「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

公開日: : 家飯, 食べること ,

今治タオルトゥシェ フェイスタオル

慣れないニキビの対処に困り果てる。

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

ニキビ経験値が浅いので対処法がわからない。と表現するほうが近いのですが、とにかく長引きすぎてさすがに焦ってきました。

そこで、実験することにしたのです。

「普通に」美味しい、味噌汁とごはんの夕食

一汁一菜の晩ご飯

そう、先日ちらりと触れた人体実験とはこのことです。

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。

ニキビと赤鼻の原因ではないかとうすうす感づいていた要因を取り除けば変化は見られるのか?という実験をしたくなりました。早い話がしばらく酒を止めようという作戦です。

しかしわたくし、酒を飲まないとなると途端に食べる気が失せるというか、いろいろどうでもよくなってしまう困った体質。

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

せっかく人体実験と称して1週間も酒を断つ(大げさ)のだから、ここは何らかのテーマを掲げたい。ならば私好みのおばあちゃん的質素晩ごはんで通すというお遊びはどうだろう。ちょうど味噌汁+ごはんという食事の面白さと奥深さに改めて感心していたところだったし、今週は「普通に美味しい」味噌汁とごはん縛りでいってみようじゃないか、と思い至ったのでした。

白菜とひらたけの味噌汁、目玉焼き丼献立

「普通に」美味しい、味噌汁とご飯の夕食

  • 白菜とひらたけの味噌汁
  • 大根皮のしょうゆ漬け
  • 春菊のからし和え
  • 目玉焼き丼

白菜とひらたけの味噌汁

白菜とひらたけの味噌汁

ざくざくと大きめに切った白菜とひらたけをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布。

大根皮のしょうゆ漬け

大根皮のしょうゆ漬け

こちらはいつもの漬もの

春菊のからし和え

春菊のからし和え

ゆでた春菊を塩、和からし、ごま油で和えたもの。

目玉焼き丼

目玉焼き丼

ごはんを茶碗に盛り、目玉焼きを乗せてしょうゆをかけたもの。目玉焼きは白身のふちだけカリッと強めに焼き、黄身は生に近い状態にて仕上げました。

味噌汁とごはんだけ、といいつつ目玉焼きとからし和えがついてますが、これは食材が余っていたから。そして、無性に目玉焼きをのっけたごはんが食べたくなったからです。

ああ、目玉焼き丼のシンプルながらに抗いがたい破壊力。

卵かけも悪くないけれど、目玉焼きにしょうゆちょろっと垂らすのはまた格別の旨さですね。

目玉焼き丼

きっと、油の風味とカリッと焼けた白身のフチの食感から得られる快感がこの丼の大きな魅力なのでしょう。料理ってほどでもないけど、凝った丼に決して劣らない美味がここにある。

休肝日の晩ごはん

さて前述した「普通に美味しい」とは、「一汁一菜でよいという提案」の中で土井善晴氏が書いておられて確かにと頷いた言葉。

最近の若い人がよく使う「普通に美味しい」という言い回しにはなるほどと思わされる。家で食べる毎日の食事に必要なのは特別なご馳走やとびきり豪華な食材などではなく、普通の美味しさゆえに毎日飽きずに食べられるこんな献立なのではなかろうか ─ というような記述があったのです。

なるほど、そう考えれば言い得て妙。「普通に美味しい」は、単なる言葉の乱れと切り捨ててしまうには惜しい、家庭料理的飽きない料理のニュアンスを上手く表している言い回し、とも取れます。

それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

普通に美味しい具沢山の味噌汁にごはんがあれば、なんとかなる。

酒を飲まない日の夕食としては十分、というか、このおかずでごはんを日本酒に変えても全然アリだわと思ってしまう粗食地味つまみ好きな私ではありますが、今週はこのお遊び記録にお付き合い下さいませ。

 




関連記事

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振

記事を読む

休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシンプルの極みでしたが、今回は具

記事を読む

奈良の酒 春鹿 超辛口

奈良の酒 春鹿 純米超辛口で晩酌 豚肉の味噌漬け焼き献立。

順調です。 愛知県が埋まった後はすいすい進んで行きそうな日本酒ツアーです。 関連

記事を読む

宮水の華

兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新しい酒を調達。 全国制覇

記事を読む

さばと玉ねぎのサラダ

一人暮らしで、いちばん重視していることは?

さば水煮缶が食べたくなり、新玉ねぎを待たずしてあいこちゃんに手を出し、作ってしまいました。

記事を読む

鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。

鯖水煮缶をパカリと開けて簡単サラダにしたならば、その翌日の2日目は、納豆と合わせる。

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

静岡の酒 花の舞しぼりたて純米吟醸

静岡の酒 花の舞 特別純米しぼりたてで晩酌 豚肉のはりはり鍋。

日本各地の酒を家で飲むだけというお手軽でたのしいお遊びの時間がやってまいりました。 勝手に日本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑