何一つ変化していないのに揺れる不思議。

公開日: : 生き方と考え方, 読書

初心者 瞑想

お釈迦様バースデイ月間だから、というわけではありませんが。先のことばかり考えて、肝心要の「今」をおざなりにしないという、仏教的な考えを意識する今月です。

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

過去の痛みをわざわざ引っ張り出すなどして自ら傷つきに行ったり、くるかどうかもわからない老後の不安に怯えたりといった、珍妙プレイを好むのも、思考に振り回される人間という生き物の悲しき性。

それは理解しているのだけど、どう考えても納得いかない不思議があるのです。



何一つ変化していないのに揺れる不思議

塩トマト

外的要因にいちいち振り回されることなく、自分の機嫌は自分でとるべし論を掲げるマッチョなインディペンデントおばさんなので、自分でどうにかできることは、やるようにしています。

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

とはいえ、がっくり肩のひとつも落としたくなる出来事に遭遇することだってある。例えば、なんでしょうか。最近で言えばそうとは知らずに購入した惣菜パンにトマトが丸ごと入っており、齧った瞬間トマト汁が洋服にスパークしたこと。旨いは旨いがあまりに瑞々し過ぎて打ちのめされた午後のひととき。いや、もっと他にありそうな気がするけど、あくまで一例です。

何がどうしたとか誰がこうしたという、自分のコントロール範囲外のことで、いちいち気分を左右されていては身がもたない。トマト汁汚れは、洗って干せばいいじゃない。いや、トマトは自分のコントロール次第回避できたであろう失態だけども。

とにかく、何らかの出来事をきっかけに憂鬱になったり悲しくなったり落ち込んだりするのは、よくわかる。でも、何も起こってないし、目の前の状況が何一つ変わっていないのに、気分が変化するあの現象はなんなのか。

それが不思議で仕方なくて、自分の思考と感情の移り変わりを観測する研究を開始しました。あ、こいつ暇かよって思ったでしょ。いやいや、そこそこ忙しいんですけどね。研究結果についてはまたいずれ、飽きずに続けたら、そして覚えていたら書くことにします。

頭の中にうるさい人を飼う

nakano21

幼児期のなぜなぜなあにを未だやっているようでお恥ずかしい限りですが、なんでだろう。なんで何もないのに頭だか心だかが反応する瞬間があるんだろう。

などと、答えなんて導き出せっこないことをくどくどくどくど考えなければ、頭の中身はシンプルになるのかな。考えすぎて頭の中がうるさくなり過ぎて、寝てもさめてもスッキリしない、なんてことになると疲れるだけだし、やはり「考えない」は理にかなったリラックス法なのかもしれません

頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰。

そういえば、先日ちらっと目にした「生きやすい」で頭の中のうるさい人について書かれていて、あ、よくわかるわ、と思ってしまいました。あと、1人でいるとホッとするとか、友人知人に自分からはあまり連絡しないとかも頷けるエピソード。

類似点が多いと思われる著者の菊地さんと私との違いは、彼女ほど相手を思いやれないことと、諸々の性質は自分自身が持って生まれたものであると思われる点。めんどうな思考を自覚している人は早い段階に対人関係で辛い思いをしたとか、苦労が多かったケースがあるらしいけれど、私の場合は呑気な家庭で呑気に育った呑気でお気楽な人間。なので、きっと何かしらの原因があっての結果ではなく、単なる性格の問題なのでしょう。

何も起こっていないし、何も変わってやしないのに、なんだかハラハラドキドキしたりする謎の現象。日によってはそんなめんどうな自分を持て余すこともあるけれど、どれだけ長い付き合いになったとしてもあと数十年、期間限定の儚い関係。それなりにうまくやっていけたらまあ、いいか。と、これまた呑気に考えるのでした。

 

 




関連記事

simpleroom

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

prayfor

瞑想のすすめ。散らかった頭の中を整理する方法。

瞑想って随分メジャーになりましたよね。 以前は怪しい団体か宗教かと思われていた部分があ

記事を読む

By: jenny downing

毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

By: matheuslotero[/caption] 大人になると日常生活で大概のことはう

記事を読む

sarushima_95

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

By: woodleywonderworks

毎日同じでつまらないなら、新しいことをすればいい。

By: Donnie Ray Jones[/caption] 3月は毎日意識して何か新しいこ

記事を読む

By: Lindsey Turner

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

150828d2

定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

先日、父の誕生日でした。 ここ数年、というか、少なくとも私が成人して以降というもの父の

記事を読む

By: Nattu

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

diet_land

誰もが今日も、ダイエットランドで。

「ダイエットランド」は、どんなストーリーなのか見当がつかない状態で見始めました。 タイ

記事を読む

setagaya_8

頓挫した「感情の見える化」実験。

またいずれ、と放り投げたままのネタがいくつもあります。 この時書いた「実験」もそのひと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

マリベルNY
うっとうしい割れ方の原因は。

長年携えた癖や、その日限りの寝癖ならばわかるが、後天的かつ突発

→もっと見る

PAGE TOP ↑