更年期の悪夢。

公開日: : 最終更新日:2018/03/16 健康と美容, 生き方と考え方

setagaya_19

このクソ寒いというのに、汗だくである。

物凄い形相で、物凄い勢いで、追いかけてくる。こちとら万年運動不足歴40数年、相当な気合いの入った鈍足である。勝てる筈がないのである。

しかし、だからといって、やすやすと捕まる訳にはいかない。捕まったらこれ一巻の終わりなのである。

なぜいい大人がこのようなチェイスで毎晩ぐったりしなければいけないのか。



夢見の悪さにもほどがある

yanagin36

悪夢ってこんなに続くのでしょうか。ここしばらく、ずっとこんな状態です。

一番厄介かつ疲れる悪夢がこの追いかけっこ系。現実で追跡されたら5分とたたないうちに捕らえられるでしょうから、勝敗は別としても疲れは一瞬で済みそうなところを、夢の中では勝てないなりに逃げれてしまうのでタチが悪い。結構な時間恐怖心を抱えたまま逃げ続けなければならず、目覚めた時の疲れは相当なものなのです。

しかし、夢か現かと微睡んだ後にやってくる安堵感は妙に心地よく。

「あ、今の夢ね。追われてないのね。もう走らなくてもいいのね」

そう悟った後に再び訪れる睡魔、そして深い眠り…にはならないのが少々厄介で、下手したら第2章が始まったりするんだけど、「この恐怖は夢でした」とわかった瞬間のあのなんともいえぬ開放感だけが悪夢が続く毎日の中にある一瞬の煌めきと言えるでしょう。

とか呑気に言ってる場合でもなく、連日の悪夢にさすがに辟易しております。

悪夢の種類と原因と

覚えている限り、我が悪夢には2種類あるらしい。

ひとつ目が、追っかけっこ系。
ふたつ目が、失敗系。

追っかけっこ系もそれなりのストーリー展開があってなかなか読ませる、というか、観客(私)を魅了する構成にはなっているはずなのだけれど、いかんせん目覚めて安堵した後はスコンと忘れてしまうので再現性に乏しい。よって、ここでネタにできないのが悔しい限り。

それに引き換え失敗系の無駄なリアリティよ。

もう顕在意識上にはとんと上がってはこない大昔の仕事の失敗や恥かき記録が微に入り細に入り再現されるあのクオリティの高さはなんなのだ。誰が監督しているのだ。そして未だに思い出せば顔を赤らめたり青ざめたりしてしまう我が認識下の大恥エピソードはたった一度も夢に出てくることがない不思議。

悪夢的にはどちらかといえばこの失敗系の方が厄介で、目覚めて夢だと認識しても、安堵は出来ないという恐ろしさ。ただただああ、忘れてたけどそんな時代もあったなあと無駄な記憶を呼び起こすきっかけにしかならないのです。

そしてとうとう、失敗系カテゴリの新たなシリーズとも言える「古傷抉り系」も新たにスタート。ハッと目覚めて無駄に胸を痛めながら、ねえ、なんか私悪いことした?と天井をじっと見つめる午前3時。

更年期の悪夢

setagaya_15

あ、これってもしかしてアレなのでは、と思う。ほら、最近スランプ気味だし。

関連 週休3日勤務、生まれたその1日で何をする。

これが噂の更年期ってヤツかしら。疲れやすくなるとか、イライラするなんてのは聞いたことあるけれど、夢見が悪くなるってのももしかしたらあるんじゃないの?

などと思いつき、調べてみるとこんな記事が引っかかる。

参考 「悪夢障害」を知っていますか(NIKKEI STYLE)

悪夢は日々ストレスにさらされている大人に多いように思うかもしれないが、実はむしろ子供に多く、6~10歳頃が悪夢を見やすいピーク年代である。

あれ、悪夢を見がちなのはおばさんじゃなくて子供なのか。あてが外れてなんとなくがっかり。

そういや子供の頃はソフト剣山の夢をよく見ていました。スポンジのように柔らかい剣山に体を挟まれるという気持ちいいんだか悪いんだかよくわからない夢。でもこれ、熱が出たりだとか何かしらの体調が悪い時ばかりに出現するネタだったので、悪夢の部類に入ると思う。

そしてちょっと趣旨はズレるけど、金縛りはいつも激しいサンバのリズムに乗ってやってきます。単に疲れているだけ、なんて話も聞く金縛りだけれど、自分で自分の体が動かせなくなるなんてどうにも霊的な何かのような気がして恐ろしい。なのに情熱的なサンバのリズムは底抜けに楽しい。怖くて、楽しくて、そのギャップで余計に疲れる。それが私の金縛り。

ソフト剣山に、サンバ金縛り。なんだか私の睡眠の質の悪さは今に始まったことでもないような気がしてきたけど、それにしても最近はちょっとおかしくないか。寝つき自体は悪くなく、ベッドに入ったらすぐに眠れるくせに枕元に「寝本」としてヒルティなんてスタンバイさせてるのがむしろよくなのかしら。

以前健康診断で

「なんでもかんでも年齢のせいにして片付けないように」

と先生に叱られたことがあったっけ。

関連 音楽を聞かなくなった理由。

体の不調も不具合も、都合の悪いことは全部年のせいにしとけばいっか、という雑な考え方をどうもしちゃうよねえ。大人ってズルイよねえ。いや、ズルいのは私か。

 




関連記事

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

chiayi-hotel-14

たった1回の失敗で心が折れるメンタルの弱さ。

かなり前のことになるのですが、ちょっとしたイベントを仕込んだことがあります。 それは仕

記事を読む

By: ume-y

地元で生きる力強さと終の住処を考える。

By: ume-y[/caption] 先日久しぶりに浅草へ出かけました。 久しぶり、

記事を読む

daikanyama35

いまだに右か左かわからない。

エスカレーターに乗る時、右を空けるか、左を空けるか? それは地域によって違うのだ、とい

記事を読む

By: Tri Nguyen

一人暮らしは気楽だけれど、一人じゃないって素敵なこと。

By: Tri Nguyen[/caption] 一人暮らし歴がそれなりに長くなってきました

記事を読む

By: Roderick Eime

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

lion

白髪ケア・ヴァーナルヘアカラートリートメントを使ってみた 6回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、久しぶりのレポートです。 >

記事を読む

hi-sukhumvit-hostel12

頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰。

相変わらず、眠りが浅いです。 迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。 現在絶

記事を読む

By: The U.S. National Archives

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

By: The U.S. National Archives[/caption] 読んでるだ

記事を読む

rerise_1

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

白髪ケアについて、かれこれ4年に渡り書き続けています。 白髪ケアの記録 簡単かつ

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿

    こんな《夢占い》がありますヨ~★
    http://yumekarte.jp/

    ちなみに私の昨夜の夢は『鍋が・・・♪』『鍋を・・・♪』と、ワクワクしながら「鍋」を探す・・・というものでした。 (^_^;)

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      「ベッドで寝ていたら金縛りにあって怖くて目を閉じていると陽気なサンバのリズムが大音量で聞こえてきて楽しそう」

      と入力してみたら、

      「自ら壁を作り、身を引いてしまうといったことはないですか?意識していなくても、知らず知らずのうちに自分の身を擁護しているはず。」

      と出ました。いやこれは夢の話じゃなくて金縛りの状況なので夢占いとしての体を成していないですが、なかなか面白いですね。

      にしても、鍋でどんなご馳走が出来上がったのかが気になります。私もそろそろナイトメアから離れてワクワクする夢を見たいものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑