「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

公開日: : 家飯, 食べること ,

今治タオルトゥシェ フェイスタオル

慣れないニキビの対処に困り果てる。

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

ニキビ経験値が浅いので対処法がわからない。と表現するほうが近いのですが、とにかく長引きすぎてさすがに焦ってきました。

そこで、実験することにしたのです。



「普通に」美味しい、味噌汁とごはんの夕食

一汁一菜の晩ご飯

そう、先日ちらりと触れた人体実験とはこのことです。

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。

ニキビと赤鼻の原因ではないかとうすうす感づいていた要因を取り除けば変化は見られるのか?という実験をしたくなりました。早い話がしばらく酒を止めようという作戦です。

しかしわたくし、酒を飲まないとなると途端に食べる気が失せるというか、いろいろどうでもよくなってしまう困った体質。

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

せっかく人体実験と称して1週間も酒を断つ(大げさ)のだから、ここは何らかのテーマを掲げたい。ならば私好みのおばあちゃん的質素晩ごはんで通すというお遊びはどうだろう。ちょうど味噌汁+ごはんという食事の面白さと奥深さに改めて感心していたところだったし、今週は「普通に美味しい」味噌汁とごはん縛りでいってみようじゃないか、と思い至ったのでした。

白菜とひらたけの味噌汁、目玉焼き丼献立

「普通に」美味しい、味噌汁とご飯の夕食

  • 白菜とひらたけの味噌汁
  • 大根皮のしょうゆ漬け
  • 春菊のからし和え
  • 目玉焼き丼

白菜とひらたけの味噌汁

白菜とひらたけの味噌汁

ざくざくと大きめに切った白菜とひらたけをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布。

大根皮のしょうゆ漬け

大根皮のしょうゆ漬け

こちらはいつもの漬もの

春菊のからし和え

春菊のからし和え

ゆでた春菊を塩、和からし、ごま油で和えたもの。

目玉焼き丼

目玉焼き丼

ごはんを茶碗に盛り、目玉焼きを乗せてしょうゆをかけたもの。目玉焼きは白身のふちだけカリッと強めに焼き、黄身は生に近い状態にて仕上げました。

味噌汁とごはんだけ、といいつつ目玉焼きとからし和えがついてますが、これは食材が余っていたから。そして、無性に目玉焼きをのっけたごはんが食べたくなったからです。

ああ、目玉焼き丼のシンプルながらに抗いがたい破壊力。

卵かけも悪くないけれど、目玉焼きにしょうゆちょろっと垂らすのはまた格別の旨さですね。

目玉焼き丼

きっと、油の風味とカリッと焼けた白身のフチの食感から得られる快感がこの丼の大きな魅力なのでしょう。料理ってほどでもないけど、凝った丼に決して劣らない美味がここにある。

休肝日の晩ごはん

さて前述した「普通に美味しい」とは、「一汁一菜でよいという提案」の中で土井善晴氏が書いておられて確かにと頷いた言葉。

最近の若い人がよく使う「普通に美味しい」という言い回しにはなるほどと思わされる。家で食べる毎日の食事に必要なのは特別なご馳走やとびきり豪華な食材などではなく、普通の美味しさゆえに毎日飽きずに食べられるこんな献立なのではなかろうか ─ というような記述があったのです。

なるほど、そう考えれば言い得て妙。「普通に美味しい」は、単なる言葉の乱れと切り捨ててしまうには惜しい、家庭料理的飽きない料理のニュアンスを上手く表している言い回し、とも取れます。

それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

普通に美味しい具沢山の味噌汁にごはんがあれば、なんとかなる。

酒を飲まない日の夕食としては十分、というか、このおかずでごはんを日本酒に変えても全然アリだわと思ってしまう粗食地味つまみ好きな私ではありますが、今週はこのお遊び記録にお付き合い下さいませ。

 




関連記事

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの、キャベツのおかか和え献立。

なんか最近この手の作戦が多めだけど、残りもの一掃献立。 先日作った豆腐炒めものが妙に旨

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で晩酌。

I'm back. 恥ずかしながら、帰ってまいりました。 あんなことを言っておきなが

記事を読む

カシラの塩焼きねぎダレ

カシラの塩焼きねぎダレ、紫大根のサラダ献立。

紫大根ってすごい色ですね。なんという鮮やかさ。 めったにお目にかかることはないこの大根

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

豚汁献立

休肝日ごはん 豚汁、きのこおろし和え献立。

週明けはごはんと味噌汁を中心とした晩ご飯で酒を抜く。しばらくこの方式を続けるつもりです。

記事を読む

150125d4

焼き鳥、鶏皮とキャベツのスープ。

料理記事を書くのはなんだかちょっと久しぶりですね。 今年に入ってからうろうろしていたの

記事を読む

焼き厚揚げ

晩酌献立 焼き厚揚げ、白菜のサラダ。

先日油揚げの魅力について熱く語りましたが同様に厚揚げも大好きです。豆腐周りはヘルシー志向の味

記事を読む

160612ienomi_7

カヴァで家飲み オイルサーディンのオーブン焼き、トルティージャ。

よく晴れた週末の朝。 むくりと起き出してカヴァを冷蔵庫に入れるところから1日がスタートした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん
休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごは

code1
手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち

→もっと見る

PAGE TOP ↑