド

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば
トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりで

suma1608_21
怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なもので

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑