プロになれなかった私のプロフェッショナル。

公開日: : 最終更新日:2021/07/22 生き方と考え方

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている計算になります。

30年。ちょっとクラっとくる長い年月を仕事に費やして来たというのに、専門スキルのひとつも身につけることなく今生を終えてしまいそうです。

虚しいといえば虚しい。そして、面白おかしいともいえる。

みなさんは、何かのプロフェッショナルですか?

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

私に専門的なスキルがない理由は、ひとつのことを極めてこれなかったから。

同じ会社に10年在籍していたこともあるし、フリーランス歴も10年以上になるけれど、仕事の内容はその時々でてんでバラバラ。「お仕事は何をされているのですか?」という質問に対して、今だにうまく答えられない始末です。

さらには真摯に学ぶ姿勢が欠けていたこと。

30年間独学で何かを学び続けていれば、実務経験を積まずともそれなりの知識や技術が身について、汎用性の高いスキルを習得していたことでしょう。

30年も仕事をしているおかげで、新しいことにチャレンジする機会も多く、怠け者の私とて要所要所で学習はしております。が、目の前の課題を解決するための突貫学習であったため、確かな知識が蓄積されたとは言い難い。

結果、50手前という立派な年齢でありながら、どの領域でもプロフェッショナルにはなれていません。

もちろん、プロの定義にもよる話で、例えばお金をもらって仕事する=プロとするならば、私はいろんな分野のプロ。かなり多才なプロ。

一貫性のない仕事人生を送れてきたことへの面白さはあれどしかし、自分の思い描くプロフェッショナルの姿とは、程遠い位置にいるのです。

そう、いつだって、今だって、偽物感に苛まれながら生きている。

ミニマリストの人に飽きてしまった

そんな「プロになりきれない」私ではありますが、いつもお世話になっているHOME’Sさんにて、うっかりプロを名乗ってしまいました。

忙しくても自炊が続くコツとは? 一人暮らし歴25年で培った簡単料理術

一人暮らしのプロ。プロの独身。自称ではありますが、まあ、この分野に関してはプロかな。

プロといっても家事効率がすごいとか、驚きの節約術で1億円貯めたとかそういう愉快な手合いではなく、一人の時間と孤独を愛で味わい、満喫し続けるプロ。地味プロとでもいっておきましょうか。まあそれも昨今のアレのおかげでよくわからない感じにはなっておりますが。

愚痴ばかりのおばさんがつまらなくて怖い

残念ながらいっぱしの仕事人にはなれなかったのだから、せめてこの分野は極めてみたい。これからも一人暮らしのプロとして、立派に務めあげる所存です。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このままではいつかやらかしてしまうと

記事を読む

電話は最終手段、携帯があっても通話はしない。

先日10年近く会っていなかった友人と再会しました。最近この 「めちゃくちゃ久しぶりの友

記事を読む

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。 老後も何ももう80手間

記事を読む

新年の目標はまだ立てないが筋肉。

新年といえば、目標設定ですね。 わたくし相当な皮算用マニアなもので、今年はあれをやろう

記事を読む

なぜ私たちは、自分のことを話すのが好きなのか。

自分のことばかり話してしまったら、あ、なんかつまらないことまで喋っちゃったな、とか、言わなく

記事を読む

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に向かって

記事を読む

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、

記事を読む

人に何かをすすめるのはものすごくパワーがいる。

By: Christian Schnettelker[/caption] このブログはWor

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑